京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

京都旅の途中、気が向くままに散歩をしていた際にたまたま見かけた寺「佛光寺(ぶっこうじ)」。

佛光寺は京都市下京区にある真宗佛光寺派の本山。
一時は同じ浄土真宗の本願寺をしのぐ勢力があったという佛光寺は、その建築も立派で一見の価値あり。

その佇まいに惹かれて境内へと入ってみると、歴史が感じられるものに加え、「D&DEPARTMENT KYOTO」という京都造形芸術大学によるデザインストアもある素敵空間が広がっていたのでした。

京都市下京区にある本山佛光寺

京都旅行といえば、神社仏閣への参拝。

京都「大将軍八神社」星神”大将軍神”を祀る神社を参拝!御朱印も
京都の世界遺産「下鴨神社」へ!アニメの舞台でもある古都京都の文化財
三十三間堂|千手観音で知られる京都名所の頭痛除け御守りと御朱印

今回もいくつかの神社仏閣を巡ってきましたが、最後を飾るのは本山佛光寺となりました。

佛光寺があるのは京都市下京区。最寄駅は五条駅となっています。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

入口となっている門も立派なもの。
ここから中に入り、境内を巡ってみることにします。

歴史が感じられる佛光寺の境内を巡る

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

こちらが佛光寺の境内。
京都府京都市下京区にある真宗佛光寺派の本山です。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

正面に見えるのが本堂の阿弥陀堂と大師堂。
本尊である阿弥陀仏と開基した親鸞の坐像が安置されています。

立派なお寺だなぁと境内に入ってからひしひしと身体に伝わってきていたのですが、それもそのはず。
一時は同じ浄土真宗の本願寺をしのぐ勢力があったそうです。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

本堂には靴を脱いで上がれるようになっています。
神社仏閣のお堂は歩いているだけで心身現れるような気持ちになりますね。

D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

さて、お堂は巡らせていただいたので、お次は気になっていたこちらの看板のほうに。
歴史が感じられる境内にある、現代っぽいデザインのプロダクト。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

看板はこちらのもの。
建物は古風ですが、実はこちらはデザインストア。お寺の境内にデザインストアなんて初めて見ます。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

「D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学」と名付けられたこちらのお店には、「京都セレクト」をテーマに昔から地域に伝わる伝統工芸品が集められ、その他デザインアイテムなどが並んでいます。

京都「本山佛光寺」境内にデザインストアがある古と新が融合する寺

また、朝の説法や地域のコミュニティスペースとして使用されている茶所を利用して、「d食堂」というカフェも併設されています。
お寺の境内に、おしゃれなデザインストアとカフェ。素敵な試みですよね。

まとめ

一時は同じ浄土真宗の本願寺をしのぐ勢力があったという佛光寺。
建築も立派で一見の価値ありです。

他にも、デザインストア「D&DEPARTMENT KYOTO」やカフェ「d食堂」があり、古と新が融合する素敵な寺でした。
他の神社仏閣と違ったコンセプトが感じられる寺。京都旅行の際には、訪れてみてはいかがでしょう。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 京都 日本 神社・寺

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*