「アート」に関する記事まとめ

アート」に関連する記事のまとめ。

日本ではアート関連学校に通い、その後ドイツ・アメリカでアート活動していた経験をもとに、海外のアート事情と日本のアート事情の違いなどを中心に綴っています。美術館を巡った際の感想なども。

カテゴリで絞り込む

  • カテゴリーなし

野菜でアート!?見て美しく食べておいしいアートイベントArtrium「Salad Session」

野菜でアート!?美しくおいしいアートイベントArtrium「Salad Session」
Artrium「Salad Session」というアートイベント。 世田谷区太子堂にあるSpace orbitで行われたそのイベントに、もう先月のことになりますが行ってきました。 農園で収穫された新鮮野菜を画材として、アーティスト達がサラダでレイアウトしていくという面白い企画。 そのサラダは完成後に食べることもできるという。見…
ishikawa

リキッドライトと和楽器の融合!LIQUID LIGHT CIRCUS

リキッドライトと和楽器の融合!LIQUID LIGHT CIRCUS
8月31日に青山の「月見ル君想フ」で行われたLIQUID LIGHT CIRCUS。演奏は和楽器、映像はリキッドライティングという、あまり観ることのない組み合わせのイベント。 僕自身このイベントに行くのは初めて。 ほとんどイメージもできずに訪れたのですが、和楽器とリキッドライティングが融合し作り出される空間に身を置け…
ishikawa

2007年ミュンスター彫刻プロジェクトの写真を貼ってみる

2007年ミュンスター彫刻プロジェクトの写真を貼ってみる
9年前(2007年)の夏、僕はドイツの西側に訪れていた。 目的は、大規模な2つのアートイベントを巡るため。カッセルで行なわれていたドクメンタ(documenta)とミュンスターで行われていた彫刻プロジェクト(Skulptur.Projekte)だ。 ドクメンタは5年おき、ミュンスター彫刻プロジェクトは10年に1度の開催。周期が重な…
ishikawa

10年に一度!ドクメンタとミュンスター彫刻…が来年同時開催!前回の写真を貼ってみる

10年に一度!ドクメンタとミュンスター彫刻…が来年同時開催!前回の写真を貼ってみる
ドイツで開催される大規模なアートイベント、ドクメンタとミュンスター彫刻プロジェクトの同時開催がいよいよ来年に迫っている。 ドクメンタ(documenta)は5年おき。 ミュンスター彫刻プロジェクト(Skulptur.Projekte)はミュンスターで10年に1度。 周期が重なっていることで10年に1度同時開催となるため、その年は…
ishikawa

「雑草という名前の草はない」 セメントプランターに植えた道端の植物

「雑草という名前の草はない」 セメントプランターに植えた道端の植物
道端に力強く生えている植物、雑草。 幼い頃は道端に生えている雑草を「綺麗」と思うことが多かったように思うのですが、いつからか見向きもしなくなっていました。 思い出すのは、苔を採ってきて部屋の隅っこに育てようと置いておいたら、母親に捨てられていて泣いたこと。あの頃の想い。 雑草だって綺麗なのに、と…
ishikawa

Tacheles(タヘレス) – ベルリンのアーティストが集まった廃墟

Tacheles(タヘレス) - ベルリンのアーティストが集まった廃墟
Kunsthaus Tacheles (アートハウス タヘレス)という名のドイツ・ベルリンに存在した建物をご存知でしょうか。 2012年に残念ながら閉鎖されたしまったのですが、いたるところでアートに触れられるベルリンにおいても、そのアーティスティックな存在感は際立っていました。 2014年に訪れたときには入り口にチェーンが巻か…
ishikawa

『ネコノカミ』天然無着色の木で作られた手彫りのネコ

『ネコノカミ』天然無着色の木で作られた手彫りのネコ
天然無着色の木で作られた手彫りのネコ「ネコノカミ」。同じものはひとつとありません。 先日、テラデマルシェという何でも市に出店したときのことを書きました。 『テラデマルシェ』上野のお寺 宋雲院で開催の何でも市 実際に出店したのは妻で僕は手伝いに行っていただけなのですが、楽しく有意義な時間を過ごすこと…
ishikawa

【セメントワーク】雑草用のプランターや葉っぱ的なものを作っています

【セメントワーク】雑草用のプランターや葉っぱ的なものを作っています
セメントが好きでして。 物質感といいますか、硬質的な感じといいますか。 触り心地とかも含めて、ちょっとフェチ的に好きです。 そんな好みもあり、何か作ろうと思ったときに、素材として真っ先に思い浮かぶのがセメントだったりします。 セメントでプランターを作る セメント?コンクリート?と最初の頃は疑問…
ishikawa

アートで食っていくのが大変なのは日本の文化にアートが根付いていないからでしょ

アートで食っていくのが大変なのは日本の文化にアートが根付いていないからでしょ
アート作品(絵や写真・彫刻など)を購入した経験はありますか? ここ数日、芸術関連の記事を目にします。 「芸術・美術系学校出身者は卒業後が厳しい」といった記事が元となった一連の記事は、どの内容も興味深く読ませていただきました。 しかしながら、モヤっとするわけです。 「芸術・美術系学校出身者は卒…
ishikawa

アメリカニューヨークでのグループ展と美術館と博物館【旅行記後編】

アメリカニューヨークでのグループ展と美術館と博物館【旅行記後編】
作品ではなくアーティストの将来性にベットする金持ちに作品を買ってもらうより、作品を気に入って連れて行ってくれる人に買ってもらうほうが、たとえ安くしか売れなくとも嬉しかった。 数年前、僕は参加するグループ展のオープニングパーティーに出席するのに合わせ、アメリカニューヨークに訪れていた。 前回はNY…
ishikawa

写真は時間と共に。品川の原美術館での写真展『そこにある、時間』

写真は時間と共に。品川の原美術館での写真展『そこにある、時間』
原美術館で写真展を観てきました。 昨日の土曜日、品川で行われたあるパーティーに出席。 が、あまりに退屈なものだったので、4時間予定されていたのですが、30分持たずに退散してしまいました。 勝手だと言われることもありますが、他にも人がいるからという理由だけで我慢して同じ場所に残るなんてできないのです…
ishikawa

アートと酒と煙草と小麦粉があれば生きるには十分だ

アートと酒と煙草と小麦粉があれば生きるには十分だ
一歩一歩進むたびに、足元からはザクザクと音がする。 割れた瓶が地面いっぱいに広がっていて、避けて通る隙間もない。 薄暗い中、爆竹の火花と人々の嬉々とした目が瞬間的にキラキラと光る。 爆音と火花と破られた瓶の破片の共演は、映画で観るような紛争の中に身を置いたような感覚になる。 (さらに…)
ishikawa

西麻布Bullet’s(ブレッツ)でのイベントに行ってきた

西麻布Bullet's(ブレッツ)でのイベントに行ってきた
西麻布Bullet'sで開催された『Dream Time』というイベントに行ってきました。 音と映像が気持ち良く混ざり合った空間でした。 (さらに…)
ishikawa

【海外メンズストリートスナップ】ベルリンで撮影したファッションスナップ

【海外メンズストリートスナップ】ベルリンで撮影したファッションスナップ
僕は以前ベルリンに1年ほど住んでいたことがあります。 ベルリンではアート活動を主にしていたのですが、デジタル一眼レフ(お金が無かったのでオリンパスの旧型)を持っていたこともあり、ストリートスナップのカメラマンをしていた時期がありました。 (さらに…)
ishikawa

【モノの価値を決めるのは自分】自分で良いと思った物を作る

【モノの価値を決めるのは自分】自分で良いと思った物を作る
友人の川端くんと行ってきたバーが良い感じだったので気持ちが良い、ishikawaです。 川端くんとは十数年来の付き合いです。 その間に紆余曲折ありましたが、今では若き日と同じく気持ちにフィルターかけることなく話せる相手です。 今日はそんな川端くんとバーで酒を交わしながら、話していて大切だと思ったことを…
ishikawa

【モノへの意識の違い】ベルリンでストリートスナップを撮っていて感じたこと

【モノへの意識の違い】ベルリンでストリートスナップを撮っていて感じたこと
最近友人がものづくりしているのを見て、ものすごく感化されてます。 やっぱりモノ作りっていいですよね。人間の根底的なもののような感じがするんですよね。 その友人は木を彫っていて、その作り上げられるモノ自体がすごく好きなんです。 (さらに…)
ishikawa

リキッドルームの新しいプレゼンテーションの場『KATA』でのイベント

リキッドルームの新しいプレゼンテーションの場『KATA』でのイベント
以前より気になっていたLIQUIDROOMのKATAでベルリンにいた頃の知り合いがLiveをするのとのことで、初めて行ってきました。 KATAは2012年にオープンした多目的ギャラリーです。 (さらに…)
ishikawa

「人の足はどこに向かうのか」ベルリンに在住時に撮影した写真

「人の足はどこに向かうのか」ベルリンに在住時に撮影した写真
ベルリン在住時、僕はいつもカメラを片手に出かけていました。 ベルリンの街並みや建物は被写体として申し分ない、魅力的なものばかりでした。 綺麗な部分ばかりでなく、ベルリンの壁など負の部分もさらけだした街に惹かれていました。 何枚となく写真を撮りました。 そしてそれと同様に、ベルリンに暮らす人々の…
ishikawa