桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

台湾旅行の際には利用するであろう桃園国際空港

今回、台湾旅行にあたって僕が利用した航空会社はバニラエア。
桃園国際空港での離発着ターミナルは第1ターミナルでした。

最後の最後まで楽しみたくなるのが旅行。
その第1ターミナルからの日本へと発つ帰り道、出国手続き後のエリアにあるフードコートで食事をすることにしました。

せっかくの台湾旅行なので台湾らしいものを……と、わくわくしながらフードコートに行ってみたのですが、まあそうはうまくいかないもので。味も価格も、やはりちょっとイマイチ。

空腹を満たす分にはいいですが、台湾らしいものを食べたいなら、食事は台北の街でしたほうが良さそうですね〜。

桃園国際空港第1ターミナルのフードコート

桃園国際空港の第1ターミナルで食事をする場合、フードコートですることになるでしょう。
出国手続きの前でも後でも、どちらにもフードコートがあります。

出国手続き前には、ターミナルの地下1階にあるのが「美食廣場」というフードコート。
ハンバーガー・定食・フライドチキン・ラーメン・韓国料理・ベーカリーなどがあります。

ショップは8軒ほどあるのですが、ファーストフードが中心でどうにもしっくりこず……。出国手続き後のエリアにかけてみることにしました。

出国手続き後エリアのフードコート

出国手続きを終えた後の第1ターミナルの出発ロビーは、1本の長い通路がひたすらに続いています。

通路の端には搭乗口があり、通路の途中には土産店などのショップがあります。
その中に、「美食廣場」よりも小さめですがフードコートもあったのでした。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

そのフードコートにある店で注文したのが、小籠包とエビシュウマイと飲み物のセット。
250台湾ドル(約900円)と、やはり値は張りますねー。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

せいろの上段にはエビシュウマイが4つ、下段には小籠包が3つ入っています。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

味は、う〜ん……イマイチですね。
空港のフードコートなので仕方がないとは思うのですが、レトルト感が半端ないです。

ここまで夜市なんかで食事をしてきたからということもあると思うのですが……。
腹を満たす分にはいいと思いますけどね。それにしても高すぎるかな。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

妻がデザートにと「花生QQ圓」なるものを食べていました。50台湾ドル(約180円)。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも

落花生の甘く煮た花生の風味が良く効いていて、タピオカの食感もよくて、こちらは美味でした。

まとめ

台湾らしいものは台北市内で食べよう、という結論です。

桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも
台湾旅と聞いて思い浮かべるもの。僕にとってのそれは夜市でした。 台北では夜になると街のあちらこちらで夜市の屋台に明かりが灯ります。地元の人も多く通う夜市では、地元ならではのグ…
桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも
台湾といえば夜市! 台湾旅行の際にはぜひとも訪れたいところです。 士林夜市なんかの有名な夜市もいいですが、ローカルな夜市で食事をするのも楽しいですよ。 ということで、今回…
桃園国際空港第1ターミナルでの食事はおすすめじゃないかも
龍山寺近くにある下町風情色濃いローカル感満点の市場、東三水街市場(新富市場)。 食品から生活用品・衣類など様々な商品が揃っている市場では、精肉店の隣がランジェリーショップだっ…

桃園国際空港第1ターミナルで食事をするなら、デザートくらいに抑えておいた方が良いかもしれないですね。

※記事内では1NTD(新台湾元)を記事執筆時のレートの3.6円で計算しています

僕が台湾旅行の際に使っているアプリ!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 台湾 グルメ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*