モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

広島三原旅、2日目。
三原観光協会主催のモニターツアーに参加し、午前中は三原の伝統漁「タコつぼ漁」を体験!その後、その漁で獲れる”三原やっさタコ”を使ったタコ料理に舌鼓しました。

ですが、午前中ではタコ料理三昧は終わりません。
午後になり、お次は三原市内の様々な飲食店で提供されるタコ料理をいただくことに。タコ満載・タコ満喫のツアー。

たこシューマイ・地タココロッケ・たこ入りピザなどなど、タコ料理の幅広さに気付ける内容。
タコ料理っておいしい!と、あらためてそう思える時間となりました。しばらくスーパーで売っているタコが食べられなくなるかも……。

おしゃれなイタリアンレストラン・カフェ「よがんす」での試食会

午前中にタコつぼ漁体験などをした後、瀬戸内海随一と言われる景観が眺められる竜王山展望台に行ってきました。

竜王山展望台へ!瀬戸内海随一と言われる”多島美”は必見【広島三原旅】

その後、三原駅近くにあるレストラン・カフェ「よがんす」へ。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

古民家を改築したであろう素敵な佇まいの「よがんす」。

三原駅近くで神社仏閣巡り|三原八幡宮や法常寺を訪れる【広島三原旅】

実は前日に三原駅近くの神社仏閣巡りしていた際に前を通りかかり、「おしゃれだなぁ」と思い写真におさめていたお店でした。

三原駅からほど近く、歩いて大体5分強といったところ。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

「よがんす」は本格イタリアン料理がいただける人気のお店で、店に入ると目の前にはピザ窯があり、ピザを焼く様子も見ることができます。
三原の食材とイタリアの食材にこだわった料理だそうですよ。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

店の2階が今回の試食会の会場。天井が高く広々とした素敵な空間です。
こちらで三原市内の様々な飲食店で提供されるタコ料理をいただけるとのこと。楽しみですねぇ。

多彩なタコ料理の数々に舌鼓

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

ずらりと並んだタコ料理の数々!
三原市の名物食材”三原タコ”・”地酒”・”三原おやつ”を三原食ブランドとして確立するための取り組み「幸せの三原ぐるめ」事業に参加しているお店、三原市内の12店舗から持ち寄られたタコ料理です。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

好きな料理を自分で取り皿にとるスタイルです。第一弾はピザやコロッケなどをチョイス。

“たこ入りピザ”は会場となっているお店「よがんす」のもの。
店の中に窯があるだけあってピザ自体がおいしい。スライスされたタコが食感にバリエーションをもたせています。

下町の居酒屋 六文銭|三原産の生タコと鶏たたきで名酒醉心を堪能【広島三原旅】

“地タココロッケ”は昨晩訪れた「下町の居酒屋 六文銭」の料理でした。
タコが入っているコロッケを食べるのは初めて。タコは食感と噛めば噛むほどに口の中に広がる旨味が楽しめるがやはりいいですね。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

こちらは”たこと魚介のエンパナディージャ”。
「Trattoria di Miramare FURUOKA」からの料理です。

エンパナディージャは日本語だと”揚げパイ”といったところでしょうか。
大きなぶつ切りのタコがごろりと入っていて実においしい。タコはオリーブオイルなんかとも相性がいいので、和食にも洋食にも合う食材ということを再認識。

今こうして記事を書きながら写真を見ているとお腹が減ってくるのですが、この時は午前中の食事で割合お腹が満たされている状態でした。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

全部試しに食べてみよう!とはいかなかったのですが、それでもタコ料理の幅広さにも気付ける時間となりました。
ああ、今だったらたらふく食べるのに(笑)。

三原の酒「醉心(すいしん)」の試飲

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

この試食会ではタコ料理だけでなく、三原の地酒「醉心(すいしん)」の試飲もできるのでした。

写真だと一見お冷に見えてしまいますが、上の写真は醉心の”氷わり原酒”を甘いサイダーで割ったもの。
日本酒を何かで割るなんて斬新。

これまで日本酒はストレートでしか飲んだことがなかったのですが、この飲み方、意外においしかったのです。
飲んだ直後はサイダーの甘さと炭酸を感じるのですが、後から日本酒の味がしっかりと感じられてくるのでした。

暑い日だったことと、女性の方にも受け入れてもらいやすいとの考えからこういった飲み方にされたそうです。
いやいや、新しい発見でしたよ。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

こちらは純米吟醸。
前日に「下町の居酒屋 六文銭」で”匠の辛づくり”を飲んだので、これで醉心3酒類目。

辛口なんですが、柔らかくてまろやかな口当たり。
最初に甘いサイダーで割ったものを飲んだあとなので、お酒本来の味がより楽しめます。

モニターツアーで三原タコ料理満喫!三原の酒「醉心」試飲も【広島三原旅】

日本酒に一番合うと感じたタコ料理は、スモークたこ。「ラーメン康」のものです。
スモークたこをつまみに地酒。なんとも最高の組み合わせでした。

まとめ

午前中に引き続き、午後もタコ料理満喫のツアーとなりました。
素材そのものの良さを引き出す調理方法がタコそのもののおいしさを感じられるのか、「スモークたこ」などの調理方法が特においしく感じました。

三原のタコ料理に地酒「醉心」、三原にはおいしいものがたくさんありますね。
タコつぼ漁から始まり、タコ料理満喫。今回のツアーは三原を存分に楽しめる素敵なものでした。また参加したい!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*