ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

なんだ、またベラか。

僕のメインの釣り場は千葉ですが、堤防で五目釣りをしていると特に狙わなくてもベラ(キュウセン)がよくかかってきます。
ベラは関東では下魚とされ、捨てられているところも何度か目にしたことあります。僕も釣りをはじめた頃は同じ扱いをしておりました。

それが一度食べた時から、「またベラだ。万歳!」と今では喜ぶ程になったのです。
大袈裟なと思う方もいらっしゃるかと思いますが、いやいや、ベラは抜群においしいのですよ。

唐揚げ・塩焼き・ムニエル・干物……食べ方や調理方法は色々ありますが、刺身にしてもおいしい魚なのです。
ここではそのベラ料理についてのことや、ベラの釣り方やベラをおいしく食べるために大切なことについてまとめています。

実は絶品!五目釣り人必見のベラ(キュウセン)料理

ベラはスズキ目ベラ科の魚。
カラフルで派手な見た目をしていて、まるでルアーのようなおしゃれな姿が特徴の魚です。

釣りを始めた若き頃、どんな仕掛けにも食いついてくる貪食なベラを鬱陶しく思っておりました。

僕の目的は「釣って食す」、食べるまでが釣りなのですが、ベラはよく釣れる割にヌルヌルして捌きづらいんですよね。
それと、カラフルなフォルムから「美味くなさそう」と決めつけていたのですよ。

関西では高級魚?一度食べればたちまち虜に

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

その偏見が解けたのは、ベラが関西では高級とされていて、しかもおいしいとの情報を得た後です。
すぐに釣り仲間に連絡をし、その週末に「本当に美味いの?」と訝しげな仲間と共に釣りへ出掛け、ベラを釣り上げてすぐ刺身にして頂きました。

これがおいしくてですね、それからはベラ目当ての釣りにも行ったくらいです。

ベラが美味しい理由(多分)

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

ベラを釣った事のある方はご存知だと思いますが、ベラは貪食で何にでも食いついてきます。
餌はイソメやオキアミを使いますが、餌が無ければテトラポッドに付いている貝を拝借して糸を垂らせば食いついてきます。

また、引きも同じサイズの魚に比べると強いです。
釣りあげた後も、バケツに入れて最後まで生きているのはベラだったりします。

そんな貪食で暴れん坊で生命力の強いベラの身は、刺身にすると弾力があり、コリコリの食感でとても美味です。

ベラの食べ方は色々!様々な魚料理に合います

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

さばき方は他の魚と同じで問題ありません。

悩みはただ一つ、強いヌメリだと思います。ヌメリは塩で洗うことでとれます
さばく前に塩をたっぷりかけて揉み、水でしっかり洗います。

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

美味しい食べ方としてあげられるのは、先述の通り刺身でしょう。
釣ってすぐに食べればコリコリした食感、1日寝かせればねっとりとした食感で癖になります。

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

刺身にはわさびもいいですが、島唐辛子と合わせて食べるとおいしいですよ。

ヌメリが残っていると皮をひくのが難しくなるので、ヌメリをしっかり落としておくのがうまくさばくコツです。

絶品!ギンポの天ぷら!メバル・カサゴ・ベラの刺身と共に食す

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

また、開いた身を一夜干しにして焼いて食べるのもたまりません。

初心者でも安心の堤防五目釣り 釣った魚は干物にして食す

お酒の最高の肴になりますよ。

また、フライや素焼き、煮付けなども美味です。


■ベラの唐揚げ
釣り2本立て!旧江戸川シーバスルアー釣り→千葉内房五目釣り

■ベラの炭火焼き
千葉内房釣りでベラにギンポ まさかのタコ・ウニ・サザエも

■ベラのバター醤油ムニエル
【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品


ベラを釣っていると、色々な形や色のベラが釣れたりします。

代表的なものは、キュウセンと呼ばれるササノハベラです。地方ではギザミと呼ばれたりもするようです。
特にアオベラと呼ばれるオスのベラが美味とされているようです。メスは赤い色をしています。

他にはキュウセンよりも身体が丸いマルベラが釣れる事が多いです。
味はキュウセンより劣るとされますが、美味しい魚ですよ。

釣り方も簡単!どんな釣り方でも大体釣れます

正直、釣り方も何も無く、五目釣りをしていれば狙わなくてもかかってきますw
ただし、夜は砂に潜って寝るので夜釣りでは釣れません。

ハゼやキス狙いの底物狙いの投げ釣り、カワハギなど中間層狙いの釣りや穴釣りなど、貪食なベラは何にでも食いついてきます。
餌はイソメでもオキアミでも、テトラポッドについた貝類でもなんでも大丈夫です。

旬は夏とされていますが、寒い時期以外は釣れる印象ですね。

ちょい投げでもウキ釣りでも釣れるので、安いセット釣り竿が便利ですよ。

ベラをおいしく食べるために必要なこと

ここまで書かせて頂きました通り、ベラは釣って楽しい、食べてなお楽しい魚です。
ベテランの方々には物足りないかとは思いますが、初心者の方を釣れていったり家族を連れて行った際には引きもあるのでおすすめです。

最後に、ベラをおいしくいただくにあたって大事なことは、他の魚でも同じですがしっかりと血抜きをすることです。
特にベラは身体がヌルヌルとしているので、バケツなどに入れておくだけだとそのヌメリで窒息してすぐに死んでしまいます。

釣ったらすぐにエラを切って海水を入れたバケツに突っ込み血抜きをします。
さらに血抜きしたベラを袋に入れて、氷締めしておけば自宅に持ち帰ってからもおいしくいただけます。

海水をキンキンに冷やしたクーラーボックスに魚を入れて氷締めにするのが一番。
保冷剤や凍ったペットボトルをクーラーボックスに入れておき、釣り場に着いたらそこに海水を流し込みます。

手を入れていられないくらい冷たくなった海水であれば、釣った魚をそのまま入れれば即死するので鮮度が保てます。
帰る際に、海水だけクーラーボックスから抜いて氷だけにします。直接氷に当てないように、魚はビニール袋などに入れてあげると良いです。

この方法であれば鮮度を落とすことなく持ち帰れますよ。
※海水の塩分濃度が薄まってしまうので真水で作った氷を直接入れるのは避けたほうが良いです。魚の身が水っぽくなってしまいます。

氷締めをせずに釣った魚をバケツで管理する場合は、ベラだけ別のバケツにした方が良いですよ!
ベラのヌメリですぐに他の魚が窒息してしまいますので(笑)

携帯用のブクブクがあると、より新鮮に保てます。

では皆様良い釣行を!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
釣り ライフスタイル

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*