漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

「父親が見せつけてきたのは…」
「毎晩現れ咀嚼したアレを…」

あまりに不快な漫画系のアドセンス広告。
ピーク時に比べれば落ち着いてきましたが、まだ時々見かけますね。

気持ち悪い…うざい…とユーザからは次々と声が挙がっていたので、広告主側も是正し始めたのでしょう。
怖いもの見たさの心理をつこうという魂胆なのかわかりませんが、広告掲載側としても閲覧者側としてもあの広告はいただけません。

その不快な広告を配信している広告主をアドセンスからブロックする記事を書いたのですが、その記事はあくまでサイト運営者目線。
今回はサイトを閲覧する側の方向けの不快広告の非表示方法をまとめていきます。と言ってもかなり簡単ですが。


※今回綴っているのはサイト閲覧者側の不快広告非表示方法です。
※サイト運営者側の方で不快広告をブロックしたいと考えている方は、下記記事をご覧くださいね。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)


まんが王国・シーモア・ハンディコミック・めちゃコミック…不快広告はGoogleに報告して非表示に!

気持ち悪い漫画広告。何が気持ち悪いって、人の不幸にフォーカスしたものが多いこと。
作成者なんかの”欲”のようなのものも感じられて非常に不快なわけです。

ここではそれらの広告の画像は貼りませんが、どんな広告かは以前記事に貼っておりますのでご覧いただければ。

漫画系のアドセンス広告が気持ち悪い!ブロックする方法(Google Adsense)

さて、サイトを閲覧していたらそんな胸糞悪く不快な広告を発見!
嫌な広告だなーと思いつつもそのサイトを去り……としてしまうと、また他のサイトで見かけることになってしまいます。

不快な広告を見つけたら、その広告が不快だとGoogleに伝え、非表示にしてもらわないといけません。
この作業自体は実は簡単にできるんです。

不快なアドセンス広告を非表示にする方法

不快な広告を発見したら、広告の右上に「×」アイコンがあるのを確認します。
スマホでもPCでも同様になります。

漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

ここで注意点なのですが、「×」アイコンが隠れかけている場合があります。
ユーザ目線ではないですよねぇ…右上にかすかにでも見えていればクリックできると思います。

漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

「×」アイコンをクリックすると、「問題がある広告として報告」というボタンが表示されるので、続いてクリックしていきます。

漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

すると”問題がある広告として報告”する理由を聞かれます。不快な広告であれば「広告が不適切である」ですかね。
ここでは広告に問題があると思われる理由をクリックすればよろしいかと思います。

漫画系広告がうざい!閲覧時に不快な広告を非表示にする方法

「今後その広告を表示しないようにします」というメッセージが出て完了です。
これで同じ広告は見ずに快適にサイト閲覧できますよ。

まとめ

まんが王国・シーモア・ハンディコミック・めちゃコミックなどなど……以前よりも不快な広告が減ってきたなと思うのですが、まだ時折見かけますね。
目を引こうとしているのかな。サービス・漫画共に印象を悪くしているだけにしか思えないのですが。

ま、どちらにせよ、不快だと思うのであればそれを伝えて非表示にするのが一番。
不快広告を目にして困ることがあったのであれば、今回書いた手順を参考にしてみてくださいね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*