香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

妻との香港旅。
2人共香港に訪れるのは初めて。どんな国かと興味津々だったわけですが、訪れてみれば2人共肌に合う国でした。

さて、楽しい旅も終わり、日本へと戻るために香港国際空港へ。
空港までの移動手段は、行きと同じくA21バス。尖沙咀(チムサーチョイ)にある重慶大厦の近くのバス停からバスに乗り込み、2階建バスから今回の旅最後の香港の街並みを眺めながら旅の回想をしていたのですが……。

ふと帰りの便の情報を見直してみると、香港に着いた時の第1ターミナルではなく、第2ターミナルからのチェックイン。
うっかり第1ターミナルに行っていたら時間やばかったかも……と妻と話しつつチェックインして中へ。しかし、LCCの乗り場へは結局第1ターミナルを経由してさらに奥へと行かなくてはいけないため、これがかなり時間がかかるのでした。

香港旅行でLCCを利用したのなら、帰りには注意。時間には余裕を持っておいたほうが良いですよ!

重慶大厦(チョンキンマンション)近くからA21バスで香港国際空港へ

香港での旅も終わり、荷物を整理していざバス停へ。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

空港までの交通手段は行きと同じA21バス。

香港国際空港から重慶大厦へA21バスで移動!利用方法とバスの車窓からの様子

宿泊していた重慶大厦(チョンキンマンション)にあるホテルから、最寄りの停留所へと移動。A21バスの到着を待ちます。

重慶大厦(チョンキンマンション)|多人種が集う雑居ビルへ潜入!
重慶大厦にある安ホテル”Safari Hotel”に夫婦で宿泊!【香港】

33香港ドル(約475円)で空港まで移動できちゃう格安移動手段ですよ。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

バスに乗り込み、2階の一番前の席へ。
香港のバスは2階建てバスになっているので、2景色を堪能しながら移動できるので、2階の一番前の席に座ることをおすすめします。

空港から尖沙咀(チムサーチョイ)へ移動した行きのものになりますが、A21バスの2階一番前の席からの景色は上記動画をご覧ください。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

バスの中では車窓からの景色をぼーっと眺めつつ、今回の香港旅の回想をしておりました。
宿泊拠点とした重慶大厦のインパクトの強さ、離島「ラマ島(南丫島)」での優雅な一時、おいしい料理の数々……。旅先として魅力的な要素の多い国という印象です。

香港旅記事一覧

香港旅の記事は上記リンク先にまとめているのでご覧いただければと思いますが、なんだか肌に合う国だなと思いつつ、快適なバスでの移動を楽しんでおりました。

到着と出発で違うターミナル!LCCの場合出発は第2ターミナル?

約30分で空港付近へと到着。
空港が見えてきたところでふと帰りの便の情報をチェックしたところ……ん、チェックインが第2ターミナルになってる?

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

若干慌てて妻とも確認。うん、やはり第2ターミナル。
到着が第1ターミナルだったため、そのまま第1ターミナルを目指してしまっていたのでした。危なかったぁ……。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

第2ターミナルは第1ターミナルの次の停留所。
第1ターミナルで降りる方がたくさんいるので不安になり、若干ソワソワしながらの到着となってしまいました。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

時間に割合余裕はあったのですが、空港でやりたいこともあったので、うっかり第1ターミナルに行っていたら時間に余裕が無くなっていたかもしれません。
香港旅行でLCCを利用したのなら、帰りのターミナルには注意です。

後はチェックインして搭乗口へと向かうだけですが、この後まだまだ注意点があったのでした。

LCCの搭乗口が遥か遠く!?時間に余裕が無いと焦る道のり

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

第2ターミナルに着いたら早速チェックインカウンターへ。
利用した航空会社は行きと同じく香港エクスプレスです。

香港エクスプレスで早朝の羽田から香港国際空港へ!蒲田の漫喫での眠れない一夜から旅がスタート

無事チェックインも終わり、チケットを手渡された僕ら。
ただその際に、搭乗口まで”very far”と言われたのが耳に残っておりました。「遠いから時間に余裕を持って移動してください」ってな感じでした。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

今回の搭乗口は200番台。
改めてチケットと一緒に渡された搭乗口案内図を確認してみると、どうやら今いる第2ターミナルから第1ターミナルを経由して、さらに奥にあるミッドフィールド・コンコースまで移動しなくてはならないようです。

さすが年間乗降者数が世界で屈指の規模の香港国際空港。規模が大きいですね。
まあ、これがLCCを利用するデメリットといったところなのでしょう。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

保安検査・出国審査を経て、搭乗口を目指します。
まずは空港内シャトルを利用して、第2ターミナルから第1ターミナルへ。

案内図には徒歩での時間も記載されていましたが、

  • 第2ターミナル→第1ターミナル間: 13分
  • 第1ターミナル→ミッドフィールド・コンコース間: 15分

と計30分ほどかかるようなので、空港内シャトルを利用したほうが良いですね。
シャトルなら所要時間が2〜3分で済みます。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

第1ターミナルに着いた後は、さらにミッドフィールド・コンコースへシャトルで移動します。
この辺りが肝で、シャトルの時間だけで見積もってしまうと、シャトルへの移動時間や待ち時間などがかさんで時間が足りなくなってしまいますね。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

ようやくミッドフィールド・コンコースに到着。
ここからは徒歩で搭乗口へと向かいます。

移動してみた感想としては……めちゃくちゃ遠い!

ミッドフィールド・コンコースができてから、乗客が飛行機に乗り遅れることを懸念してLCC各社からチェックインから搭乗口までの移動の所要時間について発表されています。
各社大体最短30分との記載でしたが、利用してみた上での感想としてはチェックインから少なくとも1時間ほど見ておいたほうが良いと思います。

保安検査・出国審査の混み具合、シャトル間の移動・待ち時間、さらには搭乗前の準備(トイレ・飲み物確保)などを考えると、30分ではかなり厳しいと思います。

まとめ

ようやく搭乗口に着くと、10分も待たずに搭乗開始となりました……。早めに移動しておいて良かった。

香港空港からLCCで出発する際には注意!時間に余裕が必要です

とホッとしていたら、搭乗ゲートから飛行機まではシャトルバスでの移動でした。
チェックインから飛行機に乗るまで、乗り物3台乗り継ぎ。空港の最果てへと連れて行かれ、格安のLCCを使っていることを嫌でも実感する体験となりました。

綺麗で快適な香港国際空港ですが、LCCを利用する場合は帰りに注意。
旅の時間を確保したい気持ちにはなりますが、できるだけ時間には余裕を持って空港へと向かったほうが良いですよ。

※記事内では1HKD(香港ドル)を記事執筆時のレートの14.4円で計算しています

僕が香港旅行の際に使っているアプリ!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 香港

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*