アドセンスから警告!税務情報の提出に居住者証明書が必要だった件

Google AdSense

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

ある日、Google AdSense(グーグルアドセンス)を見てみたら。
ページ上に緊急性のありそうな赤帯のアラート表示が……。

要ご対応:AdSenseお支払いアカウントをご確認ください」とのこと。
税務情報を確認するために追加書類が必要……ということで、以前マイナンバーカード等々提出してみたもののそれではダメだった模様。

結局、税務署に行って居住者証明書を入手。
写真を撮ってアドセンスに提出したところ、認証されてアラートが消えました。

アドセンスの税務情報の登録に居住者証明書が必要

アドセンスを覗いてみたらアラートが出ておりました。

AdSenseとYouTube向けAdSenseどちらも怒られてます。
内容を確認してみると……。

税務情報を確認するために追加書類が必要です。税務情報が承認されるまでの間は、お客様の税法上の移住国でデフォルトで適用可能な税制が適用されます。

どうやら、以前提出したマイナンバーカード等がアドセンスさんの認める書類では無かったようです。
アドセンスに登録している住所が正しいかを確認するために、居住者証明が必要とのこと。

調べてみると、居住者証明書なるものが税務署で発行してもらえるみたいですが、初めて聞いた書類だし面倒(笑)
ですが、できるだけ早く提出…とも書かれていますし、おそらく、居住地が承認されないと、収入が発生した国の税率および住んでいる日本両方から課税されるのでは、と。良くないですね。

ということで、重い腰を上げて税務署に行ってきました。

居住者証明書を税務署で発行してもらいアドセンスに提出して完了

居住者証明書、聞いたこともありませんでした。

国税庁のウェブサイトから入力用のPDFがダウンロードできます。

No.9210 居住者証明書の請求

こんな書類になります。

住所は日本語および英語で書きます。
重要なのはアドセンスに登録している住所と同じ形式で記述することだと思います。
氏名も同様。

提出先の国名等ですが、「シンガポール Singapore」としました。
対象期間は記入無し。

わからなかったら、ある程度入力して後は税務署で確認するのが良いと思います。

税務署への提出用と受け取り用で2部印刷して、税務署へ。

税務署で居住者証明書を作成してもらうにあたって、運転免許証(もしくはマイナンバーカード・パスポート)と住民票が必要でした。
作成まで時間がかかるとのことで、自宅まで郵送も可能とのことだったのでその形に。

5日後、居住者証明書が手元に届きました。
スマホで写真を撮って、アドセンスから居住者証明書を送信。最初は審査中となっていましたが、一週間ほどして……。

無事、承認されました。

これでアラートが消えました。
めでたしめでたし。

\楽天ポイント4倍セール!/
楽天市場

コメント

タイトルとURLをコピーしました