【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

千葉内房の堤防で釣ってきた魚たち。
特に狙いも決めずの五目釣りということで色々な魚が釣れてきます。

基本的にはリリースすることになるのですが、針を飲んでしまいその場で死んでしまった場合などに、小さな魚を持ち帰ることがあります。
そんな魚は刺身なんかにするには身が少なく、丸ごとから揚げなどにして食べることが多いわけです。

ただ、毎回から揚げばかりではつまらないので、今回はバター醤油ムニエルを作ってみました。
釣ってきた魚の中から、今回はコッパグレ(小さいグレ(メジナ))とベラを使いますよ。

ご飯にバッチリ合う釣った小魚のバター醤油ムニエル

千葉内房の堤防釣り。

千葉内房堤防五目釣り!グレ(メジナ)とムラソイで満足釣果

その釣りでの釣果から、今回はコッパグレとベラを使います。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

針を飲んでしまったりなどして釣り上げた後に死んでしまった小魚。
刺身などにするのは難しいサイズで、捌くのが難しかったりするので敬遠しがちですが、食べればおいしいのです。

ベラは味が良く美味しい魚!刺身でも旨いベラは粋な釣魚

グレ(メジナ)がおいしいことはよく知られていますが、ベラはその派手な見た目から意外と敬遠されがちなんですよね。
食べてみればおいしいですよー。

魚のバター醤油ムニエルの作り方

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

ではでは早速バター醤油ムニエルを作っていきます。
まずは鱗を取り、頭を落として内臓を取り除き腹の中を洗います。次に3枚におろした後、切り身に塩コショウして小麦粉をふっておきます。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

まずはフライパンにオリーブオイルをしいてニンニクを炒めます。
今回は魚の他に椎茸を先に焼いていきます。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

椎茸に火が通ったら、一度皿などに避けておきます。
続いて魚の切り身をフライパンで焼いていきます。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

魚の切り身にしっかりと火が通った後に、バターを溶かしいれて醤油を垂らして味付け。
基本的にはフライパンで焼いていくだけのお手軽料理です。

コッパグレとベラのバター醤油ムニエル

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

こちらが完成したコッパグレとベラのバター醤油ムニエル
醤油とバターの良い香りが食欲をそそります。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

魚のムニエルは身がほわっと仕上がり、醤油バターの旨味と香りがご飯によく合います。
醤油とバターを使うことで味がしっかりとしているので、酒の肴にぴったりです。

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

魚をムニエルにすると皮の面がパリッとしてこれまたおいしいですよ。
皮には魚の旨味が詰まっているので、バター醤油とも相性が良くてたまらない味になります。

まとめ

ファミリーフィッシングなどで五目釣りをするとかかってくることの多い小魚。
リリースするのが一番良いわけですが、針を飲んでしまったりで死んでしまった場合は、その場で氷締めにでもして持ち帰って食べると良いです。

小さい分、捌くのが少し難しいですが、今回紹介したムニエルなどにするとおいしくいただけます。
バター醤油で味付けすれば、ご飯のお供にも酒のアテにもなる一品になりますよ。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*