台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

昨年末以来の台湾旅!
これまでの台湾旅は台北巡りでしたが、今回は初めて台中へと向かう旅程です。

さてさて、今回の旅も妻が購入してくれたキャンペーン格安航空券で台湾へ。
利用するのはジェットスター。安く海外へと遊びに行ける時代、ありがたいですねぇ。

ただし、今回の便にはひとつ悩ましい点がありまして……それは成田空港発が21:30で、台北桃園空港着が日を跨いだ00:30と夜中の到着なのです。
ちょっと悩ましいですがこれも安い航空券ということで飲み込むしかありません。

朝まで空港で過ごすのか、それとも台北辺りに出て時間を潰すか……。
妻と2人話し合って、深夜バスに乗って台中まで行ってしまい、台中のバスターミナル近くにあるネットカフェで仮眠をとることを僕らは選択したのでした。

ということで、今回は台北の桃園国際空港か、深夜バス(國光客運)で台中駅近くのバスターミナルまで行く方法についてまとめていきます。
思いの外快適だったバスの設備についても綴りますよ。

ジェットスターの格安航空券で成田空港から桃園空港へ

久しぶりの台湾旅。

九份「阿妹茶酒館」絶景を眺めながらいただくお茶は格別!
旨旨旨!永康街の老舗「江浙点心」の小籠包と排骨麵【台湾旅行】

これまでの台湾旅では台北を中心に巡っていたのですが、今回僕らが目指すのは台中。
一度行ってみたいねと話していたのですよ。

さてさて、そんな僕らが今回利用する航空会社はジェットスター。
安くて助かるわけですが、前述の通り、台北の桃園空港に到着するのが夜中になってしまうのが悩ましいところ。

成田空港から桃園空港への夜の便

電車で成田空港に向かったのは早めの19時頃。
LCC利用者お馴染みの第3ターミナルからの出発となります。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

フードコートでのんびりと食事をしてチェックインカウンターに行ってみると行列ができておりました。
どうやらジェットスターの他の便で何かしら問題があってそちらに人員が割かれており、チェックインカウンターのスタッフさんが不足しているようでした。

しかも自動チェックイン機が使えなかったんです。夜の便だからなのかしら。
結構待たされました。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

まあそれでも無事にチェックイン完了し、搭乗口へ。
旅の始まりということと夜の便が久しぶりということもあり、気分が高まってきます。本当は気分を静めて飛行機での移動中に寝てしまいたいのですが、どうにも飛行機が苦手で移動中には眠れない達なのです。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

出発はあいにくの雨。
真っ暗な滑走路は雨が溜まって所々光をテラテラと反射していて、まるで夜の海を見ているような心地になります。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

約4時間で台北の桃園空港に到着。
台湾時間は日本時間マイナス1時間なので、この時点で00:30です。

國光客運の最終便深夜バスで桃園空港から台中へ

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

到着するのは第1ターミナル。
到着した後は到着フロアのひとつ下の階へ。バス乗り場があるのがその階になります。

桃園空港から台北駅へバスで行く方法!安くておすすめ!【台湾旅行】

今回は台中を目指しますが、 台北へバスで行く方法についても以前綴っておりますので、よろしければご覧ください。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

電光掲示板で台中行きのバスを確認してみると1623・1860・5503と3つの種類がありますが、今回利用することにしたのは1860の國光客運。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

まずは運行時間を確認。どうやら深夜は1:50が最終便のよう。
この時00:40頃だったので、コンビニで買い物をしたりを考えると最終便に乗った方が良さそうだとの結論に。

http://www.kingbus.com.tw/ticketPriceResult.php?sid=183

運行時間は國光客運のウェブサイトからも確認できるので、旅前にチェックしておいたほうが良いですよ。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

バス乗り場前の通路沿いには乗車券売り場があるのですが、夜間ということもあり売り場には人がいませんでした。
自動販売機を利用してくださいとのことだったので、売り場横にある自動販売機へ。

買うのが難しくないかな……と若干不安になったのですが、言語選択から日本語で利用することができ、行き先と乗りたい日・時間を選択するだけで購入できました。
ちなみに現金は使えず、クレジットカードか悠遊卡(ヨウヨウカー)での購入となります。

人生初の台湾へ!帝后大飯店に宿泊し台北でグルメ・観光を堪能

悠遊卡(ヨウヨウカー)については上記記事内をご確認くださいね。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

運賃は280台湾ドル(約1,040円)。
ポケットに入れたらすぐになくしてしまいそうな、レシートのような乗車券を持って乗り場へと向かいます。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

1860の國光客運の乗り場は3番。
台中に行くのは人生で初めて。ワクワクしてたまらない!というところですが、飛行機で一睡もできずに深夜を迎えたため、正直バスに乗ったらすぐに眠ってしまいそうな状態でございました。

國光客運(1860)のバスの設備は?

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

こちらが國光客運(1860)のバス。乗り込む時に運転手さんに乗車券を渡して乗り込みます。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

席は大体30席ほどでしょうか。平日の台中への最終便ということもあってか、乗客は僕らの他には地元の方っぽい女性2人組だけ。
貸切のような状態です。

1:50発のバスだったのですが、乗客が揃った段階で10分早くバスは出発。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

座ってすぐに感じたのが、シートの座りやすさ。
背もたれが程良く柔らかく、LCCのそれとは比較にできないくらい心地良いです。

シート間のスペースも広く、LCCでは膝が前の席にべったりついてしまうのに対して、このバスでは十分に余裕がありますね。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

前の席の背面には飛行機のようにディスプレイがあります。どんなコンテンツがあるのか調べてみると……。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

映画やゲームなどがあるようでした。言語設定もあって日本語があったので選択してみましたが、翻訳されたのは一部でしたね。
映画を少し見てみましたが当然ながら言葉がわかりません。でも異国に足を踏み入れたことを実感できるので楽しいものでしたよ。

バス専用無料Wi-Fiが便利です!

さて、バスに乗ることができて落ち着いてくると、チェックしたくなるのがメールなど。
その点もこのバスは便利で、バス専用の無料Wi-Fiが設置されているので、乗車中にのんびりとメールチェックなどをすることが可能なんです。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

無料Wi-Fiに接続するのは実に簡単。
まずは「!BUS-FREE-WIFI」に接続します。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

すると上記のような画面に切り替わるので、画面下部にある「Get Free WiFi」をタップ。
ここで広告が表示されるので、「×」をタップして消せばOKです。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

この画面になれば無事に接続完了。インターネットに接続できるはずです。
時折接続が切れてしまうこともありましたが、その場合はもう一度今の手順を繰り返せば使えるので、それほどストレスにはなりませんでした。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

座席横にはUSBポート。
ここでスマートフォンを充電しながら快適にネット接続。バス乗車中もリラックスして過ごせましたよ。

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

1:40に出発して、台中駅近くのバスターミナルに着いたのは3:40。約2時間の乗車でした。

まとめ

台北桃園空港から台中へ!深夜バス(國光客運)での行き方+バス設備

ちなみに、バスが到着する台中のバスターミナルは昨年末に完成したばかりで綺麗です。
夜中の到着ということもあり、ターミナルには始発を待つ人が数人いるだけで静かでした。帰りにはまだ店が開いている時間に利用したので、バスターミナルについてはまた別の記事にて綴りますね。

桃園空港に深夜着、さらにそこから深夜バスで台中に向かうということで若干不安だったのですが、道中何も問題もなく辿り着くことができました。
この後はバスターミナル近くのネットカフェへと向かったのですが、このネットカフェがなかなか面白い所でして。その様子はまた後日綴りますね!

※記事内では1TWD(台湾ドル)を記事執筆時のレートの3.7円で計算しています

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 台湾

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*