六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

広島三原旅、初日。
夕食は「下町の居酒屋 六文銭」へ。

僕ら夫婦にとって旅先での食事は大きな楽しみのひとつ。
前回1人で三原を訪れた際に利用した六文銭が非常に良かったので、三原名物のタコ尽くしで三原旅最初の夕食とすることにしました。

生タコ刺しタコ天タコ茶漬と三原ならではのタコ料理をメインに、カキフライなんかにも手を広げつつ……。
“豆腐ステーキ山芋とじ”や”みはら神明鶏(しんめいとり)たたき”といった六文銭の人気メニューで腹を満たします。〆はお隣の市の名物尾道ラーメン(笑)

おいしい料理を肴に、ビール→三原の地酒「醉心(すいしん)」と飲みすすめます。
初めて訪れた妻も気に入った様子。三原旅最初の夕食、この店を選んで正解!

三原旅最初の夕食は安定の「下町の居酒屋 六文銭」

妻との三原旅、初日。
三原駅周辺の神社仏閣を巡った後、今回の旅の宿とした山根旅館にチェックインした僕ら。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】
妻と2人での広島三原旅、初日。 三原城跡で駅弁を食べ腹拵えをした後、三原巡りを開始します。とはいえ、飛行機で成田空港→広島空港、リムジンバスで広島空港→三原駅と移動してき…
六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】
広島県三原市にある山根旅館。 昭和27年から営業!三原で一番古くからある旅館ということに興味を持ち、今回の旅の宿としました。まるで昭和で時間が止まってしまっているかのよう…

旅館に荷物を置いて身軽になった僕らは、少し休んでから夕食を食べに出かけることに。
三原旅最初の夕食をとる店は旅前から決めておりました。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

こちらがその店、「下町の居酒屋 六文銭」。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】
広島三原旅。 1日目の夜は、おすすめされていたある店で食事をすることに決めていました。その店の名は、下町の居酒屋 六文銭。 六文銭は三原駅から歩いてすぐのところにある、…

前回三原に訪れた際にも食事をした店。
おいしかったこともあって、今回三原初訪の妻を連れてきたかったんですよ。

居酒屋が並ぶ三原駅前からは外れた場所にありますが、三原駅から歩いて5分ほどの距離。
近くにイオンがあるので、目印にするとわかりやすいです。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

この日はひたすら歩いたこともあって喉がカラカラ、ビールを求める我が身体。
とりあえず生で喉の渇きを潤しつつ、お通しの鶏皮ポン酢を一口。おおぅ……鶏皮の旨味とポン酢の酸味でさっぱりとしてビールのアテに最高ですなぁ。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

「本日のおすすめ」を確認しながら、注文するメニューを考えます。
うんうん、おすすめにいくつか注文するつもりだったものがありますねぇ。タコ料理を中心に、脇は何で固めようか……悩みつつも楽しいひと時。

ちなみに六文銭では円ではなく文が通貨単位となっております。
ので、この記事では文を使用します。はい。

生タコ刺し(三原産)

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

悩みつつも真っ先に注文したのは生タコ刺し(三原産)。580文。
せっかくの三原なのでタコ尽くし!やはりスタートは生タコ刺しでしょう。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

生のまま食べればものすごい噛み応えのあるよく締まったタコの身。
咀嚼すればするほどタコの旨味が口の中に広がり堪りません。

ちょっと残念だったのは吸盤部分が無かったこと。
前回食べた時は吸盤の弾けるプリップリでコリッコリの食感に身悶えたものです。

地タコ天ぷら

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

続いてもタコシリーズから、地タコ天ぷら。480文。
タコは油との相性が良く、個人的にタコを一番おいしく食べられるのは天ぷらだと思っています。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

衣で包んで熱したタコは、タコの旨味が強く出ていて非常に美味。
塩をチョンづけしていただくわけですが、これはもう箸が止まらないおいしさ。ブラボー。

タコ茶漬け

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

さらに、興味本位から注文したタコ茶漬け。580文。
鮭茶漬け・タラコ茶漬け等々……色々な種類の茶漬けがありどれも好んで食べている僕ですが、タコ茶漬けは初めて食べます。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

お味はというと、通常のお茶漬けにタコが入っただけという率直な感想でございます。
湯で少し火が通ったタコは弾力が増していて噛み切るのが難しいくらい。さらさらっと食べるお茶漬けではなく、くちゃくちゃとひたすら咀嚼する系お茶漬けです。まずくはないけれど、タコは刺身とか天ぷらが僕は良いかな(笑)

カキフライ

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

タコ料理は十分に楽しんだため、ここからは別の料理を。
まずはカキフライ。580文。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】
広島県の人気観光地、宮島。 島の14%が世界遺産と、神社仏閣や海山などの自然が見所ですが、食事も実に魅力的です。宮島の名物としてよく知られるのが、穴子と牡蠣。 今回の旅…

宮島で牡蠣を食べてからというもの、僕ら夫婦には広島といえば牡蠣というイメージが定着したようです。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

こちらで食べるカキフライも旨い!
中から溢れ出してくる旨味が詰まった肉汁がもう堪りません。ビール、ビール。

醉心(すいしん)

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

ビールをしばらく楽しんだ後は、三原の地酒「醉心(すいしん)」にシフトチェンジ。徳利大で680文。冷やでいただきます。
醉心は柔らかくてまろやかな口当たり。日本酒と共に……と残しておいた生タコ刺しを肴に飲み進めます。旨し。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

さて、メニューを改めて見ていると、六文銭の人気メニューベスト3なるものがありました。
ここから数品注文してみることにします。

豆腐ステーキ山芋とじ

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

六文銭の人気メニューNO’1という、豆腐ステーキ山芋とじ。480文。
鉄板の上でグツグツと音をたてながら登場した、豆腐ステーキ山芋とじ。見た目からしておいしそうですが、”豆腐ステーキ山芋とじ”という料理名だけでおいしいこと確定でしょう。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

たっぷりの山芋の中には鉄板で焼かれた豆腐ステーキ。
ハフハフいいながら熱々の料理をいただくわけですが、これおいしいです。柔らかいもの同士を鉄板で焼いたものなので、もんじゃを食べているような感じです。

みはら神明鶏(しんめいとり)たたき

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

六文銭の人気メニューNO’3、みはら神明鶏たたき。480文。
使われているのは三原産の鶏。前回も食べたのですが、これおいしいんですよ。日本酒との相性も◎。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

程良い弾力のある肉質に、口に入れた瞬間から鼻腔を抜ける炭の良い香り。
肉でタマネギを巻いてポン酢でいただく鶏たたき。さっぱりしていておいしいのです。

尾道ラーメン

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

料理・酒と楽しみ、〆にと注文したのが尾道ラーメン。580文。
三原のお隣の市「尾道」の名物ラーメンですが、結構いけるんです、ここの尾道ラーメン。

六文銭で生タコ刺し・タコ天・タコ茶漬のタコ尽くし!【広島三原旅】

飲んだ後の〆はやっぱりラーメンですよねぇ。
それが尾道ラーメンならなおさら◎。背脂が浮かんだ鶏ガラ醤油スープがおいしい。

タコ料理から六文銭の人気メニュー……最後に尾道ラーメンで〆た夕食。
“下町の居酒屋”と掲げている六文銭ですが、居酒屋でありながら地元の食材を使った料理がいただけるので食事をするにもGOOD。妻も満足したようで、三原旅最初の夕食を六文銭で食べることにして良かったです。

翌日から本格的に三原巡り開始。
さてさて、どんな旅になりますでしょうか。

コメントを残す

*