「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

広島三原の名物といえばタコ。
三原市漁業協同組合では、三原で獲れるタコを「三原やっさタコ」と名付けてブランド化しています。

今回、三原観光協会主催のモニターツアーに参加したのですが、その中で三原やっさタコを使った料理をいただきました。
しかも、タコをいただいたのはタコつぼ漁体験をした後。タコつぼ漁をした後にタコ料理を食べるなんて、そうそうできることではないでしょう。

そうしていただいたタコのおいしいこと!
鮮度抜群の「タコ刺し」 、タコの旨みが染みた「タコ飯」、足を丸々一本揚げているのに柔らかい「タコ天」 ……月並みな表現ですが、これまで食べたタコの中で一番おいしかったです。

タコは釣りでもかかってくることがあるので、下処理をして新鮮なまま食べていたのですが、今回食べた三原のタコのほうが圧倒的においしかった……。
タコつぼ漁というタコに負担をかけない漁の仕方や、タコ自体の質・処理方法にもよるものなのでしょうね。

ということで、今回は「三原やっさタコ」でタコ料理を堪能!の回となります。

三原市漁業協同組合でいただく「三原やっさタコ」

三原観光協会主催のモニターツアーのスタートは、タコつぼ漁体験。
なかなか見ることのできない漁に同行し、一部始終を目の当たりにできる貴重な体験となりました。

タコつぼ漁体験!広島三原の伝統的な漁を間近で見る興奮

タコつぼ漁の様子については、上記記事か動画からご覧ください。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

 

前述の通り、三原市漁業協同組合では、三原で獲れるタコを「三原やっさタコ」と名付けてブランド化しています。
地元の伝統行事「三原やっさ祭り」にちなんでいるそうです。

タコつぼ漁から戻った後、三原市漁業協同組合でその「三原やっさタコ」を使ったタコ料理を食べるというのが今回のツアーの内容。
こちらとしては、タコつぼ漁に行った後で空腹なので嬉しいかぎり。身体を動かした後の食事はおいしいですからね!ま、漁では船に乗っていただけで、特に何もしていないのですが。

鮮度抜群!歯ごたえの良い「タコ刺し」

さて、タコ料理を堪能!ということで、今回は3品いただけることに。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

まずは、タコ刺しです。
普段口にするタコはしっかりと茹でたタコが多いですからね。楽しみです。

タコ刺しというとフグのように薄切りで並べられているフォルムを想像しますが、こちらでは長めの切り身となっています。
タコ刺しって捌くの大変なんですよね。捌いたことはないのですが、皮を剥ぐのが難しいというのを聞いたことがあります。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

箸でつかんだだけでわかる弾力感。
半透明の白い身が美しく、しっかりとツヤがあります。

タコ刺しを食べてみるとすごい歯応え!最初は硬くも感じるのですが、徐々に慣れてくると噛めば噛むほど旨みが感じられてくるようになります。
じわじわとやってくるおいしさ。隣にいた方もおっしゃっていましたが、日本酒が欲しい」気持ちになります。

下町の居酒屋 六文銭|三原産の生タコと鶏たたきで名酒醉心を堪能【広島三原旅】

前日に「下町の居酒屋 六文銭」でも”生たこ”をいただきましたが、六文銭のものには吸盤がついていました。吸盤があることで、弾けるような食感がおいしく感じられたのです。

吸盤がないとその弾けるような食感は感じられないのですが、タコの旨みを素直に味わうには吸盤無しのほうがいいのかもしれませんね。
タコの刺身というだけでも、色々楽しみ方があるんですねぇ。タコさん、奥が深いのぅ。

タコの旨みが染みる「タコ飯」

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

お次はタコ料理の鉄板、タコ飯
もともとは漁師が獲ったばかりのタコを船上でぶつ切りにして、ご飯と一緒に炊き込んで食べたという漁師飯なんだそうな。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

立ち昇る湯気から感じられるタコの出汁の香りが食欲をそそります。
タコの出汁でほんのり赤く染まったご飯も綺麗で、見た目からしておいしそう。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

タコのぶつ切りがたくさん入ったタコ飯。
口の中に入れると鼻腔に抜けていくタコの良い香り。さらに咀嚼していると感じられてくるタコの旨み。よーくよーーく噛んで食べていたい料理です。

米にタコの風味と旨みがしっかりと染み込んでいておいしい!

タコつぼ漁体験!広島三原の伝統的な漁を間近で見る興奮

「三原やっさタコ」は陸揚げされた後にすぐ三原市漁業協同組合で急速冷凍されるので、旨みはそのまま保たれ、身質は柔らかく食べやすくなるそうです。
うん、おいしいです、三原やっさタコ。

足を丸ごと1本揚げた「タコ天」

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

最後に、足を丸ごと一本揚げたタコ天
見た目のインパクトもさることながら、このタコ天が特においしくて印象に残っています。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

実はこのタコ天、三原市漁業協同組合にある売店で売られているのです。
毎週日曜日のAM6:00からということで、早すぎ!と思ったのですが、タコ天を食べてみれば早起きする価値も十分あるなと納得のお味でした。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

この日は日曜日ではなかったのですが、ツアーのために特別に開けてくれていました。
目の前で次々と揚げられていくタコ天。これはおいしいに違いない。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

こちらが三原市漁業協同組合名物のタコ天。
やはり天ぷらは揚げたてが一番。先ほど揚げられているところを見たばかりのものをいただきます。

「三原やっさタコ」料理で絶品蛸三昧!タコ刺し・タコ天・タコ飯!【広島三原旅】

ではでは、大きなタコ天をガブりと。
タコなので噛み切るのが難しいかと想像して噛り付いたのですが、タコの身は実に柔らかく、簡単に噛み切ることができちゃいます。

味はもう絶品!サクッとした衣の中に、噛むほどに旨みがにじみでてくるタコ。旨すぎ。
足が丸ごと1本揚げられているものが3本もあったのですが、ペロリと平らげてしまいました。

こういった料理は、身が噛み切れずに中身だけが全て先に出てきてしまったりするのですが、このタコ天はタコが柔らかいのでそういったことも起きません。
三原に行ったならぜひ食べていただきたい、おすすめの一品ですよ。

まとめ

三原観光協会主催のモニターツアー。
タコつぼ漁体験の後にいただいたタコ料理はもう絶品でした。

名物というだけあり、三原のタコは旨みが強くおいしいものばかり。
こんなにタコづくしの料理を食べたことがなかったのですが、タコ料理自体が好きになってしまうくらいの体験となりましたよ。

http://miharashi-gyokyou.com/shopping.html

「三原やっさタコ」は上記のページより、電話・FAXで購入を受け付けているようです。
おいしいのでお試しあれ!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 広島 グルメ 和食 日本

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*