台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

すっかり気に入ってしまった台中第二市場
妻と訪れた初めての台中ですが、旅初日に訪れた第二市場の雰囲気に魅了され、2日目の朝に再訪することに。

朝食にと大根餅(菜頭粿)ともち米の腸詰(糯米腸)を食べたのですが、魅力の尽きない第二市場の店をもっと回ってみたく、1人前を2人でシェアする形にしました。

ハシゴ飯をする店を求めて第二市場の中を巡り、気になったのが「承記米苔目」というお店。
こちらの店もまた、地元民と思われる方々が朝食をとっていてローカル感満載。小さなカウンター席に座り、朝飯第二段開幕です。

食べたのは肉煻麺。これまたシェアして食べようとしていると、お店に立つ優しいおかあさんが取り皿にと器を出してくれます。
さらにオススメということで肉圓湯も食べてみるとこれがまたすごく旨い。料理がおいしく雰囲気も良い素敵な店だったのでした。

連日訪れた台中第二市場でハシゴ飯!

妻との台中旅。
その旅中、初日・2日目と連日訪れたのが台中第二市場でした。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!
初めて訪れた台中。 その台中で初の食事、朝食で食べた魯肉飯が良い意味で想定外の絶品魯肉飯でした! 魯肉飯というと"煮込み豚肉かけ飯"と言われるように、細かく刻まれた豚のバラ…
台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!
台中に行くなら食事は台中第二市場で! 豊富な種類の料理店があり、地元民が食事する中でローカルな雰囲気を感じながら食事できるので本当にオススメ。 妻との台中旅。 僕らはその…

初日は山河魯肉飯で魯肉飯と肉燥飯、2日目朝は王記菜頭粿糯米腸で大根餅セットをいただいた僕ら。
今回は2日目朝に大根餅セットを食べた後のこと。大根餅セットは1人前にしてシェアする形にし、さらに第二市場の店で食事をしてみようとハシゴ飯に出かけることにしたのでした。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

さて、朝からハシゴ飯をしようと鼻をクンクンさせながら良さそうな店を探す食いしん坊夫婦。
賑わっている市場内をグルグルと巡り、ひとつの店の前で立ち止まったのでした。

第二市場内にある「承記米苔目」で台中朝食第二段

その店の名は「承記米苔目」。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

“麺”という文字に惹かれました。麺物が食べたかったんですよね。
すでにお客さんでほぼいっぱいだったのですが、2席空いていたカウンター席に着席。台中ローカル朝飯第二段の始まりです。

Google mapだとちょっとピンの位置が違うように思いますが、一日目に訪れた山河魯肉飯の近くにあります。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

料理のメニューは店の看板と共に書かれています。麺が食べたかったので「肉煻麺」を注文。指差しでは難しかったので、紙に書いて伝えました。
氷菓子なんかのデザートでも知られる店のようですが、夏にしかやっていないとのことでした。この日も23℃と十分暑かったんですけどね。残念。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

他のお客さんが去ってから写真を撮ったのですが、カウンターはこんな感じ。
ふらっと訪れてサッと朝食を食べるのが粋な感じでしょうか。ではでは、僕らもいざ。

とろみのあるスープがたまらない肉煻麺!

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

こちらが注文した肉焿麺。50台湾ドル(約185円)です。
料理名にある”焿”という文字は、とろみのあるスープなんかに使われるそうです。「肉のあんかけ麺」とかが日本語にするなら近いのかしら。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

一口ズズッといってみると、スパイスはそれほどきつくなく、醤油あんかけといった感じのやさしい味。
台湾らしい柔らかい食感の煮麺がとろみのあるスープによく絡んでおいしい!

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

肉は粗めのつくねといった感じ。
やさしめな味の麺の中に、アクセントを加えてくれる重要な具材ですね。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

やさしい味を楽しんだ後は、テーブルに置かれた調味料を加えて味を変えてみるのも良し。

おいしいねーと妻と2人ひとつの椀に箸を伸ばしていると、店に立つおかあさんがお椀を手渡してくれました。
さらに肉圓湯を指差して「おいしい」と笑顔で教えてくれたので、たまらず肉圓湯を追加注文。

モッチモチの肉団子が旨い肉圓湯

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

おかあさんオススメの肉圓湯。55台湾ドル(約200円)。
透明度が高いスープに青菜が浮かんでいますが、底には肉団子が沈んでいます。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

こちらがその肉団子。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!
龍山寺近くにある下町風情色濃いローカル感満点の市場、東三水街市場(新富市場)。 食品から生活用品・衣類など様々な商品が揃っている市場では、精肉店の隣がランジェリーショップだっ…

肉圓と聞くと、台北で食べた千と千尋に出てくるような透明の皮に包まれた肉まんのようなものをイメージしてしまいますが、こちらの肉圓はパッと見は白玉のよう。

台中第二市場の承記米苔目で肉煻麺に肉圓湯!モチモチの肉圓旨すぎ!

この白玉のような肉団子、齧ってみるとまさに白玉のような歯触りなのですが、中からしっかりと味付けされたひき肉をベースにした餡が出てきました。
餡には香辛料も効いており旨味がたっぷりなのですが、白玉のような皮がやさしく包んでくれるので、肉団子としての完成度が高い感じです。これは旨い。

スープは台湾らしい薄い塩味。このやさしい味のスープが好きで、僕ら夫婦は台湾にくると大抵注文するのです。

まとめ

いやぁ、連日訪れてしまいました、台中第二市場。
台中で食事するなら台中第二市場。これ、間違いなしでしょう。

今回の旅中、台中第二市場で食事をした店は3店。
今回食事をした承記米苔目も含め、どの店も料理がおいしく、ローカルな雰囲気が感じられる素敵な店ばかりでした。

台中に行くなら、ぜひグルメ天国の台中第二市場に訪れてみてくださいね。

※記事内では1TWD(台湾ドル)を記事執筆時のレートの3.7円で計算しています

僕が台湾旅行の際に使っているアプリ!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 台湾 グルメ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*