関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

関空→京都が1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利

春秋航空日本(スプリングジャパン)の500円チケットが手に入ったので、ちょいと京都旅。

成田国際空港から関西国際空港へと移動したわけですが、若干悩んだのが関西空港から京都へ出る手段。リムジンバスや特急電車……いくつか方法はあるのですが、できれば安く済ませたいもの。

そこで利用したのが、京都アクセスきっぷ。片道1230円とリーズナブルなのです。

行きは京都アクセスきっぷ、帰りは関空アクセスきっぷが最安のアクセス方法

スプリングジャパンのキャンペーンで手に入った500円航空券。

春秋航空日本の500円航空券で関西に行ってきたよ(スプリングジャパン)

その航空券を利用して訪れることにした、京都。まずは成田空港から関西空港に移動します。
今回綴るのはその関西空港から京都へのアクセスについてです。

関西空港〜京都間のアクセス方法

関西空港〜京都間のアクセス方法はいくつかあります。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

まず、最速なのは特急列車を利用する方法。
関空特急はるかを利用すれば1時間半弱で移動できますが、片道2,850円かかります。

次に思い浮かぶのはリムジンバス。
こちらは少し安くなって片道2,550円。移動時間は1時間半強となっていますが、道路状況などで変わるかもしれません。

そして今回僕が利用した京都アクセスきっぷ。
京都アクセスきっぷは電車をお得に利用出来る切符で、2回乗り換えが必要と移動時間は2時間ほどかかるものの、片道1,230円と他に比べ格段に安くなっています。
ちなみに、関西空港から京都への切符は「京都アクセスきっぷ」、京都から関西空港への切符は「関空アクセスきっぷ」と名称が変わります。

 

京都アクセスきっぷの利用方法

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

関西国際空港に到着したら、案内に従って駅へと向かいます。空港と直結になっているのですぐわかりますよ。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

駅にある切符売り場で「京都アクセスきっぷ」は購入できます。
「おトクなきっぷのご案内」という枠に、乗り放題チケットなどと一緒に案内されています。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

こちらが京都アクセスきっぷ。
関西空港から天下茶屋駅への南海電鉄の切符と、地下鉄天下茶屋駅から阪急天六経由京都線への切符がセットになっています。

京都アクセスきっぷで関西空港から京都へ!

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

まずは関西空港から南海電鉄で天下茶屋(てんがちゃや)駅に向かいます。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

天下茶屋までは45分ほど。ここで地下鉄に乗り換えます。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

案内に従って地下鉄へ。ここからはもう1枚の切符を利用します。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

旅先で電車に乗ると雰囲気が違って面白いですね。高級な感じのする内装で驚きました。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

天下茶屋駅を出たあとは、淡路駅で乗り換えです。ここから京都線に乗って京都へ向かいます。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

関西空港から乗り換え2回、2時間ほどで目的地の大宮駅に着きました。

関空〜京都間が片道1230円!京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷが便利!

帰りは、河原町駅などの窓口で同様の切符が購入できます。名称が「関空アクセスきっぷ」となっているのでご注意くださいね。

まとめ

関西空港〜京都間が片道1230円で電車移動できる、京都アクセスきっぷと関空アクセスきっぷ。時間は2時間ほどかかりますが、費用を抑えたい方にはおすすめの移動方法です。

注意点としては、乗り換えがあることと人が多く乗ることもあるため、荷物が多い場合には向いていないということ。スーツケースなどがある場合は、特急列車等の方が楽に移動できるかと思います。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 京都 日本

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*