読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog 〜イズログ〜

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、旅行記やグルメ情報について綴っているブログです。

MENU

『ミルミレ(Mirmire) 浅草店』絶品カレーと異国の雰囲気 ネパール・インド料理

グルメ

f:id:islog:20160117162214j:plain

歩き回ってようやく出会った、Y字路にあるネパール・インド料理屋

休日、用事があって上野に妻と訪れたのですが、用が済んだあとに周辺をぶらりと歩くことにしました。
これまで歩いたことのない道を歩くのが好きなのです。
目的は特になくてもいい。

古くからの民家やお店があって楽しいだろうと、浅草方面に向かうことにします。

Y字路に佇む異国の店 Mirmire(ミルミレ)

神社をお参りしたり脇道に逸れたりと、上野から2時間ほどかけてようやく浅草周辺に着いたため、辺りも暗くなっていました。
そろそろ夕食をいただく場所を探そうか、とお店を覗きながら歩きます。

以前訪れて美味しかった『宿六』も思い浮かんだのですが、いやいやこういうふらっと散歩したときは出会いが大切と、出会いを求めてお店を探すことにしました。

お店に出会うときの条件は完全にフィーリング。
妻と僕のアンテナに「おっ」と引っかかった店に入ります。

何が食べたいかももちろん大切なのですが、店構えや雰囲気も重要。

そんなこんなで浅草を歩き回っていたのですが、この日のアンテナにはなかなか引っかからず。
1時間ほど歩いたでしょうか。

お腹も減ってきて近くのお店でも良いかな、と妥協案も考え始めたところに、気になる佇まいのお店に出会いました。

f:id:islog:20160117162259j:plain

Y字路に佇む異国の雰囲気のあるお店。

横尾忠則さんのY字路を思い出します。
どこか絵的でした。

近づいてみるとネパール・インド料理との表記が。

即決でこのお店にしました。

引き戸を開けて入ると、ご主人が笑顔で迎えてくれます。

店内は狭く、細いテーブル席もありますがカウンター席がメイン。
名前が書かれたボトルも置かれているので、バルのような感じで使われているのでしょうか。

店内も異国の雰囲気がありますね。

ご主人がメニューを手渡してくれたので、早速メニューを見てみます。

f:id:islog:20160117162302j:plain

f:id:islog:20160117162303j:plain

おお、手書きだ。
頑張って書いたのでしょうね。

  • マトンサグカリー
  • バターチキンカリー
  • ガーリックライス
  • インドビール(ボス)

を注文しました。

インドビール(ボス)

お水を出していただいたあと、ビールが最初にくるかなと待っていると、ご主人が何かを炒め始めました。
カレーと一緒にビールを出すスタイルなのかと思いきや、炒めてくれていたのはお通しでした。

f:id:islog:20160117162305j:plain

チキンや大根、キノコをカレーなどのスパイスで炒めたもの。
味が濃いのもあるのですが、ビールが止まらなくなります。
ご飯にのせて食べたい旨さ。

f:id:islog:20160117162306j:plain

そしてビールはインドビール(ボス)です。
初めて飲みましたが、甘みがありつつさっぱりしているので、香辛料強めの料理に合います。

ビールを出してくれた後にご主人がカレーの調理にとりかかってくれたのですが、カレーがくるまでにビールとお通しを空けてしまいました。
素晴らしいスタート。

カウンター席は、調理の工程を見れるのがいいですね。
様々な調味料をいれているのがよくわかりました。

マトンサグカリー

f:id:islog:20160117162307j:plain

羊肉のほうれん草カレー、ですね。
僕、マトンの独特の匂いが好きなのですよ。

まずルーをいただいてみると、ほうれん草のマイルドさの中に、マトンの独特の味わいが主張しています。
鼻腔に抜けるスパイスの香りと、後からやってくる辛味が後をひきます。

マトンは、やはり美味しい。

バターチキンカリー

f:id:islog:20160117162309j:plain

マトンサグカリーに比べると上品な感じのする、こちらもマイルドなカレーです。
辛味はそれほど強くなく、バターの甘みや旨みが強く感じられました。

2つともそれぞれ特徴があって美味しい。

ガーリックライス

f:id:islog:20160117162311j:plain

そして、カレーとともにいただいていたのがガーリックライス。
綺麗な見た目がなんとも嬉しいですね。

サフランライスをその場でガーリックと炒めてくれたので、ガーリックがとても香ばしく、食欲をそそります。
そのまま食べても美味しい。

そんなガーリックライスにカレーをかけていただく幸せ。

まとめ

空腹だったのもありカレーを一気に平らげると、僕が満足そうな顔をしていたのか、ご主人が柔らかい笑顔をくれました。
そして、「食後の紅茶だしますね」とチャイをだしてくれます。

f:id:islog:20160117162312j:plain

砂糖は自分で追加するスタイルだったので、そのままいただきました。
スパイシーな料理を食べた後のチャイ、至福です。

最初のお通しから始まり、食後のチャイと、なんだか思いやりのあるお店だなと感じます。
次はお酒メインで行ってみようかしら。

 

カレ-放浪記 [ 小野員裕 ]

カレ-放浪記 [ 小野員裕 ]
価格:1,512円(税込、送料込)

 

不器用なカレー食堂 [ 鈴木克明 ]

不器用なカレー食堂 [ 鈴木克明 ]
価格:1,620円(税込、送料込)

 

次回予告

「はみ出さないようにしようとするな」習字の先生に教わった大切なこと
RSS購読 rss-button-off

ミルミレ 浅草店ネパール料理 / 浅草駅(つくばEXP)入谷駅
夜総合点★★★☆☆ 3.5