『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

もはやエンターテインメント。

珍百景やアド街などテレビ番組でも紹介された『立石バーガー』。
正直テレビをほとんど見ないほうなのでよくわからないのですが、メディアにとりあげられたのはそのユニークな仕掛けによるものかと。

面白い、パン屋さんなのです。
ご主人の工夫たっぷりの。

立石バーガーへ

立石バーガーは、立石と言いつつ、堀切にあります。
東京都葛飾区堀切。
僕の実家も同じ住所なので、完全に地元でございます。

最寄り駅は京成線堀切菖蒲園駅。
歩いて6〜7分とくらいでしょうか。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

なんとも不思議な佇まいの立石バーガー。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

近づいてみても、「やってます?」とちょっと疑いたくなる感じ。
十数年ぶりに来たのですが、雰囲気が落ち着いた感じがします。
以前は、知らない人には「怪しい」と感じされるくらいの雰囲気がありました。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

代名詞だった自販機は今は止めているようです。
こちらのお店、ご主人が色々と仕掛けをされる方で、

  • 自販機 手わたし
  • ジャンピング食パン
  • 気球的 自販機

などが以前はあったのです。
自販機と言いながら、ご主人が釣り糸を使って手動で操作していたり。
ひとつひとつ補充しているだけなので、連続して買うことはできなかったり。
「何それ?」といったものばかりなのですが、どうにも面白かったのですよ。
動いてなかったのが、ちょっと残念。

持ち帰りを考えていましたが、店内でいただくことにしました。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

店内は相変わらずユニークでございます。
いいですねぇ、雑然としております。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

昼時に行ったのですが、ショーケースの中には何も入っておらず、ショーケースの上にハンバーガーが数個並んでいるだけでした。
以前はショーケースにハンバーガーだけでなく、サンドウィッチなんかも並んでいたので、ちょっと心配。
100円バーガーもさすがになくなったのかな。

しかしながら、ご主人は相変わらず温かいお人柄でございました。
十数年ぶりに訪れたこと、堀切が地元であることを伝え「お店続けて長いですよね」と聞くと、「やってること変わらないですけどね」と柔らかい笑顔が。
ああ、良かった。

  • ロイヤル立石バーガー
  • 牛すじバーガー
  • フライドポテト
  • コーラ

を注文しました。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

ご主人がハンバーガーを皿にのせてくれるので、席の横にあるレンジで温めます。
ビバ、セルフ。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

待っている間にコーラで乾杯。
ハンバーガーには、コーラ。

ロイヤル立石バーガーと牛すじバーガー

さてさて、レンジで温めたハンバーガーも食べ頃。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

ロイヤル立石バーガーです。

バンズにパティとレタスとトマトがはさまれています。
こちらのお店、バンズもパティも手作りなので、バンズはふわふわ、パティは肉の味がしっかりとしています。
いわゆるハンバーガーというよりは、パン屋さんの惣菜パンに近いです。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

牛すじバーガーでございます。
牛すじの他にレタスとオニオンがはさまれていました。
牛すじがとろっとしていて、和風ハンバーガーといった具合でおいしい。

店の風貌や仕掛けに目がいきがちですが、ちゃんとおいしいのです。
本格的なハンバーガー食べたい方には物足りないかもしれませんが、惣菜パン好きなら嫌いじゃないはず。

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

フライドポテトはご主人がフライパンで揚げておりました。
チープな味。
それが、いい。

まとめ

『立石バーガー』テレビでも紹介された珍スポットに十数年ぶりの再訪

ハンバーガーにかじりつきつつ、店内を見渡したり、外を眺めたり。
流れているラジオと、仕込みをしているご主人。
どこかノスタルジックな気持ちでございました。

食事は食べるものはもちろん大事ですが、どこで食べるかも大切だな、と。

地元堀切の中でも一等ユニークなお店。
堀切に寄ることがありましたら、是非。


立石バーガー

■住所
東京都葛飾区堀切3-17-15

■TEL
03-3695-9133

■営業時間
11:00~18:00

■定休日
水曜日・不定休あり


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*