「釣りメシ」に関する記事まとめ

釣った魚をさばいて調理した「釣りメシ」について綴った記事のまとめ。

趣味の釣りが高じて魚をさばくことが多くなり、刺身や煮物などだけではなく、干物を作って食べることも多くなっています。干物の作り方についても綴っています。

カテゴリで絞り込む

  • カテゴリーなし

釣ったカサゴを素揚げに!骨まで食べるためのさばき方を試してみた

釣ったカサゴを素揚げに!骨まで食べるためのさばき方を試してみた
千葉県館山市にある自衛隊堤防での釣り。 夜から朝まずめまでの釣りでしたが、釣れるのは外道ばかり。 結局持ち帰ったのは終盤に釣ったカサゴ2匹。 さてどうやって食べるか悩むところですが、今回は素揚げに。 素揚げにするのであれば骨ごとバリッといただきたいところ。 でもカサゴの骨って硬いんですよね。 …
ishikawa

釣りたて小サバ・イワシの絶品フライ!千葉内房堤防で釣った魚を食す

釣りたて小サバ・イワシの絶品フライ!千葉内房堤防で釣った魚を食す
千葉内房にある馴染みの堤防への釣行。 深夜から朝まずめまでの釣りでした。 当初は穴釣りでも……と思い釣りを始めたのですが、赤潮の影響か底物にアタリがありません。 そんな中、東の空が少し明るくなってきた頃に、小サバの群れが回遊してきました。 入れ食い状態の小サバ。釣っているときは気付かなかったので…
ishikawa

千葉外房堤防で釣った小サバをしめ鯖の手毬寿司と干物に!【釣りメシ】

千葉外房堤防で釣った小サバをしめ鯖の手毬寿司と干物に!【釣りメシ】
千葉外房鴨川の堤防で釣ってきた大量の小サバ。 捌くのが大変なのでまるっと唐揚げ!とも考えたのですが、妻からのリクエストもあり、しめ鯖の手毬寿司と干物にすることに。 釣りから帰ったあとにもう一踏ん張りと魚を開いたり下ろしたり。 数が多い上にサイズが小さいので、なかなかハードなお仕事です。 これも…
ishikawa

釣ってきたムラソイを味噌汁に!フンドーキンで魚本来の味を引き出す?【釣りメシ】

釣ってきたムラソイを味噌汁に!フンドーキンで魚本来の味を引き出す?【釣りメシ】
千葉内房堤防で釣ってきたムラソイ。 釣ってきた魚を調理しておいしく食べるまでが釣り。今回はそのムラソイを味噌汁にします。 佐賀でアラカブの味噌汁を食べてからというもの、そのおいしさが忘れられず味を再現してみたいと思っていたのです。 ま、アラカブとムラソイでは魚が違いますが、味としては比較的似てい…
ishikawa

釣ってきたメバルとカサゴで煮つけ!【釣りメシ】

釣ってきたメバルとカサゴで煮つけ!【釣りメシ】
釣ってきた魚を調理しておいしく食べるまでが釣り。 この魚にはどんな味付けが合うかしら?なんて考えながら調理するのは楽しいものです。 今回の魚は、今年初の釣行、千葉内房堤防での穴釣りで釣り上げてきたメバルとカサゴ。 料理はど定番ですが、煮つけにしていきます。 甘辛い味付けの煮つけをおかずに白飯、…
ishikawa

魚の内臓の処理方法!袋に入れて冷凍すれば臭くない!

魚の内臓の処理方法!袋に入れて冷凍すれば臭くない!
"食べるまでが釣り"が僕のモットー。 釣りに行って釣果があれば、釣った魚を調理しておいしくいただきます。 そんな釣りメシの模様を記事にすると、決まって聞かれることがあります。 「魚を捌いた後の内臓はどうやって捨てています?生ゴミにするにしても臭くて。」 魚を捌くとキッチンが臭くなるから魚を捌くの…
ishikawa

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品

【釣りメシ】グレとベラのバター醤油ムニエルでお手軽一品
千葉内房の堤防で釣ってきた魚たち。 特に狙いも決めずの五目釣りということで色々な魚が釣れてきます。 基本的にはリリースすることになるのですが、針を飲んでしまいその場で死んでしまった場合などに、小さな魚を持ち帰ることがあります。 そんな魚は刺身なんかにするには身が少なく、丸ごとから揚げなどにして食…
ishikawa

さばいた魚のアラを使ってあら汁!グレ・ムラソイ編【釣り飯】

さばいた魚のアラを使ってあら汁!グレ・ムラソイ編【釣り飯】
釣ってきた魚たち。 刺身なんかにすると、頭を落とし中骨・腹骨を取り除いてしまうと残った身の少なさに驚くことがあります。 魚は頭が大きかったりするのでこういった身以外の部位「アラ」が結構多く残ります。 大きな魚であればアラを煮つけにしたりもできますが、小さな魚のアラは煮付けにしたりしても食べる部分…
ishikawa

釣ったムラソイで刺身とネギトロ!皮は湯引きにしてポン酢で【釣り飯】

釣ったムラソイで刺身とネギトロ!皮は湯引きにしてポン酢で【釣り飯】
千葉内房の堤防で釣ったムラソイ。 頭が大きいこともあって小さいものは唐揚げにして食べることが多いですが、今回のムラソイは30cmとなかなか良型だったため刺身にしていただくことにしました。 身の部分は刺身にした上で、他の部位も調理して食べてみることに。皮は湯引きにしてポン酢で、中骨に残った中落ちでネギ…
ishikawa

グレ(メジナ)の湯霜・焼霜造り!皮の旨味が◎な刺身【釣り飯】

グレ(メジナ)の湯霜・焼霜造り!皮の旨味が◎な刺身【釣り飯】
千葉内房堤防釣りでの釣果。 その中から、今回はグレ(メジナ)を刺身でいただきます。 釣り上げた後すぐに血抜きして氷締めにしたので自宅に持ち帰ってからも新鮮。 3枚におろしてから刺身でと考えていたのですが、刺身は刺身でも、今回はちょっと違った食べ方を試してみることに。 試してみたのは湯霜造りと焼霜…
ishikawa

釣ったケンサキイカを捌いて絶品刺身!鯖・アジはしめ鯖と干物にして釣りメシ

釣ったケンサキイカを捌いて絶品刺身!鯖・アジはしめ鯖と干物にして釣りメシ
茨城県鹿嶋の堤防夜釣りで釣り上げたケンサキイカ。 ようやく釣ることのできた念願のターゲット。イカを釣りで狙っていたのも、食べたらおいしいであろうことが確定しているからでございます。 そのケンサキイカは、捌いた後に定番の刺身でいただくことに。 また、妻の希望で、卵の黄身を絡めた卵黄和えも試してみま…
ishikawa

釣ったアナゴで煮穴子と白焼きのあいのせ重!ショウジンガニとカワハギの味噌汁も

釣ったアナゴで煮穴子と白焼きのあいのせ重!ショウジンガニとカワハギの味噌汁も
千葉内房の堤防での夜釣り。 台風の影響もあり若干荒れている真っ暗な海で、猛烈な引きがあってもメーター級のエイばかり。 そんな中、諦めかけていたところにかかってきたのがアナゴ。 長年通っている行きつけの堤防でしたが、アナゴが釣れたのは初めてでした。 サイズを測ってみると65cm。 おそらくクロアナゴ…
ishikawa

釣りでもらったアイゴと石鯛の干物!炭火で焼いて食せば旨い!

釣りでもらったアイゴと石鯛の干物!炭火で焼いて食せば旨い!
三浦半島の南西にある三戸浜堤防での釣り。 珍しく神奈川県への釣行でしたが、釣果はふるわず小型のイシダイが数匹。 釣果を持ち帰っておいしい魚を食べるまでが釣りの楽しみ。 そう考えている僕は寂しい気持ちでいたのですが、そろそろ納竿かなと思っていたところに神様が降臨しました。 隣で釣りをしている方が…
ishikawa

釣ったテナガエビでエビチリ!一度素揚げにすると殻付きでも旨い!

釣ったテナガエビでエビチリ!一度素揚げにすると殻付きでも旨い!
シーズンも終盤。 夏の終わりを感じさせる夜風に誘われてのテナガエビ釣り。 釣ったテナガエビは、いつも通り泥抜きして調理。 しかし、テナガエビ料理定番の素揚げには飽きてきたところ。何か他の調理方法を試したいところです。 テナガエビは殻付きのままいただくことになるので、油で揚げるのが一番おいしかっ…
ishikawa

テナガエビ料理パート2!釣ったテナガエビでパエリア

テナガエビ料理パート2!釣ったテナガエビでパエリア
気軽に近所の川で楽しめるテナガエビ釣り。 ここのところ海釣りに行けない日々が続いているので、江戸川でのお手軽フィッシングを楽しんでおります。 テナガエビは数日泥抜きをしてからおいしくいただくわけですが、代表的なテナガエビ料理といえば素揚げ。 パリパリとした食感と海老の旨味が後を引くビールのお供に…
ishikawa

釣ったテナガエビを食べる!素揚げにアヒージョ…絶品海老料理

釣ったテナガエビを食べる!素揚げにアヒージョ…絶品海老料理
江戸川の千葉県市川市付近で釣ったテナガエビ。 そのテナガエビを、泥抜き後に下処理をしてから調理をして食べてみました。 これがとにかくおいしくてですねぇ。 臭みはまったくなく、当たり前なのでしょうが「海老の味がする!」と夢中になって食べてしまいました。スーパーで買ってくる海老と遜色ありません。 …
ishikawa

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

釣ったマダコをタコ飯とタコの煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い
千葉館山相浜港の堤防で釣ったマダコ。 その釣りたてのタコをタコ飯と煮物にしてみたところ、これがおいしくてですね。 イワシをエギに巻いての釣りで、狙っていたのは実はイカだったのですが、タコでもやっぱり嬉しいもの。 釣りは釣る時も楽しいですが、食べておいしいものが釣れればなおのことですからね。 タ…
ishikawa

釣ったヒラメの薄造り・潮汁と小サバの天ぷら…〆はヒラメ茶漬け!

釣ったヒラメの薄造り・潮汁と小サバの天ぷら…〆はヒラメ茶漬け!
ヒラメは釣りたてよりも寝かせたほうが旨い! 千葉館山の相浜港での堤防釣りで先輩が釣った特大70cmのヒラメ。 釣りから戻った後、釣りたてをさばいていただいたわけですが、ブリブリ・コリコリとした食感を味わえるのは釣り人の特権でしょう。 ただ、そのおすそ分けしてもらったヒラメの冊を翌日食べてみたのです…
ishikawa

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能

釣った特大ヒラメをさばく!刺身と寿司にして肝醤油で堪能
千葉館山の相浜港での堤防釣りで先輩が釣り上げたヒラメ。 これが70cmの特大サイズ。血抜き後で3.3kgと、クーラーボックスにもギリギリなんとか入る大きなヒラメちゃんでした。 釣りから帰った後、先輩のご好意でそのヒラメを一緒にいただけることになりました。 いざ実食!と楽しむ前に、まずはさばかなくてはいけ…
ishikawa

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食

メバルの漬け丼とクジメの天ぷら+カニの味噌汁で釣りメシ定食
今年初の海釣りでの釣果、メバルとクジメとショウジンガニ。 釣りの醍醐味は、釣った魚をおいしく食べられること。僕の中では、食べるまでが釣りなわけです。 ということで、釣ったその魚たちをそれぞれ違う方法で調理して食べることに。 メバルは刺身にして、クジメは唐揚げ? ショウジンガニはやっぱり味噌汁だよな…
ishikawa