音やばい!DORIAN CONCEPTの超絶技巧

僕は通勤時など一人で行動するときは必ず音楽を聴いています。
日々聴く音楽は変わるのですが、最近は知人に教えてもらったDORIAN CONCEPTがヘビーローテーションになっています。

見ていても聞いていても楽しい。気持ちいい。

YouTubeで見だすと止まらんよ

DORIAN CONCEPTはウィーン生まれのプロデューサー、オリヴァー・トーマス・ジョンソンによる音楽プロジェクトです。
YouTubeで公開したmcroKORGの即興演奏動画で高い注目を集めました。

これ、

とか、

これ。

もう、楽しいよ。気持ちいいよ。

独学のキーボード奏者/マルチ楽器奏者であるドリアン・コンセプトは、ザルツブルク応用科学大学でサウンド・デザイン&ミュージック・プロダクションを学び、独自のスタイルを確立する。2006年頃からYouTubeでシンセサイザーの即興演奏の模様を収めた動画シリーズ「Fooling Around on mcroKORG」(現在では計100万回の視聴回数を記録)を公開するや否や、ベンジ・Bやジャイルズ・ピーターソン、メアリー・アン・ホブスといったトレンドメーカーたちの目に留まるなど、瞬く間にその名を轟かせる。2009年のデビュー・アルバム『When Planets Explode』がアンダーグラウンドで高い評価を得る一方、ライヴ・ツアーで世界中をまわるようになり、さらにフライング・ロータスのライヴ・メンバーとしても活躍。極めつけは、長年憧れていたザ・シネマティック・オーケストラのメンバーとして、由緒あるロイヤル・アルバート・ホールのステージも経験している。日本でも2011年と2012年に2年連続で【SonarSound Tokyo】に出演し、フライング・ロータス、ザ・シネマティック・オーケストラと共演、ソロ・パフォーマンスでも入場規制がかかるなど、その実力と注目度の高さを証明した。

引用元:www.beatink.com

超絶技巧とか見ているとウィーンの生まれでもあるからか、どうやってこういうスタイルになってきたかが気になります。
話してみたい。

最新作もいい

Joined Ends [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC440)

Joined Ends [帯解説・ボーナストラック1曲収録 / 国内盤] (BRC440)

  • アーティスト: Dorian Concept,ドリアン・コンセプト
  • 出版社/メーカー: Beat Records / NINJA TUNE
  • 発売日: 2014/10/15
  • メディア: CD
  • この商品を含むブログを見る

最後にとびきりにイカしたやつを。

お楽しみあれ!

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*