佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

妻との佐賀旅。
今回の佐賀での旅では訪れてみたい場所がありました。

それが祐徳稲荷神社(ゆうとくいなりじんじゃ)。
日本三大稲荷の一つに数えられ、年間300万人もの参詣者が訪れるという神社です。

佐賀に訪れたからには、是非とも行っておきたい場所。
僕らは佐賀旅の締めくくりを祐徳稲荷神社とし、レンタカーで佐賀県鹿島市へと向かったのでした。

ここでは、祐徳稲荷神社にある無料駐車場と、神社に行くまでの通りにある祐徳稲荷神社門前商店街について綴ります。

佐賀県唐津市から鹿島市にある祐徳稲荷神社へ

唐津市内周辺での観光や呼子での海鮮料理を中心とした贅沢な食事、高島での離島体験などなど、ここまでの佐賀旅を存分に楽しんできた僕ら。

佐賀記事一覧

その旅行もいよいよ最終日。
東京へと戻る飛行機に乗るのは午後の予定だったため、午前中の時間を祐徳稲荷神社に使うこととしました。

今回の佐賀旅では、初日から最終日まで通してレンタカーを利用していたため、宿泊していたホテルがある唐津市から鹿島市にある祐徳稲荷神社へと車で向かいます。
祐徳稲荷神社までは約1時間半ほど。佐賀ののんびりとした風景を楽しみながらのドライブとなりました。

祐徳稲荷神社には3,000台収容の無料駐車場があるので安心

さて、車で訪れる際に気になる駐車場ですが、祐徳稲荷神社ではその心配はほぼ無用。
3,000台収容(公式ウェブサイトより)という無料駐車場が神社近くにあります。

無料駐車場は、

  • 鹿島市観光協会のある県道282号線沿い
  • 神社目の前の神橋の正面

の2か所にあります。
上記地図は前者の鹿島市観光協会があるほうの駐車場を示したものですが、こちらの方が若干神社には遠くなるものの、行き帰りに商店街を通る形になるので楽しめるかと思います。

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

朝一で訪れたため、ほとんど他に参拝者はいませんでした。
それにしても広い駐車場です。年間300万人の参詣者が訪れるということがうかがえますね。

なお、トイレもありますので安心です。

祐徳稲荷神社門前商店街を通って神社へ

今回僕らは、鹿島市観光協会があるほうの駐車場に車を駐車しました。

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

駐車場の目の前の県道282号線には、神社方面に「表参道」と書かれていますので、道を間違う心配はなさそうです。
ここからが祐徳稲荷神社門前商店街。道の両側に土産物屋などが並びます。

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

まっすぐと道を進んでいくと石の鳥居があります。
ここから奥が、神社近くといった雰囲気が感じられる店が並ぶ、祐徳稲荷神社門前商店街で特におすすめの場所。

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

昭和っぽい感じも受けるレトロな店が並ぶ神社前の通り。
土産物を中心としたものを販売。こちらで柚子胡椒を購入したのですが、とてもおいしいのでおすすめですよ。

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

所狭しと商品が並ぶ店内。
外観よりも店は奥に広く、店内で食事できるところもあります。

このうちの一店で食事をしました。そのことについてはまた次回の記事にて。

まとめ

佐賀県鹿島市にある祐徳稲荷神社へ|無料駐車場や商店街について

祐徳稲荷神社門前商店街に並ぶ店を見ながら歩いていくと、通りの最後に朱の鳥居が建っています。
ここが祐徳稲荷神社への入口です。

多くの参拝者が訪れるということだけあり、無料駐車場完備で参拝しやすい神社でした。
祐徳稲荷神社門前商店街があることで、土産物の調達や食事もできるのでいいですね。

祐徳稲荷神社門前商店街での食事や祐徳稲荷神社への参拝については、また別の記事にて綴ります。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*