よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

妻との佐賀旅2日目。
早朝より僕らが向かったのは、日本三大朝市のひとつである呼子朝市です。

朝市に着いたのは、朝市が始まったばかりの7時半。
朝市周辺で朝食をと考え朝食をとらずにホテルからレンタカーで直接向ったものの、朝市の開始が7時半なのにもかかわらず、なぜか朝市周辺の食堂やレストランの大半が10時過ぎのオープンでした。

これは10時過ぎまで朝食はお預けか…?と肩を落としつつ朝市通りを歩いていると、暖簾をかけている食堂を一軒発見。
朝市の中程にある「よしや食堂」でした。

「朝食できます」の貼り紙に加え、佐賀で一度食べてみたかった”アラカブのみそ汁“の文字が店頭に貼られていました。
困っていたところにこの食堂。迷いなく店内に入ると、迎えてくれたのはお一人で店を切り盛りするおかあさん。店内の雰囲気は”ザ・大衆食堂”です。

アラカブの味噌汁定食を注文したのですが、甘みのある九州の味噌にアラカブ(カサゴ)の出汁がしっかりと効いた味噌汁はとにかく旨いのでした。
海沿いの町に訪れた実感も強く湧く、理想的な朝食となりましたよ。

呼子朝市の朝市通りにある大衆食堂「よしや食堂」

僕らが朝市に着いたのは7時半。

呼子朝市(日本三大朝市)へ!朝市周辺の見所や駐車場情報【佐賀旅行】

上記記事内でも触れていますが、ガイドブックなどでは呼子朝市の開催時間が朝7時半からとなっているのですが、7時半に僕らが訪れた際には朝市通りに並ぶ店はまだほとんどが準備中でした。

また、前述の通り、朝市の開始が7時半なのにもかかわらず、なぜか朝市周辺の食堂やレストランの大半が10時過ぎのオープン。
朝食を朝市周辺でとることを考えていた僕らにはショックな情報でした。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

朝市に並ぶ店が準備中だったので周辺を散策していたのですが、周辺の店のオープンにも早いことがわかったので、再び朝市通りに戻ってきた僕ら。
そこでたまたま見つけたのが「よしや食堂」だったのでした。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

暖簾がかけられている安心感。そこに「朝食できます」の貼り紙が後押ししてくれます。
それに加え、”アラカブのみそ汁“の文字が僕にとっては魅力的なものでした。

佐賀を中心に活動しているYouTubeチャンネル「釣りよかでしょう。」でもおいしいと評判のアラカブの味噌汁。
これは食べない手はないでしょう。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

店内はまさに大衆食堂そのものの雰囲気。
お一人で店を切り盛りするおかあさんが気持ち良く迎えてくれます。

注文したのは「アラカブの味噌汁定食」。呼子名物のイカなどの刺身ものは、昼食にとっておこうと注文しませんでした。
とにかくアラカブの味噌汁が楽しみ!とワクワクしながら、調理しているおかあさんの背中を眺めつつ料理の到着を待ちます。

アラカブの味噌汁定食

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

こちらがアラカブの味噌汁定食。980円。

メインであるアラカブの味噌汁に加え、白飯・アジのみりん干し・冷奴・ひじきの煮物・おしんこがついた定食となっています。
盛り付けに特徴があるわけではないのですが、料理から感じられる優しいおふくろの味の雰囲気。美味しそう。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

さて、とにもかくにもまずはアラカブの味噌汁から。
啜ってみれば思わず唸ってしまうおいしさ。東京で普段飲んでいる味噌汁とは全く違いますね。

まず、味噌から感じる程良い甘み。普段食べている塩っ気の強い味噌とは違い、香りも豊かで味わい深いです。
さらにアラカブからでた出汁の旨み。脂も程良くこれが素晴らしい相性なんです。

おかあさんに聞いてみると、塩っ気の強い味噌ではアラカブの風味がわからなくなってしまうため、九州の甘みのある味噌が合うとのこと。その説明が納得のできる味でした。
関東からの旅行者には特に喜ばれる一品だそうですよ。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

箸でつまむとほろっと取れるアラカブの身も淡白ですがおいしいですよ。
実に食べ応えのある味噌汁です。

さて、ここまで「アラカブ」とそのまま書いてきましたが、実はアラカブの正体はカサゴ。地方名ですね。
前述の「釣りよかでしょう。」の中で頻繁に登場するため、僕はその呼び名を覚えていたのでした。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

定食はアラカブの味噌汁以外の料理も美味。
特にアジのみりん干しは朝食にぴったりですね。みりん干しに味噌汁で白飯をあっという間に食べ終えてしまいました。

よしや食堂|呼子朝市で朝食にアラカブの味噌汁定食!(佐賀旅行)

ちなみに、妻は味噌汁定食を注文しました。リーズナブルな550円の定食です。

アラカブの味噌汁定食と比べると味噌汁が通常のものとなっていますが、冷奴の代わりにイカの酢味噌和えがついています。少しもらって食べてみましたが、イカが柔らかくておいしかったですよ。

まとめ

呼子朝市にある大衆食堂、よしや食堂。
地元の新鮮素材を活かした定食はおいしく、一人で切り盛りされているおかあさんの優しさが感じられる料理でした。おかあさんと話すこともでき、良い出会いとなりましたよ。

良い朝食になったことで、店を出るときには元気いっぱい。地元飯が食べられると、旅の気分も盛り上がります。
まだまだ呼子を楽しもうと、散歩することにした僕らでした。次回は昼食。待ちに待ったイカ料理です。


よしや食堂 (よしやしょくどう)

■住所
佐賀県唐津市呼子町呼子3764

■TEL
0955-82-3228

■営業時間
7:00~19:00

■定休日
不定休


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*