ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

ラーメン丸源|甘みのあるスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

釣りでよく向かう千葉県の内房。
その帰りに、よく立ち寄る店があります。

君津にあるラーメン店「丸源」。
僕は君津でしか見かけたことがないのですが、全国に店舗を持つラーメン店です。

釣りをした後は疲れとともに空腹になっていることが多いのですが、その際に身体が欲するのがしょっぱい汁物。
そうなるとラーメン一択になるんですよね。

丸源の名物は肉そば。
旨味が感じられる甘みのあるスープに具はやわらかな豚肉。熟成醤油ラーメン「肉そば」は疲れた身体に染みるおいしさです。専門店というよりはチェーン店っぽい味ですが、それがまた◯。

君津にあるラーメン店「丸源」

釣りに行くと決めると、訪れることが多いのが千葉県内房。

釣り|isLog〜イズログ〜

基本的に車で訪れるので、館山道を通って行き来することが多くなります。
釣りを終えた帰り道。空腹の際には内房なぎさラインを通って「丸源」に立ち寄ります。

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

丸源があるのは君津ICの近く。
内房なぎさライン沿いに煌々とした佇まいで待っていてくれています。駐車場も広いので利用しやすいんですよね。

店内も広いので席数もたっぷり。
いつ訪れても割合お客さんは入っているのですが、待たされたことは一度もありません。

こちらでいつも注文するのが、名物の肉そばに餃子と鉄板玉子チャーハン(小)がついたチャーハン餃子セット。980円也。
釣りをした後はお腹が減るんです。

丸源名物の「肉そば」

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

まずはやっぱり丸源名物となっている「肉そば」。
これは外せません。

具は、やわらかく煮込まれた豚肉と玉ねぎ・青ネギ・海苔、それと柚子胡椒おろしです。

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

具のメインはやわらかな豚肉。
スープと一緒に煮込まれていることで、豚丼のような食感と味になっています。

麺はコシが強いものではなく、柔らかめ。このラーメンには合いますね。

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

肉そばで僕が好きなのはスープ。
やわらかな豚肉をスープで炊き込むことでスープに旨味を移しているそうで、熟成醤油の旨味と相まって後を引く味のスープとなっています。ほんのり甘みが感じられるのもまた良いのですよ。

丸源餃子(3個)+鉄板玉子チャーハン(小)

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

肉そばの他に、チャーハン餃子セットには3個入りの丸源餃子と鉄板玉子チャーハンがついてきます。
餃子は一つ一つが大きくジューシーでなかなか美味。

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

こちらが鉄板玉子チャーハン(小)。
提供される直前に、熱々の鉄板に卵が流し込まれます。

ラーメン丸源|旨味の強いスープに柔らかい豚肉…肉そばが旨い

石焼ビビンバのようにスプーンで混ぜていただきます。

こちら、おいしいはおいしいのですが、あまりに鉄板が熱すぎてパサパサになってしまうんですよね。
イベントとしてお子様には喜ばれそうですが、普通の調理済みチャーハンも用意してくれたらいいのに…と行くたびに思います。

ただ、肉そばのスープと米の相性が抜群なので、いつも注文してしまうんですけどね。

まとめ

釣り帰りによく利用する、君津にあるラーメン店「丸源」。
店の名物の肉そばは甘みの感じられるスープが癖になる、おいしいラーメンですよ。

気合いの入ったラーメン店も好きですが、こういったファミリー向けのチェーン店系ラーメンを出す店も好きなんですよね。
また、釣りをした後の身体にはここのラーメンがばっちり合うんです。塩っぱさも甘さも両方取れちゃう、ちょうどいいラーメンですw


丸源 君津

■住所
千葉県君津市外箕輪3-17-12

■TEL
0439-50-8806

■営業時間
11:00-25:00

■定休日
年中無休


カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ラーメン グルメ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*