MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

phpMyAdminでSQLをインポートしてデータベースに登録……。
ウェブサイトの移行時などに行うことの多い作業ですが、そのインポート時に「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです」とのエラーがでることがあります。

今回はMAMPを利用している際に上記エラーが出た場合の対処法についてまとめます。php.iniが編集できるようになっていれば、他の環境でも使える方法です。

phpMyAdminで「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです」とエラーが出た場合の対処法

MAMPでphpMyAdminを開き、データベースを選択後に「インポート」へと進むと、アップロードファイルの横にファイルサイズの上限が表示されているのがわかります。

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

このファイルサイズより大きいサイズのファイルはアップロードできません。

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです」というエラーメッセージが表示されてしまうのです。
では、こんなメッセージが表示された時の対処法です。

phpMyAdminのインポートファイル上限アップ手順

まずはMAMPから利用しているPHPのバージョンを確認します。

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

ここでは、「5.6.2」になります。

次にFinderから「/Applications/MAMP/bin/php/php5.6.2/conf」へと進みます。

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法

「php5.6.2」のフォルダは、先ほど調べたphpのバージョンに合わせて選ぶ形になります。続いてconfフォルダ内にある「php.ini」を開きます。

そこで、

  • post_max_size
  • upload_max_filesize
  • memory_limit

の項目のサイズを目的のサイズに変更していきます。上記のサイズは「post_max_size < upload_max_filesize < memory_limit」とする必要があります。

設定が完了したら、Apacheを再起動すれば完了です。

まとめ

ここまできたら、phpMyAdminから「インポート」画面へと進んでアップロードファイル上限を確認してみましょう。

MAMPのphpMyAdminでインポートするファイル上限をアップする方法


目的のサイズになっていれば設定成功です。

これで「アップロードしようとしたファイルが大きすぎるようです」のエラーは出さずにファイルをアップロードできるようになりますよ。

 

コメントを残す

*