釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

釣ったマダコをタコ飯とタコの煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

千葉館山の堤防で釣ったマダコ
その釣りたてのタコをタコ飯と煮物にしてみたところ、これがおいしくてですね。

イワシをエギに巻いての釣りで、狙っていたのは実はイカだったのですが、タコでもやっぱり嬉しいもの。
釣りは釣る時も楽しいですが、食べておいしいものが釣れればなおのことですからね。

タコはなかなか狙っても釣ることができないことが多いので、釣れた時は嬉しいサプライズとなります。
サプライズな獲物は、おいしくいただくことにしますよ。

釣りに一緒に行った友人のヤカンと一緒にさばいていきます。

狙いとは違うが…嬉しい釣果はおいしい料理に

前述の通り、今回の千葉館山への釣行での狙いはイカでした。

マダコが釣れた!千葉館山堤防でエギにイワシを巻いてタコ釣り

実際にイカが手前までかかってきたりと惜しいところもあったのですが、釣果としてはたまたまかかったマダコだけとなりました。
天候も悪い中ではあったので、釣果があっただけありがたいですが。

釣ったタコをさばいて調理

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

さて、こちらが持ち帰ったタコちゃん。
釣った時と持ち帰った時で色が全く違ってますね。面白いー。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

下茹ですると、よく見る赤いタコのお姿に。

下茹でする前に、タコに塩をバサっとかけてよく揉んで、ヤカンがぬめりを取ってくれました。
その後、塩をいれた湯に足からゆっくりといれていくと、足がくるっと丸まり綺麗に茹でることができます。

酢をいれて茹でるのもよく聞きますよね。
身が柔らかくなるのかしら。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

ヤカンと協議した結果、今回のメニューはタコ飯と煮物に決定。
下茹でをしたタコは、煮物用にはぶつ切りに、タコ飯用にはぶつ切りと細かく刻んだものを用意します。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

タコ飯の味付けは、水に醤油・酒・塩をいれただけ。
細かく刻んだタコを先にいれることで出汁がよくでるそうです。その上に食感良く、ぶつ切りの身を散らします。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

後は炊飯器で炊くだけです。
他の具はあまり入れずにシンプルに。炊けた後に、鰹節と刻みネギを混ぜて完成となります。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

釣りたてタコを使った釣り飯の完成。
タコ飯に煮物、和の組み合わせといたしました。

タコ飯

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

まずはメインのタコ飯。
炊き上がるとほんのり米が赤色に着色されて綺麗です。

出汁はいれずにタコの旨味での勝負。
立ち昇る湯気からはなんとも言えない良い香りが……。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

さて、パクッと一口やってみます。
うん、これは旨い。タコの旨味が米にしっかり移っています。

一気にかきこみたい気持ちと、ちゃんと味あわないともったいないなという気持ちが同時に湧いてきまして。
ぶつ切りにしたタコはしっかりとした食感で食べ応えも十分です。

タコの煮物

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

煮物は、タコを大根と新じゃがと一緒に煮込みました。
味付けは、醤油・酒・塩・昆布ダシ。

釣ったマダコをタコ飯と煮物に!千葉館山堤防で釣ったタコが旨い

こちらも大変美味。
タコ自体がおいしいのはもちろんのこと、タコの旨味が大根やじゃがいもにも染み込みまして、いくらでも食べていられそうなお味。

この煮物とタコ飯があれば他に何もいらない。
そう思える満足の釣り飯となりました。

まとめ

何度食べても思いますが、釣りたてのタコはおいしいですね。
残しておいたタコはたこ焼きにして食べましたが、タコの旨味が強いと妻にも好評でした。

今回はサプライズでタコが釣れましたが、次回はイカが釣りたいものです。
イカならイカ刺しにイカ飯ですかね。

夢は広がるばかり。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*