「ドイツ」に関する記事まとめ

主に「ドイツ」への旅について綴った記事のまとめ。

以前在住していたドイツ。アート活動をしていたその頃のことを中心に、ガイドブックなどには載っていない情報も公開しています。おすすめの美術館などについても。

カテゴリで絞り込む

  • カテゴリーなし

電車のホームで夜を明かす…ドイツの霧がかる町で過ごした長い夜

電車のホームで夜を明かす…ドイツで過ごした長い夜
気温は氷点下近く。 小さくはない駅だったためプラットホームは3つあるが、電車を待つ人は自分の他にはいなかった。 それもそのはず、時間は夜の2時過ぎ。 アパートを借りて住んでいるベルリンでは週末には夜通し電車が動いていたりするドイツだが、今いるのはドイツでも都会からは離れた場所。電車が動いているはず…
ishikawa

ドイツベルリンの無料ライヴハウスに訪れて感じた危うさと興奮

ドイツベルリンの無料ライヴハウスに訪れて感じた危うさと興奮
もう10年以上前のこと。 僕がドイツの首都ベルリンに滞在していた頃の話です。 志を共にして一緒にベルリンに渡った友人が半年ほどで日本に戻ってしまい、アパートに帰っても広い部屋で一人で過ごす時間にも飽きてきた頃。 僕は刺激を求めてベルリンの街を徘徊しておりました。 愛用していた自転車で目的地は決め…
ishikawa

壮大なケルン大聖堂!世界遺産の教会はドイツ旅行では必見!

壮大なケルン大聖堂!世界遺産の教会はドイツ旅行では必見!
ケルン大聖堂は、ドイツに旅行に行った際には是非とも訪れて欲しい場所。 ドイツの西側にある、ドイツ国内で4番目に大きな都市「ケルン」。ライン川の両岸に広がるこの都市は、オーデコロン発祥の地であったり地ビールのケルシュがよく知られていたりと魅力的な要素を多分に含んだ街ではあるのですが、なんといっても一…
ishikawa

2007年ミュンスター彫刻プロジェクトの写真を貼ってみる

2007年ミュンスター彫刻プロジェクトの写真を貼ってみる
9年前(2007年)の夏、僕はドイツの西側に訪れていた。 目的は、大規模な2つのアートイベントを巡るため。カッセルで行なわれていたドクメンタ(documenta)とミュンスターで行われていた彫刻プロジェクト(Skulptur.Projekte)だ。 ドクメンタは5年おき、ミュンスター彫刻プロジェクトは10年に1度の開催。周期が重な…
ishikawa

10年に一度!ドクメンタとミュンスター彫刻…が来年同時開催!前回の写真を貼ってみる

10年に一度!ドクメンタとミュンスター彫刻…が来年同時開催!前回の写真を貼ってみる
ドイツで開催される大規模なアートイベント、ドクメンタとミュンスター彫刻プロジェクトの同時開催がいよいよ来年に迫っている。 ドクメンタ(documenta)は5年おき。 ミュンスター彫刻プロジェクト(Skulptur.Projekte)はミュンスターで10年に1度。 周期が重なっていることで10年に1度同時開催となるため、その年は…
ishikawa

白磁器で知られるドイツのマイセン!磁器の歴史と中世の街並み

白磁器で知られるドイツのマイセン!磁器の歴史と中世の街並み
ドイツの東側、ザクセン州にある街マイセン。 ベルリンにいた頃に何度か訪れた場所です。 ベルリンから列車で3時間弱ほどで行けるので、家族が来たときに案内したり、友人と何度か訪れたりと、思い出の街なのです。 「マイセン」と聞くと思い浮かぶのは白磁器かと思います。 世界的に有名な磁器ですが、その名は発祥…
ishikawa

Tacheles(タヘレス) – ベルリンのアーティストが集まった廃墟

Tacheles(タヘレス) - ベルリンのアーティストが集まった廃墟
Kunsthaus Tacheles (アートハウス タヘレス)という名のドイツ・ベルリンに存在した建物をご存知でしょうか。 2012年に残念ながら閉鎖されたしまったのですが、いたるところでアートに触れられるベルリンにおいても、そのアーティスティックな存在感は際立っていました。 2014年に訪れたときには入り口にチェーンが巻か…
ishikawa

【手記】ジャーマンレイルパスを利用してドイツ各地を巡ったときのコト

【手記】ジャーマンレイルパスを利用してドイツ各地を巡ったときのコト
クローゼットの中をがさごそと探し物をしていると、古い手帳がでてきた。 探し物とは違う掘り出し物。 ちょっと中を……とページをめくって覗いてみると、思い出される懐かしき日のこと。 僕がドイツに行ったばかりのときに使っていた、手帳。 もう10年近く前の2007年の手帳だ。 ドイツへ向かったその初日の夜から、手…
ishikawa

クレイジー同居人との生活 奔放に生きることの苦しさ

クレイジー同居人との生活 奔放に生きることの苦しさ
知識を持っているとか趣味が同じとか話していて楽しいとか、そういった要素を一切省いても純粋に『人』として好きになれた友人は彼が初めてだった。 ドイツ・ベルリン在住時、僕は2人のドイツ人と同居していた。 1人は30代の男。 いつも部屋にこもっていたので、ほとんど交流は無かった。 もう1人は50代の男。 …
ishikawa

ドイツ フランクフルトの風俗アパートの女たちと群れる男の狂気

ドイツ フランクフルトの風俗アパートの女たちと群れる男の狂気
古めかしいアパートのひとつひとつの部屋の前に女が立っている。 女は皆下着姿だ。 肌の色も目の色もそれぞれ違う。 前を通るとポージングをして誘ってくる。 (さらに…)
ishikawa

ベルリンのゲイバー 重厚な扉のなかは果てしない熱量に溢れていた

ベルリンのゲイバー 重厚な扉のなかは果てしない熱量に溢れていた
彼はゲイだ。 道端で一緒にアート作品を作ろうと声を掛けられ、彼のアパートに行き彼のドローイングのモデルをしていたら、気づけば彼も僕も全裸だった。 (さらに…)
ishikawa

【海外メンズストリートスナップ】ベルリンで撮影したファッションスナップ

【海外メンズストリートスナップ】ベルリンで撮影したファッションスナップ
僕は以前ベルリンに1年ほど住んでいたことがあります。 ベルリンではアート活動を主にしていたのですが、デジタル一眼レフ(お金が無かったのでオリンパスの旧型)を持っていたこともあり、ストリートスナップのカメラマンをしていた時期がありました。 (さらに…)
ishikawa

ドイツ語を話せない僕がベルリン在住時に「これだけは」と覚えたドイツ語

ドイツ語を話せない僕がベルリン在住時に「これだけは」と覚えたドイツ語
僕は以前ドイツのベルリンに1年ほど住んでいました。 アート活動で向かったドイツですが、僕はドイツ語が全く話せない状態でした。 英語で暮らしていけるだろうと悠長に構えて行きましたが、年配の方には英語が話せない方もいました。 また、アートマーケットでの出店や英語が苦手なドイツ人との共同生活を経験し、…
ishikawa

【モノへの意識の違い】ベルリンでストリートスナップを撮っていて感じたこと

【モノへの意識の違い】ベルリンでストリートスナップを撮っていて感じたこと
最近友人がものづくりしているのを見て、ものすごく感化されてます。 やっぱりモノ作りっていいですよね。人間の根底的なもののような感じがするんですよね。 その友人は木を彫っていて、その作り上げられるモノ自体がすごく好きなんです。 (さらに…)
ishikawa

「人の足はどこに向かうのか」ベルリンに在住時に撮影した写真

「人の足はどこに向かうのか」ベルリンに在住時に撮影した写真
ベルリン在住時、僕はいつもカメラを片手に出かけていました。 ベルリンの街並みや建物は被写体として申し分ない、魅力的なものばかりでした。 綺麗な部分ばかりでなく、ベルリンの壁など負の部分もさらけだした街に惹かれていました。 何枚となく写真を撮りました。 そしてそれと同様に、ベルリンに暮らす人々の…
ishikawa

「僕は本当にゲイではないのか」アートと同性愛の熱量

「僕は本当にゲイではないのか」アートと同性愛の熱量
僕はゲイではありません。 確認してみたけど違いました。 確認してみたというと卑猥な響きになりますが、身体の接触などはなかったことを先にお伝えしておきます(笑) そして、僕は同性愛者に対して偏見はありません。 日本も同性愛者が自由に過ごせる寛容な国になれば良いなと思っています。 僕は元より男性に…
ishikawa

ドイツベルリンの年末年越し!飛び交う爆竹と割られる瓶!!

ドイツベルリンの年末年越し!飛び交う爆竹と割られる瓶!!
皆さんは年越しはどう過ごしますか? 日本での年越しは、神社に繰り出したり、毎年恒例のテレビを観たり、年越し蕎麦を食べたりする方が多いでしょうか。 ここでは、僕がドイツベルリン在住時に体験したドイツでの年越しについて綴ります。 (さらに…)
ishikawa

旅行・観光におすすめのドイツベルリンに住んでいた時のこと

旅行・観光におすすめのドイツベルリンに住んでいた時のこと
ドイツ首都のベルリンに、僕はワーキングホリデービザで1年住んでいたことがあります。ドイツ大使館に行ってビザを取得して向かいました。 ここではドイツでの生活の一部をざざっと写真でお伝えできればと思います。 (さらに…)
ishikawa