京成立石駅近くのうなぎ専門店『高砂家』でうな重をいただく

土用の丑の日は過ぎてしまいましたが、夏を乗り越える力をつけようとうな重をいただいてきました。

地元で、と思い浮かんだのが京成立石駅から徒歩3分ほどのところにある『高砂家(たかさごや)』でした。

昔ながらのうな重に舌鼓

鰻はいまやかなりの高級品となってしまいました。
都内で食べると¥3,000とかざらにありますよね。

その点、『高砂家』は良心的な値段で提供してくれるお店です。

お店は京成立石駅から徒歩3分ほどのところにあります。
外観から昔ながらの雰囲気を感じます。

f:id:islog:20151231022717j:plain

店内も雰囲気たっぷりで、うなぎのタレと煙の香りが染み付いています。

f:id:islog:20151231022725j:plain

僕にとって、鰻をいただくのにベストなシチュエーションです。

f:id:islog:20151231022732j:plain

うな重

f:id:islog:20151231022739j:plain

直球でうな重を注文しました。

1,900円。

鰻の高騰化を考えるとリーズナブルだと思います。

f:id:islog:20151231022752j:plain

うなぎを箸で掴んで、一口。

旨い。

昨今の養殖うなぎは油っぽくて身が柔らかいものが多いですが、こちらのうなぎは油は程良く、身がしまっていて旨みが強いものでした。
また、タレも甘すぎずコクがあり濃厚で、うなぎの旨みと相まって箸が止まらなくなります。

うな重にはお新香と肝吸いがついてきます。

f:id:islog:20151231022802j:plain

うな重の合間にお新香を口に運びつつ、肝吸いを一口。
肝吸いが口の中をすっきりさせてくれるため、出汁の余韻を楽しみつつ、うな重をまた一口。

あっという間の完食となりましたが、至福の時間でした。

まとめ

うなぎの高騰化が影響しているのだとは思いますが、うなぎ専門店も減ってきたのではないかと感じます。

そんな中、こうして地元にうなぎ専門店があるのは嬉しい限りです。

今度は、どじょう料理をいただいてみようかなと考えています。


高砂家 (たかさごや)

■住所
東京都葛飾区立石4-3-14

■TEL
03-3691-3255

■営業時間
11:00~14:00
16:00~21:00

■定休日
水曜日


高砂家うなぎ / 京成立石駅

昼総合点★★★☆☆ 3.4

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*