読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog [イズログ]

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、僕ishikawaが感じていること・おすすめしたいこと・ウェブなどの技術で共有したほうが良いと思うことについて日々綴っているブログです。

MENU

曳舟駅前のザ・立喰そば屋『そばはち』の蕎麦とカレーといなり

蕎麦 グルメ

f:id:islog:20160105220759j:plain

墨田区の曳舟駅近くにある立喰そば屋『そばはち』

以前からその外観が気になっていたのですが、先日近くを通る機会があったので妻と訪れてきました。

いやー、とても良かった。
店構え・店内の雰囲気・レイアウト・店員さんと、料理だけではなく店全体に、店自体の存在に味のある立喰そば屋でした。

まずは気になる店の佇まい 中になれば気になるメニューたち

東武スカイツリーライン曳舟(ひきふね)駅のほど近くのイトーヨーカドーの向かいに、一度目にすれば記憶に残るような外観の『そばはち』は佇んでいます。

f:id:islog:20160105220849j:plain

まず目を引くのは、その雑多感。

一目で蕎麦屋だとわかる「そば・うどん」の文字に加え、「ラーメン」や「カレー」と書かれていたりと、古くから大衆向けに料理を提供してきたことがわかります。
店の外からでもメニューが豊富なことがわかりますね。

f:id:islog:20160105220851j:plain

引き戸を開けて中に入ってみると、これまた面白い内装で出迎えてくれます。
立喰そば屋ではありますが、椅子が6脚あります。
それ以外にテーブルがあり、立ち喰いするスタイル。

f:id:islog:20160105220853j:plain

外観と同じく、壁にはメニューが所狭しと貼られており、大衆的な賑やかな印象を受けます。

そば屋でありながら、ラーメンがあるのもいいですね。
昔ながらのさっぱり東京醤油」とあるので、いわゆる“普通の醤油ラーメン”でしょうか。
だとしたら好みなので気になります。

また、何よりも良い雰囲気を演出していたのが厨房前のショーケース。

f:id:islog:20160105220855j:plain

天ぷらが無性に食べたくなるお誘い。

興味を惹かれるメニューの多さに悩みつつ、
僕は『ミニカレーセット そば付き』、
妻は『たぬきそば いなり2ヶセット』を注文しました。

ミニカレーセット そば付き

セットなのに「そば付き」。
メニュー名から素晴らしい。

まず驚いたのは作業の速さ。

年配の女性が一人で厨房に立っていたのですが、注文から30秒とかからずかけそばが、1〜2分でカレーが目の前に置かれました。

f:id:islog:20160105220856j:plain

オーソドックスなかけそばです。
麺もつゆも目立った特徴はなく、まさに大衆的な立ち喰いそば屋のかけそば。
それがいい。これでいい。

f:id:islog:20160105220857j:plain

カレーは口にいれた段階では甘いのですが、後からスパイスが香ってきて辛味を感じます。
自家製と書かれているだけあります。
とはいえ、本格的なカレーではなく、あくまでそばに会うカレーです。

そばとカレーの組み合わせ、良かったです。

たぬきそば いなり2ヶセット

f:id:islog:20160105220859j:plain

たぬきそばも一口もらって食べました。
揚げ玉がはいっているだけなのですが、だいぶ印象が変わりますね。

コクがでて美味しい

f:id:islog:20160105220900j:plain

いなりは甘さ控えめでシンプルなもの。
これまたそばに合います。
料理がでてくるのが早かったことから始まり、店内の活気溢れる雰囲気に気持ちが高ぶって、あっという間に完食しました。
こういうそば屋は、ぱっと頼んでぱっと食うのがいい。

まとめ

食べている最中、気分を盛り上げてくれたのが常連さんたちの注文。

引き戸が開いて店に入ってくると同時に、

かけにかきあげ

きつねにかきあげのせてください

などと注文していました。

その注文を受けてぱっとそばをだす店員さん。
そのそばをずるずるっと気持ちいい勢いで啜って店を後にする常連さんたち。
見ているだけで気持ちがいい。

今回はメニューの多さから何を注文しようか迷ってしまいましたが、次回は粋に注文したいものです。

あ、でも、次はラーメンが食べたい。

 

 

次回予告

立石にある昔ながらの洋食屋『チロル』 地元民に愛されるやさしい味
RSS購読 rss-button-off

そばはちそば(蕎麦) / 曳舟駅京成曳舟駅東向島駅
昼総合点★★★☆☆ 3.4