成田空港 第3旅客ターミナル 行き方と利用した感想【香川・愛媛旅行編】

rp_20151230194119.jpg

実家の母と祖父を連れて、妻と僕の4人で香川県と愛媛県に2泊3日の旅行に行ってきました。

本日より香川・愛媛旅行編と題して記事を綴っていこうと思います。

LCC(低コスト航空会社)専用ターミナル 成田空港 第3旅客ターミナル

f:id:islog:20151230194134j:plain

香川・愛媛旅行編と謳っておきながら、まずは四国に着く前の成田空港第3旅客ターミナルの話です(笑)

成田空港第3旅客ターミナルは2015/4/8から開始されたLCC専用のターミナルです。

成田空港第3旅客ターミナルへの行き方

f:id:islog:20151230194144j:plain

車でも電車でも、第2ターミナルから向かうことになります。
電車の場合は『空港第2ビル』駅より、シャトルバスか徒歩で第3ターミナルまで向かいます。

第2ターミナルから第3ターミナルまでは約500mの距離です。
徒歩で行く場合は、アクセス通路を用いて約15分とのこと。

シャトルバスは4:30~23:00の間で運行間隔5〜12分間隔、所要時間は約10〜15分です。

LCC(低コスト航空会社)専用ターミナル

f:id:islog:20151230194153j:plain

成田空港第3旅客ターミナルはLCC(低コスト航空会社)の専用ターミナルとなっています。
ジェットスターグループ、バニラエア、春秋航空日本・スプリングジャパン、チェジュ航空の航空会社が第3ターミナルを利用しています。

案内は足元のレールがメイン

f:id:islog:20151230194213j:plain

色とピクトグラムを効果的に活用して利用者を的確に誘導します。

床の色は、出発は青、到着は赤茶となっています。
陸上トラックみたいですよね。

f:id:islog:20151230194227j:plain

この誘導のおかげで僕らもスムーズに目的地につけました。

f:id:islog:20151230194237j:plain

ターミナルのデザイン

f:id:islog:20151230194244j:plain

第3旅客ターミナルの内装は『鉄が剥き出し』になっている感のある、ところどころ工場を思わせるデザインでした。

f:id:islog:20151230194253j:plain

特に天井はそんな感じが顕著に見られます。

LCCの専用ターミナルということでターミナルの設計もローコストにする必要があったようですが、そのデメリットをうまく利用したように感じました。

フードコートは天井の雰囲気と照明の使い方のコントラストが綺麗です。

f:id:islog:20151230194302j:plain

発券機なども綺麗にまとまっていました。

f:id:islog:20151230194310j:plain

まとめ

初めて第3旅客ターミナルを利用しましたが、特に不便を感じることもなく利用できました。

f:id:islog:20151230194318j:plain

次回より四国での旅行について綴ります!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*