立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

僕は蕎麦が好きです。

しょっちゅう、「うまい蕎麦が食べたい!」という衝動に駆られます。

僕が今住んでいるのは立石ですが、立石にも美味しい蕎麦屋さんがいくつかあります。

今回はその中でも有名なお店である、『玄庵(げんあん)』で土日限定の粗挽き蕎麦をいただいてきました。

蕎麦の香りがふわりと鼻腔をぬける『玄庵(げんあん)』の粗挽き蕎麦

『玄庵(げんあん)』は立石駅から歩いて5分ほどの奥戸街道沿いにあります。
お店は2階にあるので暖簾と看板が目印です。

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

「江戸東京そばの会」を主催している有名な蕎麦屋さんです。

2階にあがるとアンティーク調のおしゃれな家具が並んでいます。

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

どうやらもともとは家具屋さんがはいっていたようですね。

今回は丸テーブルの席に座らせてもらいました。

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

おしゃれな喫茶店のようですね。

こちらの店員さんは気さくな方が多くニコニコと接客してくれます。

僕は『粗挽き蕎麦』、

妻は『天せいろ』を注文しました。

土日限定の粗挽き蕎麦

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

こちらの蕎麦は味わって食べるタイプで、量はあまり多くありません。
なので大盛りとしました。

シンプルな膳ですね。
蕎麦の色が濃く、ホシがたっぷりで期待がもてます。

蕎麦の匂いを嗅いでみると、蕎麦の良い香りがします。

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

つゆにつけずに一口。
蕎麦の香りが鼻腔に抜けてとても美味しい。

次はつゆにちょんづけでいただきます。
つゆはくせが無く甘めでした。
蕎麦を引き立てるつゆですね。

薬味はネギと大根おろしです。

こちらの大根おろしは長野のねずみ大根を使用しているとのことでした。
食べてみると辛味がきいており、蕎麦とからめるとさっぱりといただけました。

天せいろ

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

妻が注文した天せいろです。

天ぷらをいくつかもらいましたが、さくさくに揚がっていておいしかったです。
特にオクラが美味でした。
油が強すぎず、蕎麦と合うように考えられているのかなと感じました。

蕎麦は粗挽き蕎麦と比べると蕎麦の香りは落ちますが、噛みごたえのある喉越しの良い蕎麦でした。

まとめ

こういった味わえる蕎麦が食べれるお店が近くにあるのは嬉しい限りです。

最後に蕎麦湯をいただきましたが、蕎麦の香りが強い、味の良い蕎麦湯でしたよ。

立石『玄庵(げんあん)』でいただく土日限定の粗挽き蕎麦

 


玄庵 (げんあん)

■住所
東京都葛飾区東立石3-24-8 かいづかビル 2F

■TEL
03-3694-1241

■営業時間
11:30~14:30(L.O)
17:00~20:00(L.O)

■定休日
火曜日(祝日の場合は営業)、第4月曜日


玄庵そば(蕎麦) / 京成立石駅

夜総合点★★★☆☆ 3.8

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 グルメ 蕎麦 日本 立石

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*