沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

2年ぶりの沖縄旅が那覇空港からスタート。
ホテルのチェックインの時間が近づいていたので、まずは荷物を置いてから行動しようとホテルへと向かいます。

那覇空港駅から”ゆいレール”に乗ってホテルの最寄駅の旭橋駅へ。
今回のお宿は、那覇和風ホテル 北海荘。那覇市辻にあるホテルです。

旅先ではホテルを拠点にして休みつつ。
この北海荘には畳スペースがあるので、昼寝なんかにはちょうど良くてですね。

夜にはスーパーで”オリオンビールいちばん桜“を購入。毎年11月に販売される季節限定ビールです。
日中の気温は26℃とまだまだ暑かったのですが、ラジオ沖縄では「オリオンビールいちばん桜を見かけると冬の始まりを感じる」との話も。うーん、東京ものにはわからない感覚ですね(笑)

那覇空港駅から”ゆいレール”に乗って旭橋駅へ

妻と2人での沖縄旅。
バニラエアで那覇空港LCCターミナルに降り立った僕らは、無料循環バスで国内線ターミナルへ移動。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり
2年ぶりに沖縄へ。妻との2人旅です。 妻が手に入れてくれたバニラエアの航空チケットで、成田空港から那覇空港への空の旅。さて、沖縄旅のことは後々書くとしまして、今回の内容は…
沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり
約2年ぶり。久しぶりの沖縄旅。 那覇空港に降り立って、一番最初に考えたのは食事のこと。妻との2人旅、我らの旅を構成する要素として"食事"は大きな割合を占めます。少し腹が減…

ポークたまごおにぎり本店のおにぎりを頬張り、ベンチで休憩をしていたらホテルのチェックイン時間が近づいていたので、まずはホテルへと向かい荷物を置くことに。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

移動手段はおなじみ”ゆいレール”。
那覇空港駅からホテルの最寄駅の旭橋駅へと向かいます。

空港から出ると明らかに暑い……。この時11月初旬ですが、26℃。
東京とは10℃以上違いますね。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

久しぶりに乗るモノレール、ゆいレール。
交通系ICカードは利用できないので切符を購入。忘れていたのですが、自動改札の口に投入するのではなく、切符のバーコードをICカードのように読み込ませるスタイルなんですよね。面白い。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

モノレールに揺られながら、景色を楽しみます。
普段見ている景色とは違う外国っぽい、台湾なんかの雰囲気を思い出す景色。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

那覇空港駅から10分ほどで旭橋駅に到着。
旭橋駅と隣接する形で沖縄島最大規模のバスターミナルである那覇バスターミナルがありますが、今年10月から新バスターミナルが運用されたこともあってとても綺麗です。

ちなみに、この辺りを散策する際には、バスターミナルにロッカーがあるので利用すると便利ですよ。

畳スペースが珍しい「那覇和風ホテル 北海荘」

旭橋駅から徒歩約10分のところの北海荘はあります。

住所は沖縄県那覇市辻1-5-20。
大きな看板があるわけではないのですが、周辺にはあまりない黒い建物なのですぐに見つけることができました。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

こちらが「那覇和風ホテル 北海荘」。
沖縄なのに北海荘。北海というと北海道やヨーロッパなんかの寒い土地が思い浮かびますが、寒いどころか25℃以上と暑いわけで。何故にこんなネーミングにしたんでしょうね。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

チェックインしてフロントロビーを抜けると、1階にはパブリックスペース。
宿泊者であれば自由に使えるとのこと。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

我々の部屋は、最上階5階の503号室。
元々はマンションだった、そんな感じの作りです。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

室内は畳スペースと、その上に布団。面白い造りですね(笑)
“那覇和風ホテル”というのがうなづけます。ちなみに宿泊代は2泊で¥11,600でした。

室内設備は、テレビ・冷蔵庫・エアコン・ドライヤー・ユニットバス・フリーWi-Fi・電気ポット・鏡。
アメニティは、リンスインシャンプー・ボディーソープ・ハミガキセット・カミソリ・バスタオル・フェイスタオル。

畳は小休止するにも足が伸ばせて良いですね。
昼寝してから街に繰り出したり……畳だと寝過ぎちゃわないので旅の最中だと便利。

沖縄では”オリオンビールいちばん桜”で冬の始まりを感じる?

北海荘では食事のサービスがありませんが、周辺には食事できる店がいくつもあります。
また、歩いて3分ほどくらいのところにスーパー、5分くらいのところにコンビニもありますので不便は感じませんでした。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

近くにあるスーパー”西町りうぼう”が特に便利。
イオングループのような小綺麗なスーパーですが、沖縄らしいものも置いてあったりして店内を見るだけでも面白いです。

沖縄に行くと鮮魚コーナーが気になるところ。
グルクン・ミーバイなど、東京のスーパーでは普段見ることの出来ないものが売られています。

今度沖縄に来る時には、キッチン付きの宿にしたいですね。
魚を買って捌いて食べてみたい。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

夜にはオリオンビールを買ってきて一杯、なんていうのも楽しみのひとつ。
東京でも夏なんかに飲んだりしますが、現地で飲むとまた感じられる味も変わるもの。

台湾の菓子”可楽果”がスーパーでたまたま売っていたので、懐かしくなってつまみとしてみました。
ハートチップルのようなガツン系のニンニク味です。

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり
妻との台中旅も終わり、台北桃園空港へ。 名残惜しさを感じながらも、帰りも楽しもうと空港に乗り込んだのですが、ここで問題発生。深夜2時の出発ということもあり、桃園空港に着い…

沖縄なのに北海荘?オリオンビールいちばん桜で感じる冬の始まり

さてさて、こちらは”オリオンビールいちばん桜“。華やかなパッケージで目立ちます。
スーパーに並んでいて気になっていたのですが、どうやら11月初旬に販売される季節限定ビールとのこと。

発売されたばかりだったようで、ホテルでラジオ沖縄を聞いていると広告されていました。
その中で、「いちばん桜を見かけると冬の始まりを感じる」との話もありました。いちばん桜が販売されると年末が近いという意識になるようですね。

とはいえ日中は25℃以上。湿度も高く、歩けば当然のように汗をかきます。
ラジオを聞いた後にいちばん桜買って飲んでみましたが、冬の始まりという気持ちにはなりませんね(笑)

沖縄ならではの感覚だと思います。面白い。

まとめ

今回の宿とした「那覇和風ホテル 北海荘」。
基本的に旅先ではホテルでは寝るだけなので特に不便は感じませんでしたね。畳スペースがあるのは、小休止に便利なので◎でした。

オリオンビールいちばん桜は通常のオリオンビールよりもさらに飲みやすく、若干香り高く感じました。
沖縄で感じる冬の始まり……暑い中で冬を想ってみるのも面白いものです。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 沖縄 日本

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*