『奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)』大自然と大露天風呂に癒される【香川・愛媛旅行編】

いやぁ、いい風呂でした。
愛媛県の『奥道後 壱湯の守(いちゆのもり)』で最高の温泉に浸かってきました。

引き続き香川・愛媛旅行編です。

本日は愛媛県の『奥道後 壱湯の守』に訪れたときのことについて綴ります。

『奥道後 壱湯の守』で楽しむアルカリ性単純硫黄温泉 美人の湯

香川県よりレンタカーで移動して愛媛県へ移動しました。
高松から松山までは2時間半ほどで着きました。

目的地は奥道後だったのですが、先に道後温泉に立ち寄ってみました。

f:id:islog:20151230195540j:plain

ゴールデンウィークだったこともあり、すごい人混みでした。

f:id:islog:20151230195557j:plain

レトロな路面電車が走行しています。

f:id:islog:20151230195602j:plain

道後温泉本館は古く趣のある外観でした。

温泉街の雰囲気を楽しんだ後、『奥道後 壱湯の守』へ向かいました。

大自然の中にある綺麗な内装の大きな宿

f:id:islog:20151230195612j:plain

『奥道後 壱湯の守』は奥道後温泉街より車で20分ほどの大自然の中にありました。

f:id:islog:20151230195936j:plain

宿はとても広く、絵で描かれた地図を見ながらも全容が全くつかめないくらいでした。

f:id:islog:20151230195630j:plain

入り口から入るとそこはすでに4Fということでした。
川沿いの崖に面しているので、入り口が4Fの高さにあるんですね。

f:id:islog:20151230195639j:plain

宿内はとても綺麗です。

f:id:islog:20151230195646j:plain

今回は4人での宿泊でしたが、部屋も広く綺麗でした。

f:id:islog:20151230195656j:plain

部屋の窓からは大自然が一望できます。

f:id:islog:20151230195703j:plain

アルカリ性単純硫黄温泉 美人の湯

なんと言っても最高だったのは温泉でした。
僕はそれなりに温泉にも行っていますし、学生時代に3ヶ月ほど住み込みで温泉でバイトしていたこともあるので、それなりに自分の中で温泉の楽しみ方は確立しています。
また、好みの温泉の質もあります。

今回の温泉の質はどっぷり好みでした。

『奥道後 壱湯の守』の温泉の泉質はアルカリ性単純硫黄温泉でした。
pH9.4という強アルカリ性の手前のアルカリ性です。

浴場に入ると強い温泉の香りがします。
広い内湯がありますが、圧巻は露天風呂でした。

複数の種類の風呂がある露天風呂は、大自然を目の前にゆっくりと浸かれるため、大変満足のいく温泉でした。
また、洗い場のお湯も温泉で、これがまた僕の好みでした。

風呂場については写真は撮れないので、公式サイトをご覧ください。

奥道後温泉 花と緑の温泉リゾート 奥道後 壱湯の守(四国・松山)

湯の花が無かったのはアルカリ性だからなのかしら。
酸性温泉でのみ湯の花はできるのかな。

食事はバイキング

プランによるのかと思いますが、僕らの夕食・朝食はともにバイキングでした。

夕食

夕食では名物である鯛がさばかれ刺身になっていたりしました。

f:id:islog:20151230195715j:plain

他にも鯛めしやステーキ、手作り豆腐など様々な種類のメニューが用意されていました。

f:id:islog:20151230195723j:plain

寿司も新鮮なこはだなどがあり美味しかったです。

f:id:islog:20151230195730j:plain

妻はこんな感じです。
僕のと違いバランスがいいですね。

f:id:islog:20151230195738j:plain

ビールをいただいた後、日本酒をいただいたら結構な量が注がれて酔っ払ってしまいました。

朝食

朝食はオーソドックスなものが抜けなく準備されている感じでした。

f:id:islog:20151230195748j:plain

僕のチョイスです。
和ですね(笑)

f:id:islog:20151230195756j:plain

妻のものは相変わらずバランスが良いです。

食堂からは景色が楽しめ、プールがあるのも見られました。

f:id:islog:20151230195804j:plain

まとめ

食事をしているとすごい数の人がいたのですが、温泉では運が良かったのか貸切状態でゆっくり浸かれました。

何より、祖父が喜んでくれたこととゆっくりと時間を共にできたことが嬉しかったです。
この宿のおかげで良い時間が過ごせました。


旅行前にはトリップアドバイザーで口コミを調べて旅行計画!航空券やホテル・レストラン、観光スポットについても調べることができます!



世界最大の口コミ旅行サイト

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*