北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

北綾瀬にある「ラーメンパンダ」。

地元ではよく知られているであろう、パンダグループの店。
314号線を綾瀬駅方面から北上していくと、「パンダ」という文字が道沿いで目に付くようになるとパンダグループのテリトリー。

元気が不足していたので元気ラーメンを注文したのですが、ニンニクパワーがすごすぎて逆に元気が無いと食べられないラーメンでした。
……元気がある人が食べるラーメンね(笑)

足立区谷中にあるラーメンパンダ

東京都道314号言問大谷田線沿いにある「ラーメンパンダ」。

最寄りは北綾瀬駅ですかね。足立区谷中の1丁目にあります。
自転車で通ることの多い道。車で利用しやすいように、駐車場が広くなっています。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

道沿いには”パンダ”という文字がよく見られるわけですが、これはパンダグループというグループの店。
「定食 味安」「お好み焼き パンダ」「ラーメンロッジ」など、道沿いにある店がパンダグループだったりします。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

店内はカウンター席と座敷席。
スタッフさんのやり取りを聞いていたりすると、地元密着型らしいアットホームな雰囲気です。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

席に着いたら早速メニューを拝見。
“当店自慢のラーメン”という、オススメらしきメニューが気になりまして。

そこにラインナップされている「元気ラーメンセット」(990円)が目に入ってきました。
ここのところオーバーワークで疲れているのもあって、元気注入したいなぁと思い、この元気ラーメンを食べてみることに。

旨いけど食べるのに元気が必要な「元気ラーメンセット」

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

こちらが元気ラーメンセット。元気ラーメン+チャーハンのセットです。
いやもう、運ばれてくる前から香ってたわけですが、目の前に置かれるとものすごいニンニク臭!!

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

さて、改めて元気ラーメン。
ニンニクの強烈な香りに一瞬ひるみましたが、おいしそうですね。初対面は強面で驚いたけど、実は中身は優しいとか……ないか。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

どうしても目がニンニクにいってしまいます。
おろしニンニクに加えて、ニンニクチップまでちらしてある元気注入っぷり。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

まずはおろしニンニクは溶かさずにスープを一口。
濃厚で濃い目の味付け。ほんのり甘さがあるのがあとをひきます。が、鼻がどうかしちゃっているのか、この時点でもうニンニク風味。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

さて、ニンニクスープ(違)の海に飛び込んでいきましょう。
勇気を持ってかき混ぜて……。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

麺をズルッと。
ツルツルっとした麺。ニンニクがよく絡んでおいしいです(笑)

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

さらに野菜も……。
どうでしょう、ニンニクまみれ。どこを食べても強烈なニンニク風味。全部食べ切りましたが、スープ完飲なんてとてもじゃないですができないです。

翌日もしっかりとニンニク臭かったです。
元気ラーメンは、元気注入もされますが、そもそも元気が無いと食べきれないラーメンな気がします。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

セットのチャーハンはオーソドックスなものでした。

北綾瀬ラーメンパンダ|元気ラーメンを食べきるには元気が必要?

こちらは味が濃いということもないので、元気ラーメンと一緒だと炒めた白米のような感じすらあります。
元気ラーメンのスープと食べる感じだとちょうど良いかも。

まとめ

自転車で通りかかった際にふらっと入ったパンダラーメン。
地元が近いので度々店の前を通り気になってはいたのですが、初めて入ってみると強烈なインパクトのある店でした。

もしかしたら元気ラーメンだけ特別だったのかもしれませんね。
また行って違うもの食べてみようと思います。

念のため、元気のある日に(笑)


ラーメンパンダ

■住所
東京都足立区谷中1-7-5

■TEL
03-3620-0841

■営業時間
11:00~24:00 (L.O.23:30)


カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ラーメン グルメ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*