トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

トランギアから発売されているメスティン

キャンプでの最強クッカーとの声もあがっているようですが、わたくし、最近まで全く存在を知りませんでした。
それが友人がメスティンメスティン連呼するもので完全に頭に焼き付いてしまい……ネットでポチッと購入。

メスティンなら固形燃料ひとつで米が炊けるらしい」という友人の一言に興味が湧いたというのもあります。
調べてみると、メスティンはアルミ製のため、熱伝導率が高く熱が全体に回りやすいとのこと。炊飯の時に蓋の上に缶詰を置いておけばしっかり温まるとか……。

それなら固形燃料ひとつで本当に米が炊けるか試してみようというのが今回の趣旨。加えて、重し代わりに缶詰を置いて温め、簡単ランチを作ってみたいと思います。
また、メスティンは使用前に手入れが必要なのでその点についてもまとめてみますよ。

Trangia(トランギア)のアルミ製飯ごうメスティン(TR-210)

メスティンにはサイズが2種ありますが、僕が買ったのは小さいほう。

  • 重量:150g
  • サイズ:17×9.5×6.2cm
  • 容量:750mℓ

といったスペック。米1.8合が炊けるとのこと。
価格は¥1,700(税抜)ほどです。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

シンプルなフォルムのメスティン。
メスティンをみて頭に浮かぶ言葉は「弁当箱」ですね。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

飯ごうとして米が炊ける他、煮炊きができる万能鍋としての利用、またシンプルに携帯食器や小物入れにも使えます。
17×9.5×6.2cmとコンパクトなのですが、固形燃料やエスビットなんかもいれておく事ができるのですごく便利。

今回はメスティンで米を炊いてみよう!の企画。
……ですが、購入したばかりのメスティンは使用前に若干の手入れが必要なのです。

メスティンのバリ取りとシーズニング

購入したばかりのメスティンをよ〜く見てみると……。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

へりの部分にざらつきが残っていて、指で軽くなぞってみる指先を切らないかちょっと怖い感じ。
このざらつきをバリ取りして綺麗にします。

作業は簡単。
サンドペーパーやヤスリで滑らかになるようにへり部分を綺麗にするだけ。

蓋のへりもざらついていたりするので、忘れないようバリ取りしましょう。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

さらに、メスティンはそのまま使うとアルミ臭がきつかったりします。

そこで有効なのがシーズニング。
鍋に米のとぎ汁を入れて沸騰させ、その中にメスティンを浸けておきます。

15分ほど煮込むことでアルミ臭が抑えられ、使用時に発生する黒ずみも抑えられるようになります。
これで購入後初回の手入れは完了。米を炊く準備ができました!

メスティン+エスビット+固形燃料で炊飯!

さてさて、いざ炊飯開始なわけですが……。
今回の炊飯隊はこんなメンバー。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

まずメスティン。今回の主役です。
ひと風呂浴びたことでアルミ臭さも抜けて、準備万端。万能クッカー、今回は飯盒としての役割を担います。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

次にエスビットポケットストーブミリタリー
固形燃料を使うので、彼の出番です。メスティンの中にもぴったりと収まる名脇役。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!
ドイツのエスビット(Esbit)のポケットストーブ。 その名の通りポケットに収まるほどコンパクトで、ソロキャンパーや登山家の方御用達、ドイツ軍を始めとした軍隊でも採用されている携…

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

最後に固形燃料。100円ショップで購入。
これ1つでほとんど手をかけずに米が炊けるとの噂ですが……本当だったら便利ですね。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

メスティンに米と水を入れ、30分ほど置いておきます。
1.8合まで米が炊けるメスティン。今回は1.5合の米を準備しました。水は約300ccほど。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

後は固形燃料に火をつけて待つだけ。
途中で一度掻き混ぜたほうが良いとの情報もありましたが、今回はただ火をつけるだけとしてみます。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

沸騰すると蓋が落ちるとの情報もあったので、缶詰めを重しにしてみます。みんな大好き、いなばのカレー。
熱伝導率の高いメスティン。缶詰めがどこまで温まるのか見ものです。

これがうまくいけば、簡単ランチが待っているだけで作れちゃいます。素敵。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

約20分後。チリチリ音がしてきたら蒸らしの工程に移るのですが……別作業に夢中になっていて25分ほど放置してしまいました(笑)
固形燃料も燃え切っていて、これで炊けていればほぼ自動炊飯状態です。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

逆さにして10分ほど蒸らします。ここでタオルに包んだりしたほうが保温できてより良しですかね。
まだかなまだかなと焦る気持ちはありますが、我慢我慢。

10分待って蓋を開けてみると……。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

おおおお、しっかりと炊けていそうです!
米をかき混ぜてみても、全体的にしっかりと炊けております。すごい、簡単すぎる。

メスティンで炊いた白飯のお味は?缶詰は温まったかしら??

重しにしていた缶詰を触ってみるとしっかり温まっている様子。
炊いた米を妻の分と半分に分け、空いた部分に缶詰カレーを流し込みます。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

炊いた米の見た目良し。そしてアルミ臭もせず香りも良し。
後は味が良ければ全て良しですが、どんなもんかしら。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

何はともあれ一口パクり。
うむ、これは旨い。ちゃんと炊けてる…というか、むしろおいしく炊けてる

妻からもOKが出たのでよく炊けているはず。米だけ食べてもおいしいと思える仕上がりです。

トランギア「メスティン」固形燃料1つで炊飯+缶詰の簡単ランチ!

調理は放ったらかしで完了。炊飯と同時に蓋の上で缶詰を温めれば、簡単ランチ完成。
缶詰もしっかりと温まっていて熱々です。炊飯と同時におかずまで温められるなんて一石二鳥。

ソロキャンプなんかで簡単ランチしたい時にぴったりのアイテムですね。
山登りや釣りなんかでも使えそう。これは便利ですわ。

まとめ

本当に固形燃料1つで炊飯できるんかい、メスティン!?
と、息まいて試した炊飯でしたが、むしろおいしい白飯が炊けて、しかもおかずまでしっかり温まって言うこと無い結果となりました。最強クッカーと呼ばれるだけのことはありますね。

今回炊飯が上手くいったことで、メスティンを使って他の料理も試してみたくなりました。
炊き込みご飯とかパスタとか……夢広がる!

 

■動画も撮ってみました!

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*