テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

楽しいですよね、キャンプ。
とか言っておきながら、キャンプグッズはほとんど持っておらず。これまではキャンプグッズをフル装備している先輩におんぶに抱っこで楽しんでいたのです。

ただ、今年からはキャンプに行く回数増やしてソロキャンプなんかも楽しみたく……。キャンプグッズを揃えることにしました。
十分すでにおじさんなわけですが、大人への第一歩的な気分です。

まず探したのはキャンプ必需品のテント。
シュラフなんかは持っているので、テントがあれば最低限のキャンプはできるかと。

選んだのは、コールマン(COLEMAN)のツーリングドームLX
早速キャンプ場へと行って、設営テストを兼ねたデイキャンプしてみましたよ。

テントにコールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX(170T16450J)を選んだ理由

テント選び、実に悩みました。
スノーピークやogawaのテントも最終候補に残っていたのですが、コールマンのツーリングドームLXを最終的に選びました。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

こちらが我が家に到着したツーリングドームLX。選んだ理由はいくつかありますが……。

まずはサイズ。
メインは妻と僕の2人での利用となるので、2人用以上がマストなのですが、このツーリングドームLXは定員2〜3人用。2人でも余裕を持って使えるのは魅力です。このサイズなら、ソロでも手に余るほどでは無いですしね。

他には、前室があり高さがしっかりとあること、設営が簡単そうであったことが決め手となりました。
色合いも、個人的に緑が好きなので割合しっくりきたというのもあります。

2万円以下で購入できたりと安価なのも魅力。それでいて丈夫そう。
キャンプ初心者みたいなものなので、安価なテントから始めてみようっていう結論に至りました。

コールマン「ツーリングドームLX」設営レビュー

ということで、早速若洲海浜公園のキャンプ場に行って試しに設営してみることに。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

収納時は約60cm×Φ24cm。
重量は約5.6kgとそこそこありますが、付属のキャリーバッグにコンパクトに収納できるので持ち運びは簡単です。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

さて、内容物はメインであるフライシート・インナーテントとポールに加え、ペグとロープも付属されています。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

では、設営開始!
まずはインナーテントを広げます。インナーテントのサイズは200cm × 180cm。

本来はグランドシートひくところですが、今回はなしです。

サイズ的にはこの辺が良さそうですね。安いですし。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

さて、設営の続き。
インナーテントの四隅にある穴にポールを差し込み、対角線上に半円を描くようにポールのもう一方側を差し込みます。
先にポールでテントの骨格を作る形ですね。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

このポールにインナーテントについているフックをはめて吊り下げていきます。この行程で大方の形は完成してしまいます。
マークがあるほうが前面になるので、向きには注意です。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

前室用のポールを設置します。
インナーテントの穴とポールの色はリンクするようになっているのでわかりやすいですよ。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

背面部分にも後室用のポールがありますので、忘れずに設置を。
この段階で、インナーシートにペグを打って固定します。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

さて、お次はフライシートの設置。
ファスナーが2つ付いているほうを前にして被せていきます。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

フライシートの内側にあるマジックテープ付きのベルトを、骨格のポールに巻いて固定していきます。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

最後にフライシートをペグで固定させれば設置完了!風が強ければ付属のロープを使って強度を上げる感じですかね。

今回は前室部分は作りませんでした。
前室を作るには別途ポールを準備する必要があります。

これは元々タープ用に持っていたものなのですが、170cmか115cmで高さ調整できるので、115cmにすればツーリングドームLXの前室を作るのにちょうど良い高さになります。
安価でポール2本、簡易なものですがペグとロープもついているのでオススメです。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

さて、中に入ってみます。入ってすぐの印象は、狭くはない、といったところ。
室内の高さは110cmなので中腰で動く形になりますが、一日中テントにいるわけではないので苦ではないです。

210×180×110(h)cm……狭くなく、広すぎて手に余るほどでもなく、ちょうど良い感じ。
定員2~3人用とのことでしたが、大人2人なら余裕がありますが、大人3人では厳しめですね。大人2人に子供1人なら十分かな、といった印象。どのみち、僕にはちょうど良くて嬉しい。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

前室と後室をメッシュドアにして、インナーテントとフライシートのベンチレーターも開放すると、夏場でも換気して室内の熱気を出すこともできます。
テント内の天井にある照明ベルトには”ほおずき”でもぶら下げましょうかね。快適なテントにすることを考えていると、妄想が止まらなくなりますね(笑)

まとめ

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ

ということで、テント設置初回から楽しくデイキャンプできました。

テント|コールマン(COLEMAN)ツーリングドームLX設営レビュー!デイキャンプしてみたよ
若洲海浜公園でデイキャンプ。 キャンプサイトが日帰りで安く使え、無料の釣り施設もあって外で遊びたい欲求を満たしてくれる公園です。 焚き火好きの妻のため焚き火台を購入したら、…

設営は思っていたよりだいぶ簡単でした。ソロキャンプでも問題なく設営できそうです。
スムーズにキャンプを始められるのは嬉しいですね。

コールマン(COLEMAN)のツーリングドームLX、コスパすごく良い感じ。買って良かったです。
これからはキャンプで色々と楽しみたいところ。まずは前室作って、ゆったりキャンプしたいですね。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*