コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

今年こそ思うがままにキャンプしたいなぁ……と、テントを購入したわたくし。
妻が焚き火遊びが好きなので、それに合わせて焚き火台も購入することに。

購入したのはコールマン (COLEMAN)のファイアディスク
2016年秋冬発売のグッドデザイン賞2017を受賞した焚き火台です。

「3秒設営」と謳っているだけあって、足を出すだけの組み立ていらずの簡単設営。僕のような初心者でもすんなり使えるアイテムです。
網も付属されているので、今回はプチバーベキューもしてみましたよ。

COLEMAN (コールマン) のファイアディスク(焚き火台) 2000031235を購入

そろそろキャンプ道具欲しいな、と購入した
コールマンのツーリングドームLX。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた
楽しいですよね、キャンプ。 とか言っておきながら、キャンプグッズはほとんど持っておらず。これまではキャンプグッズをフル装備している先輩におんぶに抱っこで楽しんでいたのです。 …

とりあえず欲しかったキャンプグッズは、テントと焚き火台。
焚き火台選びも妻と僕で探していたら色々候補が出たのですが、最終的にテントと同じコールマンのものとすることにしました。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

我が家に届けられたコールマンのファイアディスク(焚き火台)。
決め手は設営が簡単そうだったことと、その見た目に直感的に惹かれたこと。

価格は4,000円ほど。
焚き火を何度か続けた後の劣化がどの程度か気になるところですが、安価と言って良い価格帯だと思います。

コールマンのファイアディスクで焚き火&プチバーベキュー

キャンプ場に移動して設営&焚き火テストしてみることに。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

専用ケース付属なので、持ち運びの時は手軽に運べます。
収納時は直径約46cm×厚さ約8.5cm。折りたたみ型ではないため大きく感じるかと思いましたが、重量が約1.6kgと軽いので大きさはほとんど気になりませんでした。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

内容物は焚き火台と網のみ。わかりやすくていいですねぇ。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

「3秒設営」と謳っているだけあり、設営は簡単。
足を出すだけで設営完了です。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

まるでパラボラアンテナのような見た目。
新品状態だと日差しを思いっきり反射するので、なかなか強力なビームを放出していらっしゃいます。ビーム直撃は危険なのでご注意を。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

付属品の網をのせるとこんな感じ。
炭の追加もしやすいようになっているので、簡単なBBQならできそうです。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

あっという間に設営はできたので、実際に焚き火をしてみることに。
松ぼっくりや枯れ木を拾ってきてそこに着火します。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

設営から火付けまで楽々簡単。
通気性が良く風が入りやすいのですぐに燃え上がります。

逆に風が強い日なんかは火をつけるのが難しいかもしれませんが、まあそこは今後検証していくということで。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

火ができたので、付属品の網をおいてプチBBQ。
定番のソーセージを焼いてみたり……。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた

焼きおにぎりでお腹を満たしてみたり。
火の調整は難しいですが、焚き火メインで軽くBBQするくらいであれば十分楽しめるかと。

まとめ

コールマンのファイアディスクで焚き火&プチバーベキューをしてみましたが、予想していたより快適に使えました。

今回は鍋などは置きませんでしたが、耐荷重約30kg(ダッチオーブン3サイズ対応)というのも魅力的。
別日にもガンガン火を焚いてみましたが、変形なども無かったので耐久性も大丈夫でしょう。

今度はファイアディスクを使って、ちょっと凝った料理でもしてみたい、と妄想中です。

 

この日のデイキャンプの様子はこちらから。

コールマンのファイアディスク(焚き火台)レビュー!焚き火&プチBBQしてみた
若洲海浜公園でデイキャンプ。 キャンプサイトが日帰りで安く使え、無料の釣り施設もあって外で遊びたい欲求を満たしてくれる公園です。焚き火好きの妻のため焚き火台を購入したら、…

 

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*