エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

ドイツのエスビット(Esbit)のポケットストーブ
その名の通りポケットに収まるほどコンパクトで、ソロキャンパーや登山家の方御用達、ドイツ軍を始めとした軍隊でも採用されている携帯簡易コンロです。

以前よりキャンプ動画なんかを見れば登場してくる人気アイテムのエスビットポケットストーブ。
キャンプ初心者の僕は見たことがあっても持っていなかったのですが、先日メスティンを購入した際に相方として一緒に購入しました。

買ってみてからは調子良く使用。
メスティンとの相性が良く、固形燃料や自作アルコールストーブで簡単に調理できちゃいます。

とにかくコンパクト!ポケットに入れて持ち運べるエスビットポケットストーブ

ここのところハマっているトランギアのメスティン。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利
トランギアから発売されているメスティン。 キャンプでの最強クッカーとの声もあがっているようですが、わたくし、最近まで全く存在を知りませんでした。 それが友人がメスティンメス…

まだキャンプには行けていないのですが、簡単に炊飯ができるのを始め、調理に便利なので自宅で色々試しています。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

そのメスティンをいつも下から支えているのが、エスビットポケットストーブ。
箱の状態からわかりますが、ポケットにも収まるコンパクトサイズ。

  • サイズ:収納時98×77×23mm
  • 重量:170g/85g(固形燃料を除く)
  • 固形燃料スタンダード(4g×20タブレット)付

僕が購入したのは、「ポケットストーブ スタンダード」。ミリタリーというのもありますが、固形燃料のサイズが違います。
また、大きいラージサイズもあります。

シンプルで使い方簡単なエスビットポケットストーブ

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

こちらがエスビットポケットストーブ
98×77×23mmと小型なので、荷物を少ないしたいシチュエーションなどでも便利。軍隊で使われているというのがうなづけるアイテムです。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

エスビットポケットストーブの魅力は組み立ての簡単さ。
ふたを開けるだけでストーブに早変わりです。

ポケットストーブを開くとこんな感じ。中には固形燃料が入っています。
この固形燃料はそのままでもちろん使えますが、煤が多いこともあり僕は使っていません。今度着火剤として使ってみる予定。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

風除けは角度を変えることができます。
使うクッカーのサイズによって変えることができるので便利。まだやっていないですが、缶詰をそのまま火にかけることもできますね。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

100円ショップで買った固形燃料で、メスティンで炊飯した時のもの。
エスビットポケットストーブ+メスティン+固形燃料の組み合わせが非常に使いやすく重宝しています。

メスティンで炊飯するときは、蓋の上に缶詰を置いておけばしっかり温まります。
簡単ランチがすぐに作れて超絶便利。

エスビット(Esbit) ポケットストーブ愛用中!持ち運び簡単超便利

自作アルコールストーブとの相性も抜群。
固形燃料よりも火力が出せるので、こちらも重宝している組み合わせ。いつでも支えてくれるのはエスビットポケットストーブです。

エスビットポケットストーブは風の影響を受けやすいとよく聞くので、今度風除けを自作してみようかな、と。

まとめ

購入してから重宝しているエスビットポケットストーブ。
ソロキャンパーや登山家の方御用達ということでずっと気になっていたわけですが、やはり長い間人気のものにはそれなりの理由があるんですね。

シンプルで使いやすく、持ち運びも簡単。
見た目も無骨な感じすらしますが、これがまた愛着が湧くんですよね。

これからは当ブログにちょいちょい登場するようになると思います。

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*