沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

沖縄県那覇市にある老舗ステーキハウス、ジャッキーステーキハウス
食べログを見ればなんと口コミ700件超え。沖縄旅の初日の夕食にと、その人気店で食事してきました。

平日ということもあって油断していたのですが、店の前に着いてみると店の外には入店を待つ人がたくさん。
妻と2人、結局1時間待っての入店。人気の高さが伺えます。

食べたのはテンダーロインステーキとニューヨークステーキ。
が、ステーキの到着前に運ばれてくるスープはおいしくなく、ジャッキーステーキハウスが共同開発したというステーキソースも口に合わない。散々な思いをしてしまうところだったわけですが……。

リーズナブルな割に柔らかくて旨味たっぷりのステーキ。
醤油と塩胡椒で食べれば絶品。肉を食べに来たのだから肉が旨ければいいや、と思えるおいしさでございました。

沖縄旅初日の夕食はステーキ!ジャッキーステーキハウスへ

妻との沖縄旅。
初日はホテルから歩いて行ける範囲を散策。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!
妻と2人での沖縄旅。 初日は那覇市内。ホテル周辺を散策しようと国際通りへ。2年ぶりの国際通りは相も変わらず賑やか。 土産物屋を横目に見つつ、向かったのは牧志公設市場。 …

牧志公設市場付近を探索したあと、市場前で見つけた小さなコーヒー専門店”THE COFFEE STAND”でひと息。
素晴らしいスペシャリティ・コーヒーをいただいて元気が出た僕らは、夕食を摂るべく前々から決めていた店へと向かったのでした。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

向かったのは、ジャッキーステーキハウス。
大通りには面していないのですが、夜であれば離れたところからでも赤い看板が目立つのですぐにわかりました。

住所としては、沖縄県那覇市西1-7-3。
最寄駅はゆいレール旭橋駅。徒歩10分ほどのところにあります。

平日でも行列!大人気店ジャッキーステーキハウス

店の前に着いてみると、いやはや、すごい人。
行列……というより人の群れ。自分の待ち順になると店員さんが呼んでくれるシステムのようです。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

看板に”SINCE1953″とあるように、戦後間もなくアメリカ統治時代にオープンしたジャッキーステーキハウス。
もう65年。老舗中の老舗ですね。

ウェブサイトのドメインもsteak.co.jp。
オールドドメインでしょうな。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

食べログを見ると口コミ700件超え……平日だからって舐めておりました。
人の多さに辟易としながらも、店の中に入って客待ち名簿に名前を書いて待つことに。名簿の横に待ち時間が30分と提示されていたのですが、ここからなんと1時間待つことになるのです……。ちなみに予約不可。

別記事にも書きましたが、この店でも外国人、特に中国人が多く待っていました。
蒸し蒸しした気候の中で中国語が飛び交う中にいると、香港や台湾にいるかのような気分になります。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

店内では待てないので、店の前で待ちます。
この日の昼間は26℃。夜になってもじめじめして暑い中で、ぼーっと待ちます。

店の外には現在の空き状況を示すの信号機。

  • 空席あり
  • やがて空席
  • 只今 満席 進入OK

の3つがあるのですが、”やがて空席”が点灯しています。やがて空席……そりゃせやな。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

その”やがて”が訪れたのは1時間後。
こんなに何かをただひたすら待ったのはいつ以来だろうか……。一箇所にじっとしていられない性格なので、もう覚えていないくらいです。

店内ではスタッフさんが忙しそうに動き回っています。
内装はアメリカンな雰囲気がありつつも老舗ということで話も感じるような……と、さすがに空腹状態だったのでさっそくメニューをば。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

メニューを見てみると、結構種類がありますね。
ステーキやハンバーグだけでなく、タコスやカレー・ハンバーガーサンドなど。気になるものは多いですが、今回は初ジャッキーなのでステーキ一択!

ステーキの料金とサイズはこんな感じ。

  • テンダーロインステーキ
    L(250g) … ¥2500
    M(200g) … ¥2300
    S(150g) … ¥2100
  • ニューヨークステーキ
    L(250g) … ¥1900
    S(200g) … ¥1700
  • ハンバーガーステーキ
    L … ¥900
    S … ¥800

注文したのは、テンダーロインステーキSサイズとニューヨークステーキSサイズ。
サラダとスープが付く他に、ライスかパンを選べます。妻はパン、僕はライスにしてみることに。

さて、注文してから程なくしてサラダとスープが到着。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

ステーキの到着を待つ間、食べて待とうと手をつけたのですがここで感じる違和感。
サラダは普通…でもスープがなんともおいしくない……というか正直まずい。

ポタージュスープのようですが、粉っぽくて味が無い。粉っぽくて深みも無い。
どうやら塩やコショウを足して飲むようなのですが、それでも微妙。散々待っただけに不安になります。

ニューヨークステーキにテンダーロインステーキ…肉はさすがに旨い!!

スープの味に不安になっていたところに、鉄のステーキ皿でジュージュー音をたてながらステーキが登場。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

まずはニューヨークステーキから。付け合わせはタマネギのソテーとフライドポテト。
Sサイズということで200gですが、なかなかボリュームがありますね。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

味はついていないので、卓上にある調味料で味をつけて食べます。
一口目は肉の味をそのまま味わうために塩で。

ナイフで切ると驚くほど柔らか。
リーズナブルな割に柔らかくて旨味の強い上質な赤身。おいしい!

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

ステーキにはサラダ・スープの他に、ライスかパンがつけられます。
僕は迷わずライスにしたのですが、妻が頼んだパンが美味。フカフカで食感が良く、香りも良いパンです。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

塩胡椒と醤油で数口食べましたが、当然のようにステーキにバッチリ合います。
半分くらい食べ進めたところで、ジャッキーステーキハウスが共同開発したというNo.1ソースで食べてみることに。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

ところがこのソース、見た目は良いのですが酸味がすごいんです。
ものすごく酸っぱいケチャップと言いますか……肉の味がわからなくなります。ソースも楽しみにしていたのですが、口に合いませんでした。残念。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

お次はテンダーロインステーキ
メニューでも一番上にあるだけあって、周りでも注文する声を一番多く聞いた一品。

沖縄那覇の老舗「ジャッキーステーキハウス」のステーキに舌鼓!

こちらも柔らかいのですが柔すぎず、じっくりと咀嚼すれば旨味が口の中に広がっていきます。
最高に旨い上質のヒレ肉。ライスもいけますが、これならパンでも良さそうです。

まとめ

沖縄県那覇市にある老舗、ジャッキーステーキハウス。
食べログで口コミ700件超えと人気店なのはわかっていたのですが、平日から1時間待ちと人気なのは間違いありませんでした。

スープの出来に本当に不安になりましたが、ステーキは納得の味。
リーズナブルに上質の肉が食べられるのは嬉しいですね。

とはいえ、また1時間待ってまで食べたいかと聞かれれば……。
正直答えはNOですね(笑)


ジャッキー ステーキハウス (JACK’S STEAK HOUSE)

■住所
沖縄県那覇市西1-7-3

■TEL
098-868-2408

■営業時間
11:00~翌1:30

■定休日
毎月第2・第4水曜日
元日(1月1日)、ウークイ(旧暦7月15日:旧盆の最終日)


カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
旅行記 グルメ 沖縄 日本

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*