読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

isLog [イズログ]

isLog〜イズログ〜は『日々生きること自体が旅』をモットーに、僕ishikawaが感じていること・おすすめしたいこと・ウェブなどの技術で共有したほうが良いと思うことについて日々綴っているブログです。

MENU

「自分で光っちゃえばいいじゃん」マコデス・ペトラが我が家にやってきた

日々のコト

f:id:islog:20151231053139j:plain

マコデス・ペトラという植物をご存知でしょうか。

むつかしいお名前でございます。
なかなか覚えられない。

この植物、写真ではなかなか伝わりづらいのですが、葉脈がキラキラと輝いているのです。

マコデス・ペトラと過ごす日々

f:id:islog:20151231053153j:plain

友人の川端くんがマコデス・ペトラをプレゼントしてくれました。
木で素敵な猫を作っている友人でございます。

彼はマコデス・ペトラを自宅で育てていて、プレゼントしてもらう前にも彼の自宅で見せてもらったことがありまして。
神秘的な佇まいにずっと見惚れてしまったものです。
そんなこともあり、我が家に持ってきてくれたときには感謝感激でございました。

なんとも神秘的な佇まい

f:id:islog:20151231053227j:plain

ジュエル・オーキッドと呼ばれるラン科の植物。
その名の通り「宝石のようなラン」。

その中でもビロード状の葉に黄金色に輝く葉脈が美しいのが、今回川端くんがくれたマコデス・ペトラです。
洋ランでは珍しく葉の美しさを楽しむものとされています。

マコデス・ペトラの魅力はなんと言ってもその神秘的な佇まい。
葉脈のキラキラとした煌めきは神々しいことこの上ない

f:id:islog:20151231053236j:plain

夜景に光る街の明かりのように電子光のように光っているように見えたり、金色の刺繍糸で縫ったように見えたり。
小さい葉は銀色っぽい色味をだしていたり、と。きれー。

光り方も光の強さもその時々で違っていて、じっと見ているとなんだか意思の疎通をしているような気分になります。
葉脈の輝きがまるでマコデス・ペトラの気持ちを表現しているような、そんな風に見えてくるのです。

目の位置を変えると輝き方も変わります。
ずっと見ていても飽き無いのですよ、これが。

自分で光っちゃえばいいじゃん

f:id:islog:20151231053244j:plain

マコデス・ペトラの葉脈が光っているように見える理由はよくわかりません。
光の少ない場所でも生息できるように光を取り込めるようになったのかしらん。

理由はよくわからずとも、マコデス・ペトラが見せてくれる輝きは美しい。
これは想像ですが、本来光が無いと生きていけない植物が、もしも生きる術として光を体内に取り込むようになったのならすごいですよね。

自分に当てはめてみると、僕は光が弱くても、輝くことはできるのかなとか考えてしまうのです。
光が当たれば僕だってもっと成長できるのに!とか、周りが光を遮っちゃうから僕には光が届かないんだ!なんて。
そんな風に考えちゃってないかな、とマコデス・ペトラを見て思ってみたり。

自分で光っちゃえばいいじゃん

そんなふうに、言われている気がします。

さて、今日はなんて言ってくれるかしら。
と、美しい葉と毎日向き合うのでした。

 

 

次回予告(明日になってみたら違うことが多々あります)

青砥の定食屋『湖洲(こしゅう)』 メンチカツと牛肉コロッケ
RSS購読 rss-button-off