壁一面1ドル札だらけ!汐入駅近くの立飲み屋「ヒデヨシ商店」

横須賀市汐入町にある立飲み屋「ヒデヨシ商店」。

以前より訪れてみたかった店での一杯は、今回の横須賀探訪での目的のひとつ。
前々から噂には聞いていたものの、日本の立飲み屋という趣にも関わらずUS NAVY御用達で外国人が多く集まるユニークな雰囲気のお店でした。
壁一面に1ドル札が貼られた内観も面白く、終始楽しく飲めたのでした。

外国人が集まる立飲み屋!安く気楽に飲めるのも嬉しい

「どぶ板通り周辺でハシゴ酒企画」の中盤戦のこと。メンバーは前回から引き続き、Tommyさん(id:TommyBackpacker)とヤカンと僕の3人です。

階段何段あるの?横須賀市汐入町の高台散策はまるで山登り!

汐入町の高台を散策した僕らは、今回お目当てとしていたヒデヨシ商店に向かうことにしました。

店は京急線汐入駅からすぐ近く、徒歩1分ほどでしょうか。

f:id:islog:20160827195044j:plain

外観は古き良き酒屋といったところです。ここに来たくなったのは、Tommyさんが書いたヒデヨシ商店の記事を読んでからのこと。

blog.tommy-bp.com

Tommyさんとこうしてどぶ板通り周辺でのハシゴ酒をするのは二度目なのですが、ご一緒するきっかけとなったのが上記記事だったりします。読んでからどうしても訪れてみたくなり、声をかけさせていただいたのです。
一度目に訪れた際に休みでした。ということで、念願のヒデヨシ商店!

1ドル札だらけの内観!集まる米兵たち!身を置くだけで面白いのだ

さて、中に入ってみると、Tommyさんの記事で見た写真の通りの光景が広がっていました。

f:id:islog:20160827195048j:plain

カウンターに並ぶ、乾き物などのおつまみが入ったプラスチック容器。たくさん積まれた缶詰。雑多に置かれた客にプレゼントされたのであろう置物。そして何と言っても壁一面の1ドル札。
店に足を踏み入れた瞬間から、一気にヒデヨシ商店特有の賑賑しい雰囲気に体が包まれます。

f:id:islog:20160827195045j:plain

なんだここ、面白い!なんなんだここ、面白いー!!と尽きることのない興味。店内のどこを眺めても面白いのです。

f:id:islog:20160827195053j:plain

内観に加え、店内の雰囲気を独特なものにしているもう一つの要因がその客層。僕らが店に入ったときは常連であろう日本人ばかりだったのですが、ものの1時間くらいで目の前はほぼ外国状態。
店はバーというより立飲み屋といった趣にも関わらず客は外国人という、味わったことのない不思議な光景が酔いと相まってなんとも楽しいのです。

f:id:islog:20160827195051j:plain

途中訪れた米兵であろう男性2人と女性1人のグループが 、1ドル札を貼るところも見れました。天井に貼りたかったようなのですが届かず、男性の1人が踏み台になるというまさかの展開。カメラを構える女性と共に、写真を撮りつつ笑い合う愉快な時間。

チープなつまみを肴にビールとチューハイをちびちびと

注文はカウンターにいる親父さんに頼みます。支払いはキャッシュオン制。

f:id:islog:20160827195049j:plain

Tommyさん・ヤカン・僕、3人それぞれが瓶ビールを頼み、手酌スタイルでスタートです。この日のハシゴ酒としては2件目。とはいえ、出だしに公園で一杯、その後2時間ほど歩き回っているので、酒が効くのは目に見えております。
つまみはTommyさんが購入したキュウリの漬物とミミガー。

f:id:islog:20160827195046j:plain

ミミガー美味しいというのはTommyさんの記事で読んでいましたが、実際つまんでみると酸味が効いていてコリコリとした食感がなんとも良い感じです。この店は酒もつまみもリーズナブルなのですが、ミミガーもなんと150円。

f:id:islog:20160827195052j:plain

途中、隣の男性がつまみにしていたのを真似てヤカンが購入したカワハギの乾き物。旨味が強く、ビールがぐいぐい進みます。乾き物は立飲みの心強い味方なのだ。

f:id:islog:20160827195054j:plain

米兵たちが手にしている酒を注意して見てみると、ほとんどがコーラのチューハイを飲んでいるようでした。これは飲んでみるしかない!ということで真似てみました。
味はというと、懐かしき学生時代の宅飲み酒の味。焼酎を色々なもので割って飲んでいた時を思い出すようなチープな酒。こんなのも楽しい。アルコールの効果もてきめんで、一気に酔い始めるのでした。

つまみ追加ということで、定番の柿ピーを。こういったものは入口近くに提げられているので、手にとってカウンターに持っていって支払います。

f:id:islog:20160827195055j:plain

お金を支払った時に、「これ、入れ物にね!」とプロセスチーズの箱を渡されます。ということで、しっかりと活用してみることに。うんうん、いいね。チープ感が増してなんとも愉快。

ポリポリ、ゴクゴク、あっという間に酔っ払いの出来上がり。

まとめ

そんなに長居したわけではなかったのですが、店を後にしたときにはすっかり酔っ払っていました。コーラのチューハイが効いた。
と言いつつ、ここからがハシゴ酒の本番なわけですが……。

それにしてもヒデヨシ商店はなんとも面白いお店でした。店に身を置くだけで楽しいので、酒が愉快に飲めますよ。
海外の方がたくさんいる非日常感に興味がある方には特にオススメの店です。


ヒデヨシ商店

■住所
神奈川県横須賀市汐入町2丁目45

■TEL
046-825-0550

■営業時間
[月~土]9:00~22:00
[日・祝日]9:00~20:00

■定休日
第1・2・3日曜日


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*