八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

千葉県松戸市の八柱エリア。
八柱霊園に墓参りで訪れるくらいの場所だったのですが、今回霊園を去った後に立ち寄った場所がすごく素敵でして。

せんぱく工舎
1階にショップやカフェ、2階にアトリエ・工房が集まるクリエイタースペースとなっています。

八柱霊園へと向かう石材屋通り沿いにある建物なのですが、元々は企業の社宅。
その元社宅を、omusubi不動産という不動産屋さんが一棟丸々管理し、室内全てをDIY可能のスペースとして貸し出しているそう。面白い活動ですよね。

そのせんぱく工舎の1階にある「レトロサイクルアンドカフェ」で今回はゆったりとコーヒーをいただいてきました。
レトロサイクルは国産ビンテージ自転車の販売修理をされているショップで、カフェスペースにもその要素が随所に見られます。天井付近に自転車があったり、自転車の上に板を置いてテーブルにしていたり。

コーヒーも美味しかったのですが、ご亭主や奥様とのお話や娘さんとのやりとりが楽しくて温かい気持ちに。
なんと娘さんがレコードでハイジやピンクレディーの曲をかけてくれたり……楽しい時間を過ごせる素敵カフェです。

せんぱく工舎|千葉県松戸市の八柱エリアにあるクリエイタースペース

妻と共に訪れた千葉県松戸市の八柱。
八柱霊園への墓参りです。

せっかく八柱まで行くのでどこかに寄って帰ろうと話をしていた時に、妻が見つけてくれたのが「せんぱく工舎」でした。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

せんぱく工舎は神戸船舶装備株式会社という会社の社宅を改装して作られたスペース。
その元社宅を、omusubi不動産という不動産屋さんが一棟丸々管理することで今の形となったそうです。

あちこちに建物が余ってしまっているのに、たくさんの時間とエネルギーをかけて新築ばかりがどんどん建てられていくのは、なんだかもったいない。

それよりも今ある建物が、環境と調和しながら使われて残っていく方が自然です。

引用: http://www.omusubi-estate.com/?page_id=2

omusubi不動産ではリノベーション物件やDIY可能物件を扱ったり、古屋の再生などを手掛けられているそう。
今の時代に必要な活動ですよね。素敵。

八柱霊園に繋がる石材屋が並ぶ通り沿いに「せんぱく工舎」はあります。
住所は千葉県松戸市河原塚408-1。JR武蔵野線新八柱駅・新京成線八柱駅から徒歩15分ほどのところにあります。

せんぱく工舎1Fにある「レトロサイクルアンドカフェ」で過ごす温かい時間

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

さて、せんぱく工舎の2Fはアトリエ・工房。1Fにショップやカフェが入っています。
見たところ、本屋さんやカフェが並んでいるようだったので、コーヒーでも飲んでいこうと入口近くにあるカフェに立ち寄ることにしました。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

せんぱく工舎1Fにある「レトロサイクルアンドカフェ」。
自転車の上に板を置いてテーブルにしていたりと、DIYされているのが随所に見られるユニークで素敵な空間。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

国産ビンテージ自転車の販売修理をおこなっているレトロサイクル。
ちょうどご主人がいらっしゃったのですが、気さくな方で楽しくお話。元々は墨田区でショップをされていたとのこと。僕が通っていた高校の近くでした。

写真の右上に写っている自転車は映画にも登場したそうですよ。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

奥様がカフェを担当されておりました。ブレンドコーヒーを注文。
良い香り……とおいしいコーヒーをいただきながら、こだわりが随所に見られる店内を眺めます。

店内を眺めているだけで楽しいですね。ワクワクします。
興味深く眺めていると、それまで食事をしていた娘さん(小学生?)が声を掛けてくれました。そこからは娘さんに遊んでもらい、ガムをもらったりゲームをしたり……。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

なんとハイジやピンクレディーのレコードをかけてDJしてくれたり。しかもダンス付きです。これがまた上手で。
いやぁなんともアットホームな感じで、ホットコーヒーの効果だけでなく心まで温かくなっていきます。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

上を見上げれば天井にも自転車が。
こちらはJ-WAVEの番組の取材の際に、ナビゲーターのマリエさんをイメージして作った自転車なんだそうです。

昭和時代の自転車のパーツを使っていたりとショップ名同様”レトロ”なのですがおしゃれでかわいい。
オーダーメイドということで、服をあつらえてもらうように自分に合った自転車を作ってもらえる……日々乗る自転車であれば愛着湧くほうが良いですもんね。

八柱「せんぱく工舎」レトロサイクルアンドカフェでゆったり【千葉県松戸市】

店前に置かれた三輪自動車も、ご主人自らメンテナンスしてまだ現役とのこと。かわいらしい。

追加でデザートにカステラ(本当はシベリヤだったのですが、完成途中とのことでカステラだけいただきましたw)を食べつつ、娘さんに遊んでもらっていたらすっかり長居してしまいました。
また来るね、と挨拶して店を出ればなんだか温かい気持ちになっている自分に気付きます。次に来た時もまた遊んでくれたら嬉しいなぁ。

http://www.omusubi-estate.com/?b=senpakukousya

せんぱく工舎に行ったらむしろ自分のアトリエが欲しくなってしまい、自宅に戻ってからomusubi不動産のウェブサイトで空き部屋を調べてしまいましたw
2万円前後で借りれるんですねぇ。もう少しだけ近ければ本気で考えたのですが……。

何にしても、せんぱく工舎に出会えたのは嬉しいです。
これで八柱に行った際の楽しみができました。毎度寄ろうと思います。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
グルメ カフェ

コメントを残す

*