YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

どうも、YouTubeヘビーユーザーです。
我が家ではテレビは見ないのですが、代わりと言ってはなんですが、YouTubeをしょっちゅう観ております。

スマホアプリで見ていることが多いのですが、ちょっと前から気になることがありまして。
それが、どうやら最近追加された「画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り」機能。

動画を少し前に巻き戻そうとスライダーを移動させている時に、「左右をダブルタップすると、前後に10秒ずつスキップできます」と表示されたことで気付いた機能です。
最初はどのような場面で使うのかパッとこなかったのですが、一度使ってみると指が覚えていて、無意識に使うようになっていました。

地味な機能ですが、結構便利だったりするのです。

AndroidやiOSのYouTubeアプリで使える「10秒巻き戻し・早送り」機能

AndroidやiOSのYouTubeアプリで動画を巻き戻し・早送りする時って、スライダーを移動することで調整しますよね。

YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

それが最近スライダーをいじっていると、画面上部に「左右をダブルタップすると、前後に10秒ずつスキップできます」と表示されるようになりました。

10秒ずつスキップ……はて、これはどんな時に使うのだろう?と最初に見た時は思いましたが、実際使いどころはあるんですよね。

スライダーで早送り・巻き戻しをする場合、長い動画だったりすると、ちょっとだけ戻したかったのに大きく戻ってしまったりすること、ありますよね。
そんな不都合が解消されて微調整が可能になるのが、「ダブルタップで10秒ずつスキップ」機能です。

YouTubeアプリで「10秒巻き戻し・早送り」機能を使う方法

YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

「10秒巻き戻し・早送り」機能を使うのは簡単。
動画表示画面の端をダブルタップするだけで、10秒単位で動画が巻き戻し・早送りとなります。

YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

画面の左側をダブルタップすると「10秒」という文字が表示され、動画が10秒戻り、巻き戻しとなります。

YouTubeアプリ|画面ダブルタップで10秒巻き戻し・早送り

画面の右側をダブルタップすると、動画が10秒進み、早送りとなります。

まとめ

画面の端をダブルタップすることで、10秒巻き戻し・早送りができる機能。
細かい機能ではありますが、ちょっとしたストレスが軽減される便利機能ですね。

気になった方は新機能をぜひ試してみてくださいね。

カテゴリ別記事一覧 レビュー アプリ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*