iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

iOSアプリの特急審査なるものを試してみました。
AppStoreに登録されるまで、通常の審査で10日程かかります。それが特急審査であれば1日程で審査が完了します。急ぎの際の最終手段ですね。

今回はその手順とかかった時間についてまとめます。

通常の審査までの手順と審査通過までの流れは、下記過去記事をご確認下さい。

【完全まとめ】iOSアプリ審査提出から審査通過まで

また、Xcode 7から無料で実機テストができるようになりました!

iOSアプリの実機テストがXcode 7で簡単無料に!早速試してみた!

iOSアプリ特急審査「Expedited Review」を申請する手順とかかった時間

まず、特急審査「Expedited Review」とは何かというと、一刻も早く審査をして欲しい時に依頼する言わば最終手段です。
その最終手段を使うべきときは、

  • リリース済のアプリに致命的なバグを発見したとき
  • 期間限定イベントにリリースを合わせたいとき

が該当します。

通常の審査には10日程がかかりますが、特急審査であれば1日程で審査が完了します。

気をつけなければならないのは、特急審査「Expedited Review」はアカウント毎に利用制限があることもあり、気軽に申請するべきものではないということです。
また、急ぎ見てもらう『理由』がレビュアーに伝わらなければ当然却下されます。
慎重に利用しましょう。

今回僕の場合は、『致命的なバグ』『期間限定イベントへのリリース』の両方に該当していたため申請をしました。

特急審査「Expedited Review」を申請するまでの手順

  1. まずは通常の申請手順と同様に、アプリのステータスが『審査待ち』になる段階まで作業します
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
    ※通常の申請手順については【完全まとめ】iOSアプリ審査提出から審査通過までをご覧ください。
  2. iTunesConnectのトップページに移動し、『リソースとヘルプ』を選択します
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  3. 次に『連絡先 App Store担当者へ質問を送る』を選択します
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  4. 『Contact Us』という画面になるので、上から順にドロップダウンで、「App Review」⇒「App Store Review」⇒「Request Expedited Review」と選びます
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  5. すると下部に文章がでてくるので、「Request an Expedited App Review」というリンクを押下します
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  6. 『Contact the App Review Team』というページに遷移します。Topicが『request an expedited app review』となっていることを確認しましょう。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  7. 下に進むとフォームになっているので、まずは電話番号と、法人であれば会社名を入力します。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  8. さらに下に進み、特急審査を依頼するアプリ名とアプリIDを入力し、App Storeを選択します。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
    ※アプリIDはアプリ詳細ページで確認できます。ロゴとバージョンの間に表示されています。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
  9. 後は特急審査を申請する理由を「Critical Bug Fix」(緊急性のあるバグ修正)、「Time-Sensitive Event」(時間限定イベント)、「Other」(その他)の中から選択し、Explanationの部分に詳細な説明を入力します。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
    僕は他の申請と同じく、日本語と英語両方で理由を詳細に入力しました。
    入力ができたら『Send』ボタンを押し、確認画面で確認した上で『Submit』ボタンを押下したら申請完了です。
    リクエストを受け付けたとの文言が表示されれば問題ありません。
    iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

返答メールが届くまで

前述の手順で特急審査申請をした後は、Appleからのメールを待ちます。
そのメールが申請OKとの回答だった場合は、優先して審査が進められます。

iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

このメールがくればバンザイです。

僕の場合は、
特急審査申請したあと12時間後に特急審査する旨の上記内容のメールがきて、その4時間後にステータスが『レビュー中』となり、その20分後に『販売準備完了』となりました。

感覚としては、昼に特急審査お願いメールをして一晩寝て朝確認したらApp Storeに並んでたという感じでした。

まとめ

いざという時の最終手段として、特急審査「Expedited Review」は非常に心強いと思います。
特急審査を申請する時は焦っていることが多いとおもいますが、申請する理由をしっかりと記述するようにしてくださいね。

機能に問題無ければどうでも良いのですが、結構iTunesConnectのページってバグ多いですよね。

iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

機能自体、日本語バージョンだと使えないってこともありましたからね。
※Developerサポートに電話したら把握しているのだけどなかなか改善されないんですとあっさり認めました。

どうせ大事なところは英語なのだから、バグとか検証終わってからまとめて全てリリースすれば良いのにと思ってしまいます。

 

【「TECH::CAMP」なら、全くの未経験からでも最新の開発言語Swiftを用いてiPhoneアプリ開発を学ぶことができます。プロのアプリ開発現場でも活躍できる技術力が短期間で身につくのでおすすめ。オンラインでも学べますよ!】

iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段
ゼロからサービスをリリースできるレベルまで到達。iOSアプリ特急審査申請手順まとめ!急ぎのときの最終手段

 

本で学ぶならこちらがオススメ!

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
iOSアプリ申請 アプリ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*