メバリングなのにヒラスズキ入れ食い!?旨すぎるヒラスズキの刺身

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

最近コンスタントにやっているメバリング
あんな軽いジグヘッドで釣りなんて……とか思っていたわけですが、始めてみれば楽しくて見事にハマっています。

さて、夜はしっかりと冷えてきた11月下旬。
そろそろ尺メバルが釣りたい!と意気込んで臨んだメバリング。が、どうやらその日は海の状況が違っておりました。

2インチのワームを投げ込むと、ゴンゴン!と強いアタリ。
その後ドラグが止まらないくらいの初速で引く魚がヒット。

ヒラスズキでした。

メバリングをしていたらヒラスズキが食ってくる……面白いですね。
面白いのですが、僕は引きの強さに完敗でした(笑)

ナチュラム 楽天市場支店
¥550 (2024/06/07 20:15時点 | 楽天市場調べ)

リグはいつものセット。ジグヘッドはエコギアのシラスヘッド0.9g、ワームはジャッカルのキビキビナーゴ2インチでした。

11月下旬のメバル釣りがヒラスズキ釣りに

秋になって毎週のようにやっているメバリング。
釣って楽しい、食べて楽しいメバルは最高の釣りターゲットです。

わずか1グラムほどのジグヘッドと2インチほどのワームでやる釣り。
風に翻弄されることも多いですが、僅かな情報を頼りにやる繊細な釣りは初心者ながらも夢中になります。

さて、メバリングのはずが釣れたヒラスズキ。
実はこのヒラスズキは一緒に行った師匠が釣ったもの。

僕は三度かけましたがいずれもラインブレイク。魚に悪いことをしてしまいました。
PE0.3号でヒラスズキを相手にするには僕はまだまだ未熟でした(笑)

悔しいですが、いずれリベンジですね。

ヒラスズキの刺身が旨すぎて痺れた

釣れなかった悔しさはありますが、いただいたヒラスズキを捌いておいしくいただきます。

サイズで言うとヒラフッコですね。
内臓を取り出していると、良い感じに脂がのっているのがわかります。

普段釣っているマルとは違った姿のヒラスズキ。
顔がかっこいいんですよねぇ。

せっかくのヒラスズキ。
やっぱり刺身でいただきたいところ。

背身・腹身どちらも刺身に。
余った身をたたきにしてみました。

ヒラスズキの刺身の味は……まさに絶品!
程良く引き締まった身を咀嚼していると脂の甘味が口の中に広がります。

白飯にも、酒にも、抜群に合う味。
んーこれは自分で釣って味わいたい!

ということで、次の日も同じポイントに行ってみましたがヒラスズキには出会えず。
釣れなくて悔しくてまた釣りへ……これが釣り。悔しいですが、楽しいですね(笑)

釣具のキャスティング 楽天市場店
¥9,625 (2024/06/07 19:12時点 | 楽天市場調べ)
ナチュラム 楽天市場支店
¥54,135 (2024/06/06 23:06時点 | 楽天市場調べ)
楽天ブックス
¥1,540 (2024/06/08 21:55時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました