釣れたてアジ刺身丼&サバつみれ焼き・つみれ汁【釣り飯】

釣り飯

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

千葉外房で釣ってきたサバとアジ。
その釣りたての魚を使っての釣り飯です。

アジは刺身にして食べたかったので、アジ刺身丼に。
サバはいつもは〆鯖にすることが多いのですが、今回は作ったことの無い料理にしようとサバつみれにすることに。

サバつみれはそのまま焼いたつみれ焼きと、つみれ汁にします。
食べたことの無かったサバのつみれですが、これがなかなか旨い。

おいしいのが確定しているアジの刺身丼とあわせて、満足の釣り飯となりましたよ。

千葉外房で釣ってきたサバ・アジを調理しての釣り飯

千葉外房にある堤防への釣行。

基本渋かったですが、朝マズメ後にジグサビキでサバやアジが釣れました。

泳がせ釣りの餌にしたこともあり、持ち帰ってきたのはサバ3匹・アジ2匹。
サバ・アジは小さくてもおいしいですからね。少しでも持ち帰れる魚が釣れて良かったです。

アジは刺身丼、サバはつみれ焼き・つみれ汁に

アジは丼モノにするため刺身に。
血抜きをしてエラと内臓は現地で取り除いてきているので、生臭さはありません。

3枚下ろしにして骨を取り除き、皮を剥いでおきます。
後は一口大に切って白いご飯にのせるだけ完成。簡単ですね。

続いてサバはつみれに。
まずは三枚下ろしにして、骨や皮を取り除いておきます。

サバの身をたたきます。
ある程度たたいたら、ネギ・おろし生姜・おろしニンニク・白ゴマ・味噌を混ぜ込みます。

小判状に形を整えてフライパンで焼いてつみれ焼きに。
両面を焼いて軽く焦げ目がついたら完成です。

最後につみれ汁。
あらかじめ湯霜にしておいたサバのアラを水から煮出して出汁をとります。

出汁がとれたら醤油・酒・味醂・塩で味付けをし、つみれを丸い形にして投入。
つみれに火が通ったら完成。

釣りたてアジ刺身丼とサバのつみれ焼き・つみれ汁

完成しました、今回の釣り飯。
アジ刺身丼とサバのつみれ焼き・つみれ汁です。

まずはアジ刺身丼から。
刻んだカイワレ大根の上にアジの刺身を盛り付け、上から刻みネギを散らしています。

醤油を一回りかけていざ実食。
ん〜釣りたてのアジの旨さは鉄板!夢中になってかき込んでしまう一品。

続いてはサバのつみれ焼き。
色々な釣り飯を作ってきましたが、サバのつみれは初めて。

このつみれが想像していた以上に旨い!
サバの旨さはそのままに、ニンニクや生姜を混ぜてたたいたことで臭みは一切ありません。

白飯にも合いますし、酒の肴としてもバッチリ。
我が家の釣り飯定番メニューに仲間入りです。

そして汁物、サバのつみれ汁。
立ち昇る湯気からサバの良い香りがしますね。でもしつこい匂いではなく、上品な感じ。

これまた旨い。
サバで出汁をとったのは初めてだったのですが、良い味がでます。

つみれからも出汁が出ていて、つみれ自体もおいしい。
味が強すぎないので、刺身なんかと相性が良いですね。

アジの刺身丼がおいしいことはわかっていましたが、初めて作ったサバのつみれが想像していたよりもずっとおいしくて驚きました。
どうしても刺身や焼きが多くなりますが、色々な魚でつみれを試してみるのも良さそうですね。

楽天ブックス
¥1,540 (2024/06/15 21:56時点 | 楽天市場調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました