冬のタナゴ釣り!自作タナゴ竿で小物釣り|釣り堀「釣パラダイス」

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

昨年終盤に夢中になり始めた小物釣り。
しかしメインターゲットのタナゴは釣れないまま年は明け……。

タナゴ竿を自作したもののタナゴを釣り上げられていないので、今年はどうにか自作竿でタナゴを釣りたい。
ということで、年明け1月上旬、千葉県山武市にある釣り堀へと向かいました。

その名も「釣パラダイス」。

序盤は釣れなく諦めて帰るか悩んだくらいでしたが、終盤になって入れ食い状態に。
念願のタナゴをついに釣り上げることができました!

すぐに餌に食い付くクチボソの中から、タナゴを当てるタナゴ釣り。楽しい。

釣り堀「釣パラダイス」で自作竹竿を使ってタナゴ釣り!

去年の晩秋頃からハマった小物釣り。

水元公園や北浦で釣りをしてみるも、メインターゲットであるタナゴは釣れず。
千葉に住んでいた子供の頃は田んぼのホソで大量に捕れたけど、大人になって東京に住んでいると、釣ろうと思ってもなかなか釣れないタナゴちゃん。

そんなタナゴに想いを馳せたまま年は明け……。
新年1月上旬にその想いを叶えようと釣り堀へと向かったのでした。

千葉県山武市にある「釣パラダイス」のタナゴ池を利用

車で千葉までドライブ。

向かったのは千葉県山武市にある「釣パラダイス」。
直球のネーミングですが、ウェブサイトもしっかりしていて良さそうだったので初利用。

初めて来たけどワクワクする要素の多い釣り堀。

釣パラダイスにはバス・トラウト・コイ・ヘラ・タナゴの5種の池があります。

タナゴ池は半日(5時間)で¥2,200。妻と2人で¥4,400。
釣果無しでは帰れませんな……と気合いが入ります(笑)

入場券を購入したらタナゴ池へ。
屋外に5種の池があるので、敷地はだいぶ広いです。

コイ池を通り……。

続いてヘラ池。

ヘラ池の奥にタナゴ池。
平日昼間の冬。貸切状態です。

自作タナゴ竿でタナゴ釣り!クチボソの猛攻の中からタナゴを狙う

釣り座を決めたら椅子を設置。

木々に囲まれていて環境良し。
鳥のさえずりを聴きながら糸を垂れることができるのが嬉しい。

作ったはいいけどまだタナゴを釣っていない自作竿。

今日こそはタナゴを釣りあげたひ。

仕掛けはいつも通りのタナゴ仕掛け。
試しにプロペラつけてみましたが、結果としてこれが良かったです。

餌はタナゴグルテン。
「釣り堀だし、パラダイスだし……」と気楽に構えて、釣りを始めたわけですが……。

やばい、全く釣れない……

開始から2時間。
タナゴ池の中を移動してポイントを変えてみたり、グルテンを大きくして効き始めるのを待ってみたりしたものの、アタリすら無い状態。

パ、パラダイスは何処に?
遠出したにも関わらずアタリすら無い現状に身体も冷えてきて、「そろそろ諦めて帰ろうか……」と話始めた時、突然アタリが出ました。

良かった、釣れた!
クチボソでしたが、それまでの状況が悪すぎたので夫婦揃って騒いでしまいました(笑)

グルテンに魚が集まってきたのか、一度アタリが出るとその後は糸を垂れるたびにすぐアタリが出るようになりました。
釣れるのはクチボソばかりですが、何匹かクチボソを釣った後にようやく……。

念願のタナゴ!
ようやく自作竿でタナゴが釣れて感動です^^

綺麗だなぁ。
子供の頃に当たり前のように捕まえていたタナゴが、こんなにも愛おしいとは(笑)

自作竿の調子も確かめながらの釣り。
いろいろ気付く事はありましたが、初めての竿なので許容範囲。次の竿制作にいかしたいですね。

クチボソ5匹に対してタナゴ1匹くらいのペース。
これがまたこの釣りの癖になる面白さな気がします。

横に引ったくるようなアタリのクチボソ(モツゴ)。

クチボソのアタリはウキにも明確に出るのでわかりやすいですね。
海釣りで言うと、サバのアタリに似ている感じ。

反対にタナゴは静かにツンっとあたる感じ。
この弱いアタリを見逃さずにあわせると、タナゴがかかってくる確率が多かった印象です。

タナゴの場合はウキに反応が無い事も多く、イトウキの動きであわせる形になるのですが、この日初めて使ったプロペラが良い仕事をしてくれました。
プロペラが微妙に回る動きで、タナゴのアタリをとってみます。

タナを深くして、餌を落とし込んですぐ後のプロペラの動きを見てあわせると、タナゴが釣れることが多かったです。
と、こんな気付きがまた、この釣りの魅力なんでしょうね。

目が赤いからオスかな?
タナゴの種類を特定する知識は無いので何タナゴかはわかりませんが、それでも釣れると嬉しいですねぇ。

終盤にタナゴが連続で釣れたりしましたが、残念ながら暗くなってしまうのでここで納竿。

タナゴを大量に釣る事はできませんでしたが、初心者の我々にとっては満足のいく結果。
前半戦は全くアタリもなかったので、その事もあって後半は入れ食い状態だったので楽しかったです。

自作竿にタナゴを釣らせてあげられたのも嬉しい!
これでようやく自作タナゴ竿と堂々と言えますね(笑)

今後もタナゴを求めて、自作竿で釣りをしてみようと思います。
タナゴ釣り、奥深き釣りなり。

合わせて動画もご覧ください!

楽天ブックス
¥1,320 (2024/06/12 17:50時点 | 楽天市場調べ)
フィッシング遊
¥660 (2024/06/12 17:50時点 | 楽天市場調べ)

コメント

  1. 釣りクラブ より:

    コツは!なんですか

  2. ishikawa より:

    タナを深くして、餌を落とし込んですぐ後のアタリにあわせるとタナゴが釣れた印象です。
    語れるほどまだ釣っていないのでコツというほどでは無いですが笑

  3. 釣りクラブ より:

    そうなんですね!ありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました