キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

葛飾区の四つ木と立石に、サッカー漫画「キャプテン翼」に登場するキャラクターの銅像がたっているのを知っていますか?
翼くんはもちろん日向くんに岬くんなどなど、人気キャラクターの銅像が計8体、あちらこちらに設置されています。

散歩がてら、その銅像をひとつひとつ巡ってみましたよ。

四つ木はほぼ地元で立石在住の僕なので簡単に巡ることができましたが、土地勘のない方には難しいと感じたので、Google Mapを利用して簡単なおすすめコース地図も作ってみました。
四つ木と立石のローカルな場所も散策できるので、散歩がてら巡ってみてはいかがでしょう。

葛飾区にキャプテン翼の銅像がある理由

人気サッカー漫画「キャプテン翼」。
日本だけでなく、海外でも人気の世界的サッカー漫画です。

さて、そんな漫画のキャラクターの銅像がなぜ葛飾区に、という疑問が聞こえてきそうなわけですが、実はキャプテン翼の作者である高橋陽一先生は葛飾区にご縁のあるお方。
葛飾区四つ木出身で、立石の南葛飾高校を卒業されているのです。

葛飾区には、他にも亀有に「こち亀」の銅像が設置されていますよね。
合わせて人気観光スポットとなればいいのですが。

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

最初の「大空翼像」が設置されたのが2013年。
2014年にはキャラクター7体の像が設置されました。

四つ木・立石はほぼ地元と呼べる場所なので、急に「キャプテン翼」が町に登場し始めたので最初は驚いたものです。
今では浸透しているのですが、逆にちょっと町に溶け込みすぎているような感じも受けます……。

ということで、もっと訪れる人が増えたらいいなという想いも込めつつ、キャプテン翼銅像について綴っていきます。

キャプテン翼銅像のおすすめコース地図

Googleマップを利用して、おすすめコースを地図にしてみました。

ルートとしては、四ツ木駅から出発し立石駅方面へと銅像を巡る形にしています。
立石駅から始めてもいいのですが、帰りに店に立ち寄るなら立石を最後にした方が良いと思います。四ツ木駅周辺は店が少ないので……。

巡る銅像の順番は、

  • 石崎了像
  • 日向小次郎像
  • 大空翼像(四つ木)
  • ロベルト本郷と大空翼像
  • 中沢早苗像
  • 岬太郎像
  • 大空翼像(立石)
  • 若林源三像

としています。

銅像巡りにかかる時間は、道に迷わず巡るだけなら30分強くらいですが、通常だと1時間くらい見ておいた方が良いかと思います。
では、ひとつひとつ銅像を紹介していきますね。

石崎了像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

四ツ木駅の改札を出て出口を右、その後左に曲がり線路沿いを進むと”四ツ木駅前ポケットパーク”に佇む「石崎了像」が見えてきます。
“四ツ木駅前ポケットパーク”といっても、実際はベンチがあるだけの休憩スペース。

石崎くんといえば”顔面ブロック”などのガッツ溢れるプレーが印象的なキャラクター。
銅像でもガッツポーズを決めてくれていますよ。

ちなみに、この近くにあるお店「ヨツギボシ★」はおいしくておすすめ。

四ツ木にあるおしゃれな創作沖縄料理屋『ヨツギボシ★』

日向小次郎像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

四ツ木駅近くの住宅街の中にある”四つ木公園”にあるのが「日向小次郎像」。

翼くんのライバル、日向小次郎。
小学校の頃とか、日向くんを真似して袖を肩までまくるのが流行った記憶があります。ファミコンでも日向くんが一番使えるんですよね。ネオタイガーショットが、すごくてね。

大空翼像(四つ木)

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

四ツ木駅から徒歩3〜4分ほどのところにある”四つ木つばさ公園”にたつ「大空翼像」。

キャプテン翼の主人公である大空翼の銅像で、翼くんの銅像は全部で2体あるのですが、こちらは2013年に設置された記念すべき第1号の銅像となっています。
ちょっと献血前に見えるのは僕だけだろうか。

ロベルト本郷と大空翼像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

こちらがちょっと場所的に分かりづらい”めだかの小道”に設置されている「ロベルト本郷と大空翼像」。
場所は前述の地図を参考にしてください。

銅像にロベルト本郷が出てくるとは意外でしたね。個人的には森崎くんとかいてもいいのかなとか思ったり。

中沢早苗像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

“葛飾郵便局”の前にある「中沢早苗像」。
四つ木エリア最後の銅像です。

応援団の制服姿の中沢早苗。通称「あねご」ですね。
最初は翼くんに片思いという描かれ方でしたが、ゆくゆくは翼くんと結婚したんですよね。

岬太郎像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

ここからは立石エリア。
“渋江公園”にある「岬太郎像」です。

キャプテン翼に登場するキャラクターの中でも最も人気のある岬くん。
翼くんとのゴールデンコンビが印象的で、2人で放つツインシュートは当時のサッカー少年は皆一度は真似したものです。

大空翼像(立石)

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

こちらは立石駅近くの”立石一丁目児童遊園”に設置されている「大空翼像」。
ヒールリフトしている瞬間を切り取った銅像ですね。

ちなみに、この公園の隣にある「大ちゃん」のたこ焼きはおいしいのでおすすめ。

『愛知屋』のコロッケと『大ちゃん』のたこ焼き!立石は買い食いも楽しいのだ

若林源三像

キャプテン翼銅像を探して四つ木・立石巡り!おすすめコース地図も

立石駅から徒歩3〜4分ほどのところにある”立石みちひろば”の中に設置されている「若林源三像」。

キャプテン翼に登場するゴールキーパーの中でも屈指の実力を持った若林くん。SGGK!
ゴールネットが絵で描かれているあたりが斬新ですね。

まとめ

と、若林くんまで巡ったあとは立石駅周辺に戻って食事(or お酒)、というのがおすすめコースです。

「立石」に関する記事まとめ

お店の情報は上記からご覧くださいね。

こうやって銅像巡りをしてみると、改めて原作を読み直したくなりますね。

この銅像をきっかけに、海外のファンももっと訪れるようになればいいのにと思いますね。町の活性化にもなるでしょうしね。

カテゴリ別記事一覧 旅行記 日本 立石

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*