タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

頻繁に利用しているタイムズカーシェアリング
使いたいときにウェブサイトから予約するだけで使える上、レンタカーのように受け付けのスタッフがいるでも無く、タイムズの駐車場から乗り出すだけ。面倒くさがりの僕にとってはありがたいシステムです。

もう先月のことですが、そのタイムズカーシェアリングで車を借りてエンジンをかけたところ、バックミラーが明るく点灯。
ん?と思い見てみると、バックミラーモニターになっているのでした。

車に興味が無いので車界隈のことがあまりわからないのですが、もうこれって普通のことなのかしら?

ミラー一体タイプのバックミラーモニター(LTM6023)

後日調べてみると、設置されていたのはどうやらこのバックミラーモニター。LTM6023。

ミラー一体タイプの4.3インチワイド液晶搭載のバックミラーモニター。
鮮明な映像の液晶モニターと、視認性の高いミラーそれぞれの機能・性能を確保しているとのこと。

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

我が家の近くのタイムズカーシェアリングでは、NISSANノートにのみ設置されているようです。

カーシェアリングでは運転情報など色々なデータを集めているはずなので、このバックミラーモニターもその一環で、試してもらうことで反応を見ているのかもしれませんね。

バックミラーモニターでの運転は慣れが必要?

ま、何はともあれ走ってみようと車を走らせてみると……。

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

モニターに後ろを走る車がリアルタイム映像で表示されます。
※写真・動画は助手席の妻が撮影
※揺れ激しくてスミマセン

んー、乗ってすぐはやはり違和感が。
ミラーと比べると距離感が違うんですよね。ミラーの距離感に目が慣れちゃってる。

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

リアのガラスの内側にカメラがついているようなので、車内の荷物など余計なものが映らないのは良いですけどね。

雨が降ると映像が雫で乱れるのでリアワイパー起動は必須。
慣れは必要ですが、慣れてくるとミラーで見るよりも鮮明に見えるので便利かもと考えを改め始めます。

このバックミラーモニター、ミラーの下のレバー(後続車のライトが眩しい時に使うやつ)を動かすことでモニターがOFFになり、通常通りのミラーとなります。

ちなみに、僕がこのノートを使ったときは、3回中2回、モニターがOFFの状態になっていました。
やっぱり違和感感じて、みなさんミラーにしているんですかね。

僕は最終的にモニターに慣れて、ミラーに戻すと余計な物が映り込みすぎてストレス感じるようになりました。
慣れって面白いものです。

バックミラーモニターはアラウンドビューモニターになってるよ

このバックミラーモニター、アラウンドビューモニターなるもののようでして。
バックをする時には、モニターの画面が分割されて、バックビューに加えて、車の真上から映しているような映像などもモニターに映し出されます。バックギアに連動しているようですね。

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

こんな感じ。
周囲の状況をパッと見で一度に確認できるので、後ろから自転車が来ていないか…などの確認には便利。

タイムズカーシェアの車にバックミラーモニター!斬新!!

車の位置までわかりやすく示してくれます。
が、この機能はイマイチ信用できず、目視でバック駐車しました。この辺の機能はさじ加減間違えると車こすっちゃうので、それこそ慣れないとうまく活用できない印象です。

まとめ

あまり所有欲が強くないほうなので、使いたいものを使いたいときにだけ使えればいい、といった性分。
そんななので、タイムズカーシェアリングは頻繁に利用しております。

これまでは使いたい時にすぐに使える便利さだけがメリットと捉えていましたが、今回のバックミラーモニターの件で新しい技術を試せることも面白く感じました。
最初は戸惑ったものの、1日走ってみればモニターのほうが使いやすいと思うようになっていました。またなにか、使ったことの無いものが搭載されていないか…と期待している次第です。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
ガジェット グッズ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*