ガツンと効きまくるにんにく!立石『海華』のニンニクチャーハン

立石『海華』のニンニクチャーハン。
あんなにニンニクの効いたチャーハン、初めて食べたのでした。

平日、仕事を終えて自宅に帰ると、妻が一言。
「ごめん、夕飯できてないんだ」

毎晩、妻が夕飯をつくって待っていてくれているのですが、この日はどうやら忙しかったようでして。いいのだよー。
たまには外で食べようと、地元立石の町に繰り出しました。

せっかくだから訪れたことのないお店に入ろうかと、散歩しながら探します。
ハラヘッタ。
この日、仕事で上司と若干揉めた僕は、食にそのストレスをぶつけようとしておりました。

ああ、こんな気分の日は、中華だ。
中華料理を、モリモリ食べたい。

海華 南口店でいただく本格四川料理

立石の仲見世を覗いたけれどもどこも満席。
ふらふらと商店街のほうへと歩いていきます。

そこで妻が「この先に中華屋さんなかったっけ?」と言ってきます。

『愛知屋』のコロッケと『大ちゃん』のたこ焼き!立石は買い食いも楽しいのだ

そのお店は以前書いた『大ちゃん』のすぐ近く、立石駅から歩いて2〜3分ほどのところにあります。

f:id:islog:20160402020116j:plain

海華』です。
暗い中に浮かぶ赤い灯が印象的。
海華というお店は線路沿いにもあるのですが、こちらのお店は立石南口店になります。

外に置かれたメニューを見ると、リーズナブルでございます。
「本格中華料理」との看板にも惹かれ、中華を求めていたこともあり、お店の中へと歩を進めます。
線路沿いの海華は以前に何度か訪れていたのですが、こちらは初めて。

f:id:islog:20160402015700j:plain

内装はいかにも大衆的な中華料理屋、といった雰囲気。
店内は広く、2階もあってお子さんたちの元気な声が聞こえます。賑やかで楽しいお店。

f:id:islog:20160402015702j:plain

僕らは1階の端の席に座ります。

f:id:islog:20160402015652j:plain

早速メニューを、と手に取ったところ、目に入ったのは「日替わりサービス お得なドリンク」。
行ったのは木曜日。木曜日は、チューハイ通常300円が210円……。

f:id:islog:20160402015655j:plain
迷わず注文しました。はい。
なかなか濃いめで良い感じでございます。

f:id:islog:20160402015657j:plain

せっかくの四川料理、ということで、「四川マーボー豆腐(490円)」を。

f:id:islog:20160402015656j:plain

メイン料理が迷います。いっぱいある……と思っていたところに「ニンニクチャーハン(680円)」が目に入りました。
ニンニク……元気出したかったのもあり、惹かれました。明日も仕事だけど、大丈夫だろう。そうだ、今日はモリモリ食べるんだ。

f:id:islog:20160402015654j:plain

妻は「今週の激安ラーメン(580円)」から、「辛口チャンポンメン」を注文です。

四川マーボー豆腐

f:id:islog:20160402015703j:plain

初めに運ばれてきたのはマーボー豆腐
テーブルに置かれたときから、ラー油や山椒の香りがしてきます。

f:id:islog:20160402015704j:plain

一口食べてみると……意外と辛くありません。豆腐のやわらかい食感とひき肉の旨味がたまらぬ。
と、咀嚼をしていると山椒の香りとピリッとしたしびれるような辛さが追いかけてきます。あとをひく、おいしさ。

チューハイにも合います。止まらない。

ニンニクチャーハン

f:id:islog:20160402015708j:plain

マーボー豆腐を頬張っていると、ニンニクチャーハンが運ばれてきました。
スープ付きです。

f:id:islog:20160402015709j:plain

と、テーブルに置かれた瞬間、強烈なニンニクの香りが鼻を抜けました。
マーボー豆腐を食べていた手を思わず止めるほどのインパクト。
見た目は普通のチャーハンなのに、香りがすごいのです。
向かい側に座っている妻も、すぐに香りに気付いて笑っておりました。

f:id:islog:20160402015715j:plain

では、一口。
おおお……これは強烈だ。
どれだけの量のニンニクが入ってるのか、脳天にガツンとくるくらいのニンニク臭です。
思わず次の日の仕事のスケジュールを思い浮かべます。
外出はなかったはず、と考えながらも手に持ったレンゲは止まりません。
旨い、旨い。

合間にマーボー豆腐を挟みながらも、食べ続けます。

f:id:islog:20160402015716j:plain

最終的には一緒に食べ始めることになります。
マーボー豆腐の山椒の香りは、完全にニンニク臭に負けておりました。

f:id:islog:20160402015714j:plain

途中、スープを飲んでみるも、ニンニクで鼻が刺激されているのかあまり味を感じませんでした。
恐るべき、ニンニクチャーハン。

辛口チャンポンメン

f:id:islog:20160402015705j:plain

妻注文の辛口チャンポン
見た目からして辛そうです。

f:id:islog:20160402015707j:plain

一口もらって食べましたが、スープの色ほど辛さは感じませんでした。
チャンポン本来の旨味がしっかりと感じられる、程よい辛さ。
量も多くて良心的です。

まとめ

食後には杏仁豆腐が運ばれてきました。

f:id:islog:20160402015717j:plain

この杏仁豆腐は食感がしっかりとしていて固め、味もあまくなく若干酸っぱいので口の中がすっきりとして美味しかったです。

すっきりとして、とは書きましたが、ニンニクは消えることなく、次の日の夜もまだ口の中にねっとりとした感じが残りました。
仕事には、マスクをしていくことに。
強烈なニンニクチャーハン。

ニンニクチャーハンのインパクトがすごかったのですが、どの料理もおいしく、また他にもメニューは多くありましたので、また訪れてみたいと思っております。
でも次もニンニクチャーハンを頼んでしまいそうな気がします。中毒性がある気が……。
次は、休みの前の日に行くことにしようw


海華 立石南口店

■住所
東京都葛飾区立石1-21-7

■TEL
03-3695-3320

■営業時間
11:30~15:00
17:00~23:00

■定休日
なし


筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*