釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

木更津沖堤防で釣ってきた魚で釣りメシ

初めての沖堤防での釣りは天候が悪かったこともあり、なかなかタフなものとなりました。
それでもポツポツとアジなどが釣れ、持ち帰ったのはアジ・サバ・セイゴ・ウミタナゴ・メバル・イイダコ。海の荒れ様を考慮すれば、まずまずの釣果といったところです。

そんな釣ってきた魚たちを調理しての釣りメシ作り。
なかなか良いサイズのサバはしめ鯖に、その他の魚は干物にすることに。

完成した料理は友人達と日本酒の肴に。
釣って楽しい、食べておいしい。釣りはやめられませんな。

千葉木更津沖堤防での釣果はアジ・サバ・セイゴ・ウミタナゴ・メバル・イイダコ

初めての沖堤防での釣り。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】
千葉の木更津沖堤防への釣行。 沖堤防というものに行くのは人生初めてです。沖堤防はその名の通り、沖にある堤防。 地続きになっていないため、渡し船に乗って移動します。今回使…

地続きではないため、渡し船に乗っての移動となります。
早朝、まだ暗い中を突き進む船に乗り、海の真ん中にポツンと浮かんでいるような沖堤防に身を置くのは、今まで感じたことの無い妙な高揚感がありました。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

さて、木更津沖堤防での釣果がこちら。アジ・サバ・セイゴ・ウミタナゴ・メバル・イイダコです。
アジはもっと釣れたものの、泳がせ釣りの生き餌として使っていたこともあって2桁に届かないくらいとなってしまいました。

釣ったと書いたものの、サバは友人が釣って譲ってくれたもの。
そのサバが今回の釣りメシの主役となります。

サバはしめ鯖!他の魚は干物に

釣りを終えて自宅に戻ったらすぐに魚を捌きます。
魚料理は鮮度が大事。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

サバはなかなか良いサイズだったのでしめ鯖にすることに。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

内臓と頭を取り除き、3枚におろします。
腹骨は最後に取り除くので、そのままにしておきます。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

続いて塩を両面にふって余分な水を出します。
しめ鯖の作り方は以前の記事にも書いておりますので、詳しくはそちらを参照くださいまし。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】
釣りたての魚をさばいての楽しい釣メシの時間。今回は、鯖(サバ)をしめ鯖にして、それをネタに手毬寿司にしましたよ。しめ鯖の手毬寿司です。新鮮な釣りたての鯖を使ったしめ鯖は言う…

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

1時間ほどおいてから塩を洗い流し、酢に漬けます。漬けるのは15分ほど。
キッチンペーパーで包んで酢に漬けると、酢の量が抑えられ、満遍なく漬かります。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

酢締めした身から包丁で腹骨をすきとり、骨抜きを使って中骨を取り除きます。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

最後に薄皮を剥いたら完了。
日焼けした時に皮を剥くのと同じような気持ち良さがあって好きな工程(笑)

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

続いて干物作り。
エラや内臓を取り除き、腹開きにします。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

上手く開けると結構嬉しかったりするので、この工程も好き。
焼いた後の仕上がりにも影響するので、集中して捌きます。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

開いた魚は塩水に漬けます。1時間ほど。
干物の作り方も別記事に書いていますのでよろしければ。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】
ベラにアジ・メバル・グレ・ソイ・アイナメ・ギンポ・キス・ハゼ……。 釣った魚をひらいて漬けて干して、塩干しやみりん干し・ウイスキー干しにして、最後は炭火で焼いていただく幸せ。 …

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

あとは干しカゴに入れて一晩干すだけ。
翌朝には美味しい一夜干しが完成しております。

釣りたてサバのしめ鯖とアジ・セイゴ・ウミタナゴ・メバル・イイダコの干物

さて、この日は友人達との日本酒パーティーの日。
日本酒の肴として、釣りメシを提供することに。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

まずはメインのしめ鯖。
ちょっと酢締めが短かったようで、薄皮と一緒にところどころ本皮も剥けてしまったのが反省点。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

食べてみると酢はほんのり感じるくらいで、しめ鯖というよりは刺身のよう。
プリプリとした食感で、咀嚼しているとサバの旨味を感じます。日本酒との相性◎。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

続いて干物。
アジ・セイゴ・ウミタナゴ・メバルと食べ比べましたが、やっぱりアジが一番旨いですね。

今回は時間が無くてフライパンで焼いたのですが、やはりいつものように炭火で焼いたほうが遥かにおいしいことが判明。
炭の香りが良いアシストをしてくれますし、何より身がふっくらと焼けます。

釣ったサバでしめ鯖&アジにセイゴ・メバルやイイダコの干物【釣りメシ】

初めて干物にしてみたイイダコ。
弾力がえらいことになっていましたが、旨味が強くなって美味でした。たくさん釣ってもっとたくさん食べたいくらい。

まとめ

木更津沖堤防で釣ってきた魚での釣りメシ。
しめ鯖は酢締めが足らず、干物はフライパンで焼くとイマイチというのが反省点となりましたが、それでもおいしかったです。

本当はアジを刺身にしてアジのたたき丼とか作りたかったんですけどね。
まあ、やりたいことを残しておいたほうがモチベーションが上がるのでまた次回の楽しみとしようと思います。

カテゴリ別記事一覧(全カテゴリ一覧
グルメ 釣りメシ

筆者について

筆者について


1982年、東京下町生まれ。
高校卒業後、アメリカへ留学。その後、「アートが根付いた国では絵だけで食えるのか」を確認するため、ドイツベルリンにてアート活動をおこなう。

日本に戻ってからは、コーディング・オーサリング・プログラミングなんかを経て、ウェブディレクターを肩書きにしておりました。現在は独立し、ブログやサイトの運用を軸に、ウェブサイトの企画提案からデザイン・構築まで手広く活動しております。何でも屋です。
制作のご依頼はお問い合わせフォームよりお願いします。

isLog〜イズログ〜では『日々生きること自体が旅』をモットーに、日々の旅を中心に綴っています。

詳しいプロフィールはこちら


feedly

コメントを残す

*