『山門前 もみじや』高尾山登山時は天狗そばがオススメ!!

山登り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

高尾山に登った際に必ず立ち寄る蕎麦屋があります。

山門前 もみじや

『もみじや』の蕎麦は独特で、蕎麦は切り方が不揃いで太め、つゆは大分甘め
この独特の味が実に癖になります。

高尾山を登り始める頃には、蕎麦を無意識に思い浮かべていたり。

登山客を出迎え、そして見送る蕎麦屋

f:id:islog:20151231070946j:plain

『もみじや』は山の中腹の山門の前にあります。
リフトやロープウェイを利用する登山者の多くがこの店の前を通るはず。

多くの登山客が山頂を目指して歩く中、妻と2人、列からすっと離れて店の中に入ります。

f:id:islog:20151231070957j:plain

店内は木彫のいかにも山小屋のような内装。
登山気分を盛り上げてくれます。

f:id:islog:20151231071004j:plain

メニューは観光地の店にしては潔く、温かい蕎麦・冷たい蕎麦、それに小料理といった具合。

  • 天狗そば
  • とろろそば
  • 板わさ

を注文。

秋の山の風は清らかだが、冷たい。
蕎麦はどちらも温かいものにしました。

天狗そば

f:id:islog:20151231071013j:plain

この店を訪れると必ずいただく『天狗そば』。
高尾山には天狗がいるとされていることから、それになぞらえて名前に天狗とつけているのでしょう。

前述の通り、『もみじや』の蕎麦は特徴的。
一口啜ればわかると思いますが、蕎蕎麦は切り方が不揃いで太く、つゆはかなり甘め。
この味が、登山前には堪らないのです。

f:id:islog:20151231071023j:plain

太めの蕎麦は食べ応えがある割に、喉越しはつるっとしていて食べやすい。
つゆは色が濃く甘みが強い割に、後味は出汁が香りさっぱりとしています。

具も大きな海老天を筆頭に、天狗の焼き印入りのカマボコ、舞茸の天ぷら、山菜に三つ葉・ねぎなど具沢山です。

食べれば食べるほど楽しく、そして旨い、一杯。

とろろそば

その昔、参拝者の疲れを癒すために栄養満点の自然薯(山芋)を擦って食べさせたことから、高尾山の名物となったと言われている『とろろそば』。
高尾山を訪れたら一杯は啜っておきたいところ。

f:id:islog:20151231071032j:plain

『もみじや』の『ととろそば』。

とろろがたっぷりとかかっています。
一口啜ると、独特の蕎麦とつゆと粘りのあるとろろが融合して絶妙なバランス。

f:id:islog:20151231071040j:plain

また、卵も一緒にいただくとコクがでて、旨い。
三つ葉やねぎも良いアクセントを加えてくれますね。

つゆまでズズズッといただける一杯。おいしい。

板わさ

f:id:islog:20151231071047j:plain

『もみじや』を訪れると頼むことの多いのが『板わさ』。
間にこういう口の中をさっぱりさせてくれるものを食べると、甘みの強いこの店の蕎麦つゆが、さらに美味しく感じられるのです。

まとめ

ポール・マッカートニーも訪れたことがあるという『もみじや』。
窓際の席からは素敵な景色を眺めながら食事をすることができるのでおすすめ。

本格的な登山の前に『もみじや』で一杯。

それが僕らの恒例になっています。

高尾山登山!山麓駅からリフトを使い観光スポットを巡り山頂へ
週末旅。高尾山に登ってきました。高尾山の魅力は山と自然と建築物の美しさと新宿から電車で1時間という手軽さにあります。ふらっと手軽に登れるのでお気に入りの場所です。
高尾山稲荷山コースから下山!天然温泉「仙川 湯けむりの里」へ
高尾山山頂へとたどり着いた妻と僕ですが、登山客が多かったため、人が少ない6号路ルートを選んで下山することにしました。稲荷山コースから下山を始めます。

山門前 もみじや

■住所
東京都八王子市高尾町2177

■TEL
042-661-2360

■営業時間
10:00~16:00

■定休日
原則無休 雨天日休店


 

オススメ
アイテム

東京近郊 極上蕎麦2020年「手打ち蕎麦」「立ち食い蕎麦」名店を網羅!

 

オススメ
アイテム

まるっと 高尾山 こだわり完全ガイド 改訂版
タイトルとURLをコピーしました