旧江戸川でのシーバス釣りでオデコからの中滝アートヴィレッジ

釣り

本ページはアフィリエイトプログラムを利用しています

……ある金曜日の夜、先輩と呑んだときに釣りに行こうって話になりまして。

釣りは釣りでも、これまでの釣りとは異なり、ルアー釣り。
これまではずっとエサ釣りだったのです。

向かったのは、旧江戸川。シーバス狙いのアングラーが集う川です。
ま、そう簡単には釣れずに、オデコでした(笑)

が、そこから急遽中滝アートヴィレッジに向かうことになって、その日がせわしいながらも楽しい日となったのでした。

千葉で遊びまわった1日|旧江戸川での釣りから中滝アートヴィレッジへ

最近はルアーのみで釣りに行ったり頑張ってみてるんですが、まだ一匹も釣れてない。
そんな状況を打破すべく、シーバスのメッカと名高い旧江戸川に行ってきたのです。

前夜はワクワクしながら準備しちゃって、やるき充分。

f:id:islog:20151230205834j:plain

早朝、朝日に希望を感じながら旧江戸川へ。

でも、釣れませんでした(笑)

f:id:islog:20151230210415j:plain

天気が良くて川がキラキラしていて、気持ちは良かったんですけどね。

f:id:islog:20151230210422j:plain

釣れればなお楽しかっただろうけど、釣れなくても楽しい時間でした。

シーバス釣り

「シーバスフィッシング」について綴った記事の一覧。釣り場は主に東京の河川、荒川・中川辺り→引っ越してからは霞ヶ浦水系。シーバスはセイゴ→フッコ→スズキと大きさによって呼び名が変わる出世魚。夜な夜な近所で釣りしています。

結局このまま、シーバス釣りにハマっていくことになります(笑)

中滝アートヴィレッジへ

早朝から昼まで釣りをして、一度家に戻ってシャワー浴びてすぐに千葉駅へ。

先輩が中滝アートヴィレッジというところでフェスを構想しているとのことで、下見に一緒に連れて行ってもらえることになったのです。

中滝アートヴィレッジは千葉県いすみ市にあり、宿泊施設・スタジオ・多目的ホール・野外ステージ・野外シアターなどがある素敵な場所です。
http://www.nakadaki-art-village.com/

千葉駅からは先輩の友人が車に乗せて行ってくれました。

f:id:islog:20151230210434g:plain

空いている道やおいしいお店がある道を選んでくれて、GW最後の週末にも関わらず一度も渋滞に引っかからず、気持ち良く後ろに乗せてもらっちゃいました。
僕なんかナビが無いと目的地につけないくらいなのに。。。

アジアンカフェ食堂『Chana Leaf(チャナリーフ)』

中滝アートヴィレッジに着くとアジアンカフェ食堂『Chana Leaf(チャナリーフ)』で食事。

f:id:islog:20151230210500j:plain

入り口からおしゃれですね。

お店は少し坂を登ったところにあります。
お店の前には、

f:id:islog:20151230210508j:plain

八木さんがいました。
ヤギ小屋(?)に八木と書いてあったので、きっとそういうお名前なはずです。

f:id:islog:20151230210518j:plain

店内もおしゃれで、木のナチュラル感と色合いが素敵。

f:id:islog:20151230210524j:plain

僕はカレーを注文。
やさしい味でお腹が減っていたこともありペロッと平らげましたよ(笑)

f:id:islog:20151230210532j:plain

パクチーサラダや

f:id:islog:20151230210540j:plain

タイ風焼き鳥(?)もとても美味しかったです。

やっぱりアジアン系の料理好きだ。

f:id:islog:20151230210547j:plain

ビールもいただいちゃいました。
晴れた日に、自然の中で、ゆったりした時間の中で呑むビールは最高です。

f:id:islog:20151230210555j:plain

その後はステージの下見。

ステージ周りはオーディエンスが思い思いの場所から楽しめるように、様々な高さから観れるようになっていました。
大きなスクリーンもありまして。

多くの人が集まってステージに目を向けているのを想像するだけで、出演するわけではない僕でも興奮します。
本当に素敵な場所でした。

まとめ

生まれてから10年ほど、千葉で育った僕ですが、東京に住んでからも遊ぶときはよく千葉に行っているんですよね。
釣りするなら必ず千葉に行ってますし。

今回は一日千葉を回ってみて、自然に恵まれていて、料理も美味しくて、千葉って改めていいなって思いました。

釣りはまたリベンジします。うん。

アートヴィレッジでのフェスは、なんらかの形でお手伝いできたらいいな、と妄想しております。

 

オススメ
アイテム

CAMP LIFE Spring & Summer Issue 2022「キャンプでしたいこと。」 (別冊山と溪谷)
タイトルとURLをコピーしました